プロテック ハコスカ関連情報


プロテック ハコスカは、多くの人々を魅了している。



発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。



GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインだ。 レースでの50勝記録を持つこの車に今までどれくらいの人々がこのニッサンのスカイラインに魅了されていただろうか。ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。しかし、ハコスカとなると、そうまでしないと、もう手に入らないかもしれない。 私も、ハコスカの値段によってはニコイチでも大きな事故車でも買ってしまうかもしれないが…。現在、中古車市場でのハコスカの価格はとてつもないプレミアが付いていて、手に入れるのは年々難しくなってきたね。販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。やはりスカイラインはハコスカのように勝利を飾り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思う!ハコスカのパーツをオリジナルで開発して販売するショップが増えてきているね。 オークションでも通販でも、売られている部品は純正よりもオリジナル開発したパーツや、他車パーツを加工して売っているのがほとんどだ。 これだけ希少価値の高いハコスカだと、その方が安くて便利だったりもする。外見はハコスカ。その心臓部は最新のGTRエンジン。しかし言葉では簡単に言えてもそれを実際にやってのけるのは至難の業だろう。



ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。



プロテック ハコスカと言えばこんな話題も。



まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。



世の中にある部品取りだけとして扱われてるハコスカも復活させてあげたいよね。ハコスカが中古車として販売されているなかで、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されてたのが、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRだった。 もうびっくりだよ!買う人いるんだろうかね…。こちらのシリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものだ。1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。 そして同年の10月にマイナーチェンジ。たくさんのハコスカを見てきたし、目の前でハコスカが壊れるのも見てきた。 たくさんの壁紙も見てきた。特に壁紙はかなりの数だね…。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。中古車で何処からか探してきたレストアベース車をお店に持って行ってフルレストアされる方も多いね。 お店にお願いすると、3ヵ月もの猛スピードで仕上げてくれたりする。 レストア後は外装もピカピカ!内装もぴカピカ!エンジンルームもエンジンもピカピカ!ほんとにすごい! いったいどこからレストアパーツを取り寄せているのだろうか…。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。



ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む人からは絶大な人気だった。 足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。よく「ツライチ」と言うよね。この数は歴代の10代目までのスカイラインの中では10.4%にしかならない。 そして意外なのが、次の世代のケンメリの方が販売台数は670,562台でハコスカよりも2倍以上多いのだ。といってもGTRはケンメリは197台しか販売されてないんだが…。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。



プロテック ハコスカ、これからも話題になりそうだ。




プロテック ハコスカ情報は、次も参考になる。



プロテック GT-Rパーツ ブレーキシステム

ハコスカフロントブレーキチューニング ハコスカレース仕様車にAPキャリパーを取付ました。 APキャリパーはオープンタイプでキャリパーオフセットに自由度がある為、なるべく奥にセットできるようにアルミブラケットを製作しました。 ハコスカ HID ハコスカ レース

www.hakosuka.com/link/00000000_00000246.html



「プロテック」 ハコスカ GTR ケンメリ チューニング メンテナンス レストア

走ることが好き、サーキットが好き、そしてハコスカが好き。 >> E-Mail >> サイトマップ ... ・プロテックの最新情報はこちらから。 >> レストア ・レストア業務を始めました。作業工程をご覧いただけます。 ハコスカ クーラー ハコスカ ミニカー

protec-s20.co.jp



【クラシカ横濱】フルチョイスハコスカGT-R誕生

ハイクオリティな技術でフルレストレーションされたハコスカGT-Rを世に送り出してきた「ファインパーツ職人かたぎ ... またはプロテックが担当 標準 OH済エンジン搭載 持込OH&搭載 持込搭載 その他チューニング 2.ミッション ハコスカ専門店 ハコスカ動画

www.classica-y.jp/fullchoice.html



ハコスカのレストア方法 | 中古車ハコスカのレストアはプロテック

ハコスカのレストア方法-中古車ハコスカのレストアはプロテック ハコスカのレストア方法 今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのですが、今の技術にもなると、ハコスカの ... ハコスカ セミワークス ハコスカ マフラー

hakosuka.1cwo.com/cat156/1914post_12.html



プロテック 口コミ・最近の感想・評価など

プロテック プロテック ヘルメット エース xperia pro ... プロテック 福山 プロテック 自転車 プロテック ケース ヤマトプロテック プロテック ヘルメット 株式会社 プロテック 神奈川支店 有限会社 プロテック プロテック エアタンク プロテック 中目黒 カシオ プロテック ライオン ... ハコスカ 由来 ハコスカ 改造

iris.goodsplace.net/s/114/c36x.html



プロテック ハコスカとは


プロテック ハコスカについて調べてみた。



プロテック ハコスカで思い出したけど、



基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。そしてさらに、ケンメリは1976年2月ごろにGTシリーズのL20Eを搭載したモデルが、51年排気ガス規制に適合させた。 この頃からは環境を考える時代になりハコスカのようなハイパワーの車はなかなか登場しなかった。 何と言っても、やはりケンメリGTRがレースに出る華々しい姿を見ることが出来なかったのはとても残念だね。



ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんだ。ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。きっとなんでも答えてくれるよ!ハコスカのチューニングと言えばラバーソウル! 決してロックとかではないよ!! ハコスカのことならなんでもござれ!のラバーソウルさんだが、最近ではオークションでもいろいろなパーツを見かけますね!大きいパーツというよりも内装などの小物が多いが、ハコスカくらいの車だと、内装がボロボロなことも多いから、細かい部品をきれいにすればかなり見違えますからね! ハコスカは内装に木目のような茶色をアクセントとしたカラーだから、そのまわりの黒いパーツが変色したりして色が薄かったりすると、かなりボロく見えてしまうからね?。 そこをシャキッとした黒でキメれば、高級感すら感じるほどに違う!シフトノブなどもやはり純正にこだわりたいところだが、状態のいい純正パーツを探すなんで途方もないことだからね。 ラバーソウルさんではレプリカ品として純正に近い部品を開発して販売しているという事だから、お客さんの欲しい物がわかるラバーソウルさんはまさにハコスカ大好きな人のハートをガッチリつかんでいるチューニングショップなんだと思う。



私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。少し前に発売されていた、あのトヨタの2000GTよりも10馬力も超えた160馬力をたたき出すS20型エンジンを搭載して4ドアでの誕生だった。 当時、トヨタの2000GTといえばヤマハとトヨタが共同開発した日本最初の高性能スポーツカーと言われており価格は238万円!今で言うと1500万から2000万にも相当する価格だ!その2000GTよりもさらにハコスカGTRはハイパワーだったのだ。さすがスカイライン! そして国内のカーレースで不動の地位を確立した50勝中の半分以上を稼いだのは、この4ドアのスカイラインGTRなのだった。でも、全く部品が手に入らないわけではない。その中でまだ部品が手に入りやすいといったら、ハコスカだろうか。チューニングメーカーもエンジン部品を出してますし、エンジン自体も旧車に強い店であれば中古で置いているところもあったりする。しかし、やっぱり部品取りを所有している人はうらやましい限りだ(笑)最近は、ハコスカ壁紙をよく探しまわっている。 近代的にパソコンを駆使してネットサーフィンをしながらいろんなハコスカの壁紙を集め回っております。 でもスカイラインで検索しても全然出てこないんだよね!ハコスカと検索しないと欲しい壁紙にはなかなか巡り合えない。総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。くれぐれも事故などはないようにしてほしいね。ケンメリGTRはハコスカGTRと比べて、玉数の少ない車種だが、マイナーチェンジはたくさんしていた。 まず、ケンメリは1975年5月にマイナーチェンジ。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。



エンジンに合わせたトータルバランスを考えなくてはいけないから。 実際にコンプリートカーの値段は500万を超えるものもしばしば。だが、そうまでしてこだわるというのは、やはりハコスカGTRという車がそこまだる価値のある車という事なのだろうね。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。



ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。ハコスカなどの絶版車は交換の部品もすぐには見つかりない。部品交換が必要なケースでは、まず中古品を探する。しかし、出てきた部品も良い状態とは限りない。しかし、古いクルマだけに、購入の際には注意が必要になってきます。一番大切なのは、信頼できる業者を選ぶことが大切だ。修理や整備の対応、販売時の状況、購入後に修理が必要になる箇所などはきちんと把握しておくべきだね。まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR。もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。やはり、中古車の中にはとんでもないものもあるよね。 今は規制がされて落ち着いているが、少し前のころは、交通事故などで破損した中古車を修理している業者の中に、事故者ということを隠して販売している業者がいて、事故が原因の気付かれにくい欠陥があるのにもかかわらず、乗り続けているうちに、欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危険性の高い中古車もあった。 また、ニコイチと言われる事故車2台を使って事故の影響を受けてない部分をつなぎ合わせて1台を仕上げるという粗悪品の中古車も存在するよね。



もう最初に買った人の心境は想像もできないね。 でも、今の時代となれば、初期型の方が価値が高くなることも多いから、ハコスカを現在もずっと所有されている方が居れば鼻高々なのかもしれないね。 そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長している。



プロテック ハコスカ、今後も目が離せないよね。




プロテック ハコスカ関連情報。



掲示板

ぶしつけな質問で申し訳ないのですが・・・4Dのハコスカ(L28)もし個人売買などで譲って頂ける方などいましたら教えてほしいです<(_ _)>希望は100万前後なので厳しいと思います ... 横浜にあります、プロテックです。ここには私がエンジンなどのメンテを出して ... ワイルドスピード ハコスカ ハコスカおやじの奮闘記

kpgc10.rakurakuhp.net/i_161919.htm



プロテック ハコスカ・ケンメリ・S30Zなどのオリジナルパーツ

ファインパーツ職人かたぎオリジナルパーツ・クラシカ横濱で販売しているパーツとご一緒のご注文・発送も可能です。 お問合せはクラシカ横濱またはプロテック(プロテック直通電話 ... すべては「ハコスカ」が持つ理想的なスポーツ性能 を追求するために。 ハコスカ 販売 ハコスカgt-r

www.classica-y.jp/protec_parts.html



プロテック GT-Rパーツ オリジナルスポイラー

S20を愛する1人としてこだわって やっておりますので是非1度、遊びにいらして下さい。 ... すべては「ハコスカ」が持つ理想的なスポーツ性能を追求するために。 プロテックが長年培ってきた経験と知識にアラゴスタの持つ信頼のパフォーマンスを融合。 ハコスカ RB ハコスカ ワイパー

www.protec-s20.co.jp/gtr/aragosta.html



ハコスカのレストア方法 | 中古車ハコスカのレストアはプロテック

ハコスカのレストア方法-中古車ハコスカのレストアはプロテック ハコスカのレストア方法 今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのですが、今の技術にもなると、ハコスカの ... ハコスカ GT-R 中古 ハコスカ カスタム

hakosuka.1cwo.com/cat156/1914post_12.html



ハコスカのブログ

ハコスカのブログ、ハコスカのブログです。ブログの説明を入力します。 ... 横浜のプロテックさんと 合同のツーリングでした レッドメガフォン8台とプロテック5台の13台のわいわい ツーリングでした。 これもいい ハコスカ ハコスカ エンブレム

ameblo.jp/redmegaphone



プロテック ハコスカ


プロテック ハコスカについて色々な情報を検証してみた。



45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんだ。ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。やはり、中古車の中にはとんでもないものもあるよね。 今は規制がされて落ち着いているが、少し前のころは、交通事故などで破損した中古車を修理している業者の中に、事故者ということを隠して販売している業者がいて、事故が原因の気付かれにくい欠陥があるのにもかかわらず、乗り続けているうちに、欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危険性の高い中古車もあった。 また、ニコイチと言われる事故車2台を使って事故の影響を受けてない部分をつなぎ合わせて1台を仕上げるという粗悪品の中古車も存在するよね。ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインだ。 レースでの50勝記録を持つこの車に今までどれくらいの人々がこのニッサンのスカイラインに魅了されていただろうか。ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。しかし、やっぱり部品取りを所有している人はうらやましい限りだ(笑)最近は、ハコスカ壁紙をよく探しまわっている。 近代的にパソコンを駆使してネットサーフィンをしながらいろんなハコスカの壁紙を集め回っております。 でもスカイラインで検索しても全然出てこないんだよね!ハコスカと検索しないと欲しい壁紙にはなかなか巡り合えない。だから少しハコスカの画像集めは辞めて、ゆっくり時間をかけて画像整理をすることにした! もちろん目が悪くならないようにテレビでも見るかのように壁紙を整理している。 ハコスカの壁紙を歴代の順番に並べてみたり、おなじ部類の壁紙をフォルダごとに分けたりエンジョイしている。 レースの壁紙からその当時の歴史を調べていくのがとても楽しいね。中古車で何処からか探してきたレストアベース車をお店に持って行ってフルレストアされる方も多いね。 お店にお願いすると、3ヵ月もの猛スピードで仕上げてくれたりする。 レストア後は外装もピカピカ!内装もぴカピカ!エンジンルームもエンジンもピカピカ!ほんとにすごい! いったいどこからレストアパーツを取り寄せているのだろうか…。中古車やさんからハコスカのようなレアな車を探すのは難しくなって来たが、最近は中古車業界も変化が出てきているよね! 全国チェーン展開をする会社がどんどん出てきた。さすがは大企業のネットワークdだ!検索すれば結構でてきますね!しかし、ネックなのは値段!そして、中古車屋さんの独特なあの雰囲気が無い…。大企業ならではの、まるでどこかの企業に面接しに行ってるような気分になってしまうよね。



くれぐれも事故などはないようにしてほしいね。ケンメリGTRはハコスカGTRと比べて、玉数の少ない車種だが、マイナーチェンジはたくさんしていた。 まず、ケンメリは1975年5月にマイナーチェンジ。そんなハコスカを愛する人達にとって神様のような存在のファインパーツ 職人かたぎ事業部は、かなりの製作時間を必要とし決して楽とは言えない車の部品製作に必死に取り組み、みなさんと一緒に開発・製作していきたいと考えているそうだ。開発進行中パーツ(試作品)の一例を紹介する。(※開発商品は業者販売のみで一般小売りはいたしない。



スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。



社長さんのハコスカから実際にレースに参戦しているレースカーをされていたりと誰もが目を奪われる。 ハコスカ一筋だべてをハコスカに注いだラバーソウルさんならどんなハコスカでも作ってくれそうだね。ラバーソウルさんでは純正を極限まで再現したレプリカパーツを販売しており、純正部品が高すぎて買えないようなことがあれば何でもラバーソウルさんに電話して聞い方がいいね。世の中にある部品取りだけとして扱われてるハコスカも復活させてあげたいよね。ハコスカが中古車として販売されているなかで、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されてたのが、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRだった。 もうびっくりだよ!買う人いるんだろうかね…。エンジンに合わせたトータルバランスを考えなくてはいけないから。 実際にコンプリートカーの値段は500万を超えるものもしばしば。だが、そうまでしてこだわるというのは、やはりハコスカGTRという車がそこまだる価値のある車という事なのだろうね。もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



プロテック ハコスカと言えばこんな話題も。



スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。ハコスカと比べると少し重量が増して重くなってしまったのだが、ケンメリはバリエーションがとても多く、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン、バンとかなったくさんのモデルがあった。 ケンメリの、セダン、ハードトップは4気筒エンジンと6気筒エンジンのモデルがあり、フロントノーズの長さとホイールベースの長さが違っていた。 スカイラインの伝統とも言えるサーフィンラインは折り目のあるシャープなデザインに新しくなったね。ハコスカをはじめとする絶版車はオーナーが思い入れで乗るクルマだ。1台1台がそれぞれ個性を持っており、誰でも簡単に運転できるというようなものではない。乗り手がクルマと真剣に向かい合い、癖や機嫌を学んでいくことで、ようやく初めて乗りこなせるようになるんだよね。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。



今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響もあり、ケンメリGTRはわずかに197台しか生産されなかったのだ。 そのうち販売されたのは195台だけで生産終了になり、レースに出場することもなかった。 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名だ。壁紙や画像はないが、実はスカイラインという車は初代モデルからレースには参戦していたのだ。 ハコスカがあまりにも華々しいため、てっきり3代目からのレース参戦と思っている方も少なくないと思う。と言っても本格的に参戦したのはS54型の頃からだそうだ。



プロテック ハコスカ、これからも注目だよね。




プロテック ハコスカ関連サイトはこちら。



? プロテック ? 西多摩郡瑞穂町 ? 東京都 ? 機械工業

株式会社日本ビデオシステムは、protech(プロテック)ブランドを通じてプロ用放送機器、収録機材などを開発、販売しております。 » より プロテック」 ハコスカ GTR ケンメリ ... ハコスカパーツ スカイラインGTR ハコスカ

www.tuugo.jp/Companies/プロテック5



ハコスカ レストア | 中古車ハコスカのレストアはプロテック

ハコスカ レストア-中古車ハコスカのレストアはプロテック レストア後のハコスカは高級車! 今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法ですが、そのレストア法を専門としているお店 ... ハコスカ RB ハコスカ 画像

hakosuka.1cwo.com/cat156



プロテック GT-Rパーツ ブレーキシステム

ハコスカフロントブレーキチューニング ハコスカレース仕様車にAPキャリパーを取付ました。 APキャリパーはオープンタイプでキャリパーオフセットに自由度がある為、なるべく奥にセットできるようにアルミブラケットを製作しました。 ハコスカ部品 ハコスカ ワークス

www.hakosuka.com/link/00000000_00000246.html



プロテック 口コミ・最近の感想・評価など

プロテック プロテック ヘルメット エース xperia pro ... プロテック 福山 プロテック 自転車 プロテック ケース ヤマトプロテック プロテック ヘルメット 株式会社 プロテック 神奈川支店 有限会社 プロテック プロテック エアタンク プロテック 中目黒 カシオ プロテック ライオン ... ハコスカ動画 ハコスカ s20

iris.goodsplace.net/s/114/c36x.html



「プロテック」 ハコスカ GTR ケンメリ チューニング メンテナンス レストア

走ることが好き、サーキットが好き、そしてハコスカが好き。 >> E-Mail >> サイトマップ ... ・プロテックの最新情報はこちらから。 >> レストア ・レストア業務を始めました。作業工程をご覧いただけます。 オートアート ハコスカ ハコスカgtr 中古

protec-s20.co.jp


ツヴァイのサービス内容