ハコスカと大違いの現行販売のスカイライン


現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。
 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。
 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。
 販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね!
 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる!
 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。
 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。
 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。
 それにしてもエンジンの内部を80%も改良することで40馬力もアップするというのだから相当のパワーロスがあったのだろうか?それともかなり高回転仕様になったのだろうかね?

ハコスカは販売される前からチェック!


ハコスカが中古車として販売されているなかで、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されてたのが、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRだった。
 もうびっくりだよ!買う人いるんだろうかね…。
 現在では300万〜500万くらいで販売されてるはザラにあるが、1000万を超えて販売されてるのは初めて見た。
 相当な極上車だった!それだけするなら当たり前だけどね!エキマニとかにチタンが使われていた!なんでわざわざそんな高価な材料を?と思うが自己満足の世界だからね。そういうのもアリなんだろう。
 フルレストアをして売られている旧車の場合はレストアしたお店が販売してる自社パーツを付けているのがほとんどだよね。だから文句言えない部分がどうしても出てきてしまうよね。
 今のレストア専門店などでは足廻り、マフラー、のパーツを自社開発してるところがほとんどで、自分の好みのセッティングにもしてくれるみたいだ。
 もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね!
 もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!

ハコスカのパーツ販売


ハコスカのパーツをオリジナルで開発して販売するショップが増えてきているね。
 オークションでも通販でも、売られている部品は純正よりもオリジナル開発したパーツや、他車パーツを加工して売っているのがほとんどだ。
 これだけ希少価値の高いハコスカだと、その方が安くて便利だったりもする。
 しかもオリジナル開発のパーツはなんでも揃っているね!いまの技術だったら加工するのも楽になってきて、もちろん取り付けをする時の技術も上がっているのでどんどんそういったお店が多くなってきた。
 さすがにボディのパーツまでが何でも揃っているわけではないが。
 しかも、やっぱり純正部品よりも安いんだよ。昔の純正パーツよりも、オリジナルパーツの方が断然安く販売されているので、その市場に業者さんがどんどん参入してきたんだろうかね。
 でもその方が、さらに価格競争も始まってきますから、消費者である私たちにとってはいいことだね。
 技術の競争にもなって良いオリジナルパーツがどんどん登場していけば、いずれはオリジナルパーツだけで1台作ることが出来るようになるかもしれない!そうなれば世の中にハコスカがきっと増えていくはず…。
 世の中にある部品取りだけとして扱われてるハコスカも復活させてあげたいよね。

ハコスカの販売モデルの最終進化?


3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われてる、販売されている量産型のスカイラインクーペの歴史はハコスカの販売から始まり、現在販売されてるのはもう12代にもなる。ひとつ前の世代の11代目から、スカイライン伝統の丸型4灯のテールランプが無くなってしまいたね。とっても残念だ。ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。やはりスカイラインはハコスカのように勝利を飾り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思う!

ハコスカの販売台数チェック!


量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。
 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。
 この数は歴代の10代目までのスカイラインの中では10.4%にしかならない。
 そして意外なのが、次の世代のケンメリの方が販売台数は670,562台でハコスカよりも2倍以上多いのだ。といってもGTRはケンメリは197台しか販売されてないんだが…。
 華々しい栄光をてにしたハコスカだが、実際の販売台数としては当時の値段の影響もあり、あまり売れてなかったみたいだね。
 販売台数を重視するならパワーが無くても値段が安くてカッコだけよければ売れたんだろうね。
 そして、さらに少ないのが近代的なR34スカイラインだ。
 総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。
 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。
 R34は販売価格が高すぎたのかな?もう世の中はエコの世界に染まってしまったのだろうか??
ツヴァイのサービス内容