ハコスカ ブログに乗るなら


ハコスカ ブログに関心のある人も多いだろう。



GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。とってもお気に入りだね。 ほかにも日産のホームページににもあるね?。かなりのモノが! 至る所から集めまくっております!チューニングショップが自社で手掛けた車を壁紙として配布しているところも多いよね。ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む人からは絶大な人気だった。 足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。よく「ツライチ」と言うよね。



ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。



どうしてもないレストアパーツに関してはワンオフで現車に合わせて作るほかにはないが、それにしてもなんでも揃えてしまうのはまさに専門店のお店のネットワークなのだろうね。 現在でもエンジンのパーツに関してはチューニングメーカーさんでも開発しているようで、パワーアップに関しての部品はとてもたくさんある。チューニングパーツだけでエンジンが1基出来上がってしまうんではないだろうか。どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。でも、やっぱりあのハコスカのエンジン音は忘れることはできないよね。1972年9月にC110型にモデルチェンジとなり、ハコスカの次の世代として誕生したケンメリスカイライン。 ケンとメリーのスカイラインのキャッチコピーから、通称ケンメリと呼ばれていた。壁紙や画像はないが、実はスカイラインという車は初代モデルからレースには参戦していたのだ。 ハコスカがあまりにも華々しいため、てっきり3代目からのレース参戦と思っている方も少なくないと思う。と言っても本格的に参戦したのはS54型の頃からだそうだ。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。ハコスカのほかにもS30ZなどにもRBエンジンを載せるレストアも存在するようでこれからは新しいチューニングの世界が広がりそうだ。今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法だが、そのレストア法を専門としているお店もあるようだ。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備してのコンプリートカーなんだ! やはりこだわっている人からすれば希少価値の高いビンテージカーなのでオリジナリティーを損なうエンジン載せ替えなどは一般的ではないのだが、一方では、「憧れの旧車のハコスカをメンテナンスフリーで乗り回せたら」という意見も存在するのだ。



ハコスカ ブログに関する情報は、こんなのも。



ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。



日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。現在ではすっかり浸透している丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が一番に覚える特徴であると思っている。 V35スカイラインになり、伝統とも言える丸型4灯が無くなってしまったときは、私も少し落ち込んでしまいたね。と言っても、光れば丸型なんだが、FUGAも同じような丸型になってしまっているので、スカイラインだけじゃなくなってしまったというのは何かさびしいものがあるね。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。会社の上層部では日産とプリンスの合併の話が進んでいる頃だね。そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。 箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスが合併した41年頃にはすでに作られていたそうだ。そして周りの人からは買ってくれる話が誰からもなかった。だからオークションに出す。という流れだと思う。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入された。エンジンはGT系統と同じでL20型だが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようだ。その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されているよね。最高速度200km/h。ゼロヨンでは16秒という当時としては驚異的な性能を誇ったGTRが誕生した。 他のグレードのハコスカとの違いは、GTRは大きくなったタイヤサイズに対応するために、リヤのフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点。



ハコスカ ブログ、今後も注目だ。




ハコスカ ブログ情報は、以下のサイトも参考に。



【みんカラ】 京都でハコとFXのってます 宜しくです!|ブログ|kazu3000 - 車 ...

「京都でハコとFXのってます 宜しくです!」 - kazu3000 のブログです。 ... 高雄旧車ミーティング2011 と き:2011年10月30日(日)AM9:00?PM3:00 雨天決行 ... Posted at 2011/08/09 18:35:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハコスカ 旧車 イベント ハコスカ フルレストア ハコスカ親父

minkara.carview.co.jp/userid/262831/blog



ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。 ... こんにちは、ゲストさん - ランダムブログ - Yahoo! JAPAN - ログイン - ヘルプ ハコスカ GT-R 中古 ハコスカ 愛媛県

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649



Amazon.co.jp: ハコスカ ブログ

"ハコスカ ブログ" の検索に一致する商品はありませんでした。 ... I ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 単行本 ¥ 1 995 スティーブ・ジョブズ II ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 ハコスカ プロペラシャフト ハコスカとは

www.amazon.co.jp/ハコスカ-ブログ/s?ie=UTF8...



【みんカラ】 ハコスカ ライフ|ブログ|ハコスカ君 - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ ...

「ハコスカ ライフ」 - ハコスカ君 のブログです。Powered by みんカラ ... 今朝、車に乗ろうとしたらガラスを割られていました! 石を投げられては割られたのではなく、ガス銃的な物? ハコスカエンジンラジコンの動画 湾岸ミッドナイト ハコスカ

minkara.carview.co.jp/userid/261315/blog



ハコスカ左ハンドル  - ハコスカ MEETING - 楽天ブログ(Blog)

... ハコスカ左ハンドル (車・バイク)楽天ブログ 【ケータイで見る】 【ログイン】 ... ハコスカ左ハンドル ハコスカ左ハンドル 5年前オールドタイマーに自分の記事が載った時連絡先を書いておいたら次のような電話がありました。 湾岸ミッドナイト3dxプラス ハコスカ 旧車 ハコスカ

plaza.rakuten.co.jp/hakosukahiroba/025000



ハコスカ ブログに関連して


ハコスカ ブログについて、最近よく耳にする。



なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。でも雑誌ではハコスカは何となく値段が高いからとりあえず値札は高くしておこうかな?という考えのようだ。 中古車扱ってるなら大事さもわかるはず!と思ったら人によっては全然そういう考えが無い人もいるんだね。 家族よりもハコスカ!と言って家を大改造してガレージを作ってしまう方もいれば、何このボロ車?とかいう人もいる。



ハコスカ ブログに関しては、こんな話題も。



バンパーに関しては、オーバーライダーが廃止になった。 コスト高と思われるところが次々に廃止になっていきます…。残念だ。そしてさらに、ケンメリは1976年2月ごろにGTシリーズのL20Eを搭載したモデルが、51年排気ガス規制に適合させた。 この頃からは環境を考える時代になりハコスカのようなハイパワーの車はなかなか登場しなかった。 何と言っても、やはりケンメリGTRがレースに出る華々しい姿を見ることが出来なかったのはとても残念だね。スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。そんな時はダメになった部品と中古の部品の両方をバラし、良い所だけを組み合わせて、ひとつの部品を作りあげるのだ。ハコスカグリル違いで顔の表情が本当にたくさんあるよね。 人によっては、好みも全然違うから、それがまた特別に愛着がわく理由とも言えます。R32、R33、R34などのスカイラインは海外に輸出もされているのでそれらしき画像はあるのだが、ハコスカが海外に輸出されたという話は聞いたことがないのだ! でも絶対にあるはず!日本人でハコスカを持って行って海外で乗り回してる人が絶対に1人はいるだろうと決めつけて探しております!! 私の画像集めの旅も海外ハコスカ壁紙が見つかることで終焉を迎えることだろう。絶対に居るはず!かならず辿り着いて見せます!ハコスカなどの旧車って部品を揃えるのはすごく大変だし苦労するよね。そのために、これから旧車を買おうと思っている人は躊躇してしまうのではないだろうか。スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。たくさんのハコスカを見てきたし、目の前でハコスカが壊れるのも見てきた。 たくさんの壁紙も見てきた。特に壁紙はかなりの数だね…。



いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。世の中にある部品取りだけとして扱われてるハコスカも復活させてあげたいよね。ハコスカが中古車として販売されているなかで、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されてたのが、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRだった。 もうびっくりだよ!買う人いるんだろうかね…。ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。



総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。



どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。



ハコスカのほかにもS30ZなどにもRBエンジンを載せるレストアも存在するようでこれからは新しいチューニングの世界が広がりそうだ。今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法だが、そのレストア法を専門としているお店もあるようだ。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備してのコンプリートカーなんだ! やはりこだわっている人からすれば希少価値の高いビンテージカーなのでオリジナリティーを損なうエンジン載せ替えなどは一般的ではないのだが、一方では、「憧れの旧車のハコスカをメンテナンスフリーで乗り回せたら」という意見も存在するのだ。レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。壁紙や画像はないが、実はスカイラインという車は初代モデルからレースには参戦していたのだ。 ハコスカがあまりにも華々しいため、てっきり3代目からのレース参戦と思っている方も少なくないと思う。と言っても本格的に参戦したのはS54型の頃からだそうだ。R34は販売価格が高すぎたのかな?もう世の中はエコの世界に染まってしまったのだろうか??3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われてる、販売されている量産型のスカイラインクーペの歴史はハコスカの販売から始まり、現在販売されてるのはもう12代にもなる。ひとつ前の世代の11代目から、スカイライン伝統の丸型4灯のテールランプが無くなってしまいたね。とっても残念だ。なかには1台レストアするのに2台?3台の部品取りを使っているかも知れない。 フレームがなければレストアしたくても元がないからあきらめざるを得ない。 そこで提案!もし部品取りとして3台以上持っている方がいたら・・・・・これも何かの縁だ!手放してみましょう!(笑) 若者に夢を託しましょう!ただの中古車としてガレージで眠っているハコスカを走らせてあげましょう!私は部品取りなんて所有していい人間ではないので、持っていないが・・・。ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。



ハコスカ ブログ、今後も話題になりそうだよ。




ハコスカ ブログに関しては、次も参考にしてね。



ハコスカ!!|自動車販売のフレックス 旧車 横浜店ブログ

自動車販売のフレックス 旧車 横浜店ブログ ハコスカ!! 中古車販売・中古車買取のFLEX 旧車 横浜店ブログ記事です ... ども!! ぴか?る平岩です!! いきなりですが・・・ 明日・明後日と雪ですよ!!! オイラの地元の湘南地域では ハコスカ レース ハコスカ オーバーフェンダー

www.flexnet.co.jp/zepan/yokohama/blog/



ハコスカ→T?

『 つ 』のブログ、ハコスカ→T?です。ハコスカを愛する『つ』のブログです。 ... 今、上映中? いや、もう終わったのかな? 「ワイルド・スピード・メガ・マックス」をご覧になられましたでしょうか? ハコスカ 由来 ハコスカgt-r

ameblo.jp/monohongt



レストアガレージ360 復元カレラ 公式ブログ: ハコスカ GTR プロジェクト

Excerpt: 先日同級生が、今では珍しい「ハコスカ」に乗って颯爽とカットに来てくれました。なんと私のブログに 協力してくれる為に 乗って来てくれた この「ハコスカ」は、10年かけて部品 Weblog: 理容室/Family Salon セイコウから ハコスカ パワステ ハコスカ キャッツアイ

pub.ne.jp/fukugencarrera/?cat_id=99209



Amazon.co.jp: ハコスカ ブログ

"ハコスカ ブログ" の検索に一致する商品はありませんでした。 ... I ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 単行本 ¥ 1 995 スティーブ・ジョブズ II ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 ユーチューブハコスカ ハコスカ 4ドア

www.amazon.co.jp/ハコスカ-ブログ/s?ie=UTF8...



ハコスカ

ハコスカに乗っている父の影響でハコスカが好きになった中3のブログ ... ハコスカ二号機 お祓い完了です!!40年も前の車ですから・・・・ 何人か亡くなってる可能性もありますよね オートアート ハコスカ ハコスカ 画像

blog.livedoor.jp/hakosukakouitirou



ハコスカ ブログについての情報


ハコスカ ブログに関して考えてみた。



私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。もう最初に買った人の心境は想像もできないね。 でも、今の時代となれば、初期型の方が価値が高くなることも多いから、ハコスカを現在もずっと所有されている方が居れば鼻高々なのかもしれないね。 そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長している。L型エンジンはシリンダーブロックの剛性が高く、チューニングのベースエンジンとして高いポテンシャルを持っていることで人気となった。L型エンジンは当初、セドリックのみに搭載されていたエンジンだが、C10型の登場の2カ月後にL20を搭載した2000GTが登場する。 そのL型エンジンは年々と排気量を大きくしたモデルが登場し、1969年にL24型が登場。しかし、2ドア、4ドア、GTRとも兼用なので、レプリカにて3タイプのモデルともに比較的手に入りやすいね。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれる! 人それぞれでグリルの趣味もさまざまで、好みもハコスカのこだわりも違う。 そこで、たくさんあるグリルの中から、GTXの追加で今までのハコスカよりもワイルドで、そしてゴージャスさを狙っていたのではないかとも思える最終型に関して、GTRルックなハニカムになり、さらにはピカピカの鼻の穴センターグリルの組み合わせだ! このモデルのグリルも今では入手困難のレアものとなってしまって、なかなか見つからないのだが、意外と中古車屋さんのパーツコーナーに転がっている確率が高めのタイプなんだ! 当時はGTR仕様真っ盛りだったから、みんなGTRグリルに変えてしまっていたからね。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。しかし、やっぱり部品取りを所有している人はうらやましい限りだ(笑)最近は、ハコスカ壁紙をよく探しまわっている。 近代的にパソコンを駆使してネットサーフィンをしながらいろんなハコスカの壁紙を集め回っております。 でもスカイラインで検索しても全然出てこないんだよね!ハコスカと検索しないと欲しい壁紙にはなかなか巡り合えない。かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。



バンパーに関しては、オーバーライダーが廃止になった。 コスト高と思われるところが次々に廃止になっていきます…。残念だ。だから、作業する場所、保管する場所は雨風をしのげる場所(ガレージなど)でないといけないし、整備書やら解体書やらも集めて、とにかくお金がかかります! お金持ちな大人の趣味とも言われるくらいからね。まさにお金もあって、時間もあるという裕福な人向けなのかもしれないね。 でも金払えばパーツが手に入るかというとそうではないから、どうしても時間をかけて仕上げるしかないんだよね。また、ハコスカ2000GTに外装・内装・エンジンまでもGTRのパーツを付けてGTR仕様としてチューンナップされる人も多いね。販売台数が少ないのでお金を積めば買えるかというとそうではない。 ファンの人の年代も20代から70代以上の方までとても幅広い。



発売当初のケンメリは先代のエンジンと比べられてしまい、どうしても遅いイメージができてしまいた。ハコスカがあれだけのインパクトがあればしょうがないけどね。ハコスカに比べて、重くなってしまったケンメリスカイラインだが、足廻りも少し違いがあった。



レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。そして当時のハコスカGTRの価格は150万円。それが今となっても取引価格は下回ることのない最も人気の旧車である。1969年にハコスカGTRが誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。ちなみに、2ドアのGTRもこのグリルをベースにしてデザインされた。GTR用のグリルは比較的手に入りやすいようだね。 当時はこの縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルを流用したりしてGTR仕様にするドレスアップが流行っていたね。ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。 さらに、その1年後、ハコスカの後期の誕生だ。2ドアのハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)に追加となった。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。簡単にはくっついてくれないからね…。 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。



ハコスカ ブログで思い出したけど、



ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。ハコスカって言えばスカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きだ。 ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからだ。 ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。外見はハコスカ。その心臓部は最新のGTRエンジン。しかし言葉では簡単に言えてもそれを実際にやってのけるのは至難の業だろう。やはり、中古車の中にはとんでもないものもあるよね。 今は規制がされて落ち着いているが、少し前のころは、交通事故などで破損した中古車を修理している業者の中に、事故者ということを隠して販売している業者がいて、事故が原因の気付かれにくい欠陥があるのにもかかわらず、乗り続けているうちに、欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危険性の高い中古車もあった。 また、ニコイチと言われる事故車2台を使って事故の影響を受けてない部分をつなぎ合わせて1台を仕上げるという粗悪品の中古車も存在するよね。



ハコスカ ブログ、今後も目が離せないよね。




ハコスカ ブログに関する情報を集めてみた。



ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。 ... こんにちは、ゲストさん - ランダムブログ - Yahoo! JAPAN - ログイン - ヘルプ オートアート ハコスカ ハコスカ バン

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649



ハコスカのブログとハコスカのyoutube

ハコスカに関するブログの紹介とハコスカのyoutubeを紹介 ... 往年の名車 スカイライン(通称ハコスカ)GTRがポルシェ、フエアレディZを押さえて疾走中です まさに老体に鞭打って 千葉県袖ケ浦市フォレストレースウエイにて ハコスカ セミワークス ハコスカ好き

blog.emachi.co.jp/blog/



ハコスカ 暴走族 ストリートレーサー - XYZ-JUNちゃんブログ

ハコスカ用のワークスやその他の部品等も実家に置いてあったのですがうちの親は何でもかんでも捨てる親なので全部捨てられてました。 ... 最後にこのブログを応援してくださる方は 是非とも以下のバナーをポチっとクリックして ランキング上げにご協力お願い ... ハコスカ プラモデル ハコスカ部品

blog.cool-xyz.com/2008/09/post-5.html



ハコスカ→T?

『 つ 』のブログ、ハコスカ→T?です。ハコスカを愛する『つ』のブログです。 ... 今、上映中? いや、もう終わったのかな? 「ワイルド・スピード・メガ・マックス」をご覧になられましたでしょうか? ハコスカ ホイール ハコスカ デフ

ameblo.jp/monohongt



ハコスカ!!|自動車販売のフレックス 旧車 横浜店ブログ

自動車販売のフレックス 旧車 横浜店ブログ ハコスカ!! 中古車販売・中古車買取のFLEX 旧車 横浜店ブログ記事です ... ども!! ぴか?る平岩です!! いきなりですが・・・ 明日・明後日と雪ですよ!!! オイラの地元の湘南地域では ハコスカ ワークス ハコスカ s20

www.flexnet.co.jp/zepan/yokohama/blog/


ツヴァイのサービス内容