ハコスカ RBを探すなら


ハコスカ RBについて、最近よく耳にする。



もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになった。 そして同年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加した。 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させた。きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。私は、日産の車しか乗ったこと無いので、評論家のような比べ方やレーシングドライバーのような評価などはできないがハコスカには自信がある。GTRも少しだけ自身がある!(笑) もう何でも聞いてくれ!というくらいに自信がある!といっても、すべて壁紙に関してのことなんだけどね!! この壁紙集めはホントにハマってしまいまして!ごはんも食べずに夢中になることもしばしばだ。 今探しているのは海外で撮られたハコスカの壁紙だ。



スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。やはり人々を魅了したスカイラインが3代目だよね。あの角ばったスタイルやガンメタの塗装がたまらなく渋い!ハコスカの総販売台数は310,447台。そのうちGTRはたったの1,945台しかない。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。



周りの人に話をしても一切買ってくれる人がいなかったのであればそれまでの車だということではないだろうか。 もしくは、友達が全然いないか…。 とにかく、中古車は、特にハコスカはやはり実際に見てから決めましょう。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。



はたして新型エンジンは?ターボは?丸型4灯のテールランプは??壁紙は?!と、とても気になるところだ。 最近では雑誌にもよく登場するようになってきたので姿形はもうたくさんの人がご覧になったことはあるかと思う。 色んな評論家の方が発言されて憶測が飛び交っているが、新型GTRはモンスターマシンであることは確かなようだね。) ●ハコスカ・ケンメリGT-R用の「チタン タコ足・マフラー」●「キャンバー ゼロ」●ハコスカGT-R ハードトップ用の「ウェザーストリップ」 私も「ハコスカ」の一ファンとしてファインパーツを応援している!車が好きで始めた壁紙収集はつきることがないね。 いままでにハコスカやGTRの壁紙を何千枚、何万枚と集めてきただろうか。 そのたくさんの壁紙で多いのは、やはりハコスカ!そしてGTRシリーズだね。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。



ハコスカ RBで思い出したけど、



ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。ハコスカGTRと聞いてピンとくる人は30代以上の方だろうか?もう、その中でもGTRの呼び名は絶大だよね。 言わずと知れた、ニッサンの箱型スカイライン2000GT・2000GTR。これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっているね。 あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証だった。ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんだ。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。エアロダイナルックは効いていたのだろうか?気になる。



ハコスカ RB、今後も注目だ。




ハコスカ RBに関する情報は、以下のサイトも参考になるよ。



Pit House[ピットハウス] : 旧車・ハコスカ・ケンメリ・ノスタルジックカーメインの ...

Pit House では、L型、RB系、B16、B18、etc・・・OHセッティング調整から、レストア、公認、ワンオフ、各パーツ?車検まで受け付けています。 ... これは「ハコスカGT-R」に搭載され日本のサーキットを席巻したS20型DOHC24バルブエンジンを移植した ... 石坂自動車 ハコスカ ハコスカ セミワークス

www.pit-house.com



RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキー ...

旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキーオート ... オートレジェンド 2011年旧車&スーパーカーショーが先日25日に 天気にも恵まれ大盛況にて開催させて頂きました。 ハコスカ 中古 ハコスカ クーラー

www.rockyauto.co.jp



ハコスカRB

オートデザイン(趣味の和製スーバーカー製作所) いきなり「ドンガラのハコスカにRBエンジン位置決めの」写真ですが、この車、オーナー自らレストア 作業を行っている最中のものなのですが、RBエンジンを載せたいという希望で、急遽スワップ作業にな ハコスカfc2 ハコスカ プラモデル

homepage2.nifty.com/auto-design/



ハコスカ・ケンメリにRBエンジン搭載のモンスターマシン |最新クルマ業界ニュース

「 ハコスカ・ケンメリにRBエンジン搭載のモンスターマシン」の記事です。最新クルマ業界ニュースでは、気になる新車の情報や中古車の選び方、中古車業界やクルマ業界の最新ニュースなどクルマ好きの為の ... ワイルドスピード mega MAX ハコスカ ハコスカ久保田

cgn.blog10.fc2.com/blog-entry-55.html



レストア後のハコスカは高級車!:50代夫婦のセカンドライフの楽しみ方

今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法ですが、そのレストア法を専門としているお店もあるようです。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備しての ... ハコスカ レース ハコスカ久保田

blog.livedoor.jp/yuyu09ywys/archives/51328750.html



ハコスカ RBの口コミ情報


ハコスカ RBに関する情報を見つけたよ。



どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。でも、日産ディーラーで純正の部品を見つけるのは難しいと思われる。ハコスカの部品を揃えるために必死に探し回る、というのも私も同じなので気持ちは分かります。しかし、そのためにはある程度のハコスカについての知識も必要となるのも事実だ。



公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。



GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。



ハコスカ RBに関する情報は、こんなのも。



ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。だとしても日頃からのメンテナンスのマメさの違いで旧車はすぐに違いが出てしまうから気をつけなければいけないね。 熟練した板金の職人さんとかになると、顔を見ただけで、いい顔してるな!とかなんか悪いことしてないか?といった感じでズバリ言い当ててしまう! 本当に驚きだよね!私もいずれはそこまでわかるようになったいね。ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。車としての扱いは中古車となるが、その値段はというと、現行のスカイラインの新車価格を超える勢いだ。 ハコスカもここまで来ると自己満足の神の域に達してしまいそうだ。 ハコスカを買う側としても、まずは買うために、奥さんの説得から始めるだろうから、その苦労は相当なものだと言えますね。R32、R33、R34などのスカイラインは海外に輸出もされているのでそれらしき画像はあるのだが、ハコスカが海外に輸出されたという話は聞いたことがないのだ! でも絶対にあるはず!日本人でハコスカを持って行って海外で乗り回してる人が絶対に1人はいるだろうと決めつけて探しております!! 私の画像集めの旅も海外ハコスカ壁紙が見つかることで終焉を迎えることだろう。絶対に居るはず!かならず辿り着いて見せます!ハコスカなどの旧車って部品を揃えるのはすごく大変だし苦労するよね。そのために、これから旧車を買おうと思っている人は躊躇してしまうのではないだろうか。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。



もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。そんな時はダメになった部品と中古の部品の両方をバラし、良い所だけを組み合わせて、ひとつの部品を作りあげるのだ。ハコスカグリル違いで顔の表情が本当にたくさんあるよね。 人によっては、好みも全然違うから、それがまた特別に愛着がわく理由とも言えます。だから少しハコスカの画像集めは辞めて、ゆっくり時間をかけて画像整理をすることにした! もちろん目が悪くならないようにテレビでも見るかのように壁紙を整理している。 ハコスカの壁紙を歴代の順番に並べてみたり、おなじ部類の壁紙をフォルダごとに分けたりエンジョイしている。 レースの壁紙からその当時の歴史を調べていくのがとても楽しいね。



フルレストアをして売られている旧車の場合はレストアしたお店が販売してる自社パーツを付けているのがほとんどだよね。だから文句言えない部分がどうしても出てきてしまうよね。 今のレストア専門店などでは足廻り、マフラー、のパーツを自社開発してるところがほとんどで、自分の好みのセッティングにもしてくれるみたいだ。その国内販売専用車の、GTRの壁紙に海外の風景らしきものが稀にあるのだ!しかし、海外なのか確かめようがないものばかりで、真意はわかりないが…。 でも、きっとレアな画像なのだと自分に言い聞かせている。 まったく海外にGTRが無いかというとそうでもなく、限定で正規に渡ったものもあれば輸出業者にて海を渡ったGTRもあるから、きっといつかは外国産の壁紙が見つかると信じて探する!ハコスカに出会ってからもう何年経つだろうか。これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっているね。 あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証だった。ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんだ。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。そんなハコスカを愛する人達にとって神様のような存在のファインパーツ 職人かたぎ事業部は、かなりの製作時間を必要とし決して楽とは言えない車の部品製作に必死に取り組み、みなさんと一緒に開発・製作していきたいと考えているそうだ。開発進行中パーツ(試作品)の一例を紹介する。(※開発商品は業者販売のみで一般小売りはいたしない。それから、あの有名なホモロゲーションモデルのGT-AやGT-BからスカGという歴史がスタートしたのだね。 スカGと言えば、当時は少しヤンキー路線もあったね。スポーツカーにもヤン車にもなる、まさに万人の憧れだね!ハコスカ、ヨタハチ、エスロク、エスハチ、ベレG、パブリカ・・・。



ハコスカ RB、これからも注目だよね。




ハコスカ RBに関しては、次も参考にしてね。



ハコスカにRB26載せてF40のブレンボつけて、250km/hで走り回ってる人をどう思いま ...

ベストアンサー“自分としてはL型が好きなのでRBを載せるという発想は湧きませんが、人それぞれクルマの楽しみ方はいろいろ有りますからイイんでないでしょうか それよりL28改3 ...” ハコスカ nhcc ハコスカ ホイール

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/



ハコスカ with RBエンジン in 富士スピードウェイ - YouTube

やはりスカイラインはサーキットが似合います。全面改修されて近代的な素晴らしい サーキットとなった富士スピードウェイをスポーツインジェクション仕様のRBエンジンを搭載する 近代的なハコスカが駆け抜けます。 走行前のブリッピングからも、圧倒的なレスポンス ... ハコスカ ひめ ハコスカ ブログ

www.youtube.com/watch?v=rn_gkXFk_hU



Amazon.co.jp: ハコスカ RB

"ハコスカ RB" ... 並べ替えを有効にするには カテゴリー を選択してください 並べ替えを有効にするにはカテゴリーを選択してください 音更ハコスカ ハコスカ ブレーキ

www.amazon.co.jp/ハコスカ-rb/



ハコスカRB2ページ

ハコスカRB 2ページ目 上2枚がストレーナー完成写真です。(上右、取り付け状態) ノーマルより吸出し位置が前方になるために延長するのですが、 ハコスカ タコメーター ハコスカ フルレストア

homepage2.nifty.com/auto-design/



RBエンジンについて | RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R ...

旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキーオート ... なぜRBエンジンを旧車に搭載するのか疑問に思われる方もお見えになります。 オリジナルの価値は大切です。 ハコスカ親父 ヒロミ ハコスカ

www.rockyauto.co.jp/rbengine.html



ハコスカ RB関連情報


ハコスカ RBについて情報を集めてみた。



どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。最高速度200km/h。ゼロヨンでは16秒という当時としては驚異的な性能を誇ったGTRが誕生した。 他のグレードのハコスカとの違いは、GTRは大きくなったタイヤサイズに対応するために、リヤのフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点。それとは対照的にハコスカのボディに関しては完全に需要と供給が合ってまいせんね!メーカーさんも今からハコスカの部品を作った方ら相当売れるんじゃないかといつも感じております…。ハコスカにRBエンジンを搭載するレストア!始めて聞いた時はまったく想像できなかった! スーパー近代的レストアという感じだろうか。現在では、チューニング技術も飛躍的に向上し、計測も正確なものになってきているので、チューニングショップでは日産車にトヨタエンジンをスワップしたり、外車に国内メーカーのエンジンをスワップしたりとさまざまな改造が施されるようになってきたね。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。6気筒モデルはフロント、リア共にハコスカと同じで、フロントがストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式なのだが、一方の4気筒モデルが、フロント側がセミストラット式で、リア側はリーフリジット式となり、ハコスカとは少し変更になっていた。 他にもハコスカから変更点があったのが、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれ、一目見るだけでスカイラインとわかるくらいの特徴となった丸型4灯のテールライトだ。 丸型4灯は4ドアGTのモデルと2ドアのハードトップの全グレードに採用となった。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。恐ろしい。 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんだ。



中古車で何処からか探してきたレストアベース車をお店に持って行ってフルレストアされる方も多いね。 お店にお願いすると、3ヵ月もの猛スピードで仕上げてくれたりする。 レストア後は外装もピカピカ!内装もぴカピカ!エンジンルームもエンジンもピカピカ!ほんとにすごい! いったいどこからレストアパーツを取り寄せているのだろうか…。



ハコスカ RBと言えばこんな話題も。



販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。 ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、このようにグレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっているわけだね。スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得だ。ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインだ。 レースでの50勝記録を持つこの車に今までどれくらいの人々がこのニッサンのスカイラインに魅了されていただろうか。ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。そのせいもあって、意外と見つかることがあるのだと思う。 中には、ピカピカのセンターグリルの鼻の穴だけを外すというスタイルもあったね。 もしかしたら一番残ってるのは鼻の穴のグリル部分だけなのかもしれないね! バンパーに関にしては特に変更はなかった。ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。



ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。



会社の上層部では日産とプリンスの合併の話が進んでいる頃だね。そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。 箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスが合併した41年頃にはすでに作られていたそうだ。私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。フルレストアをして売られている旧車の場合はレストアしたお店が販売してる自社パーツを付けているのがほとんどだよね。だから文句言えない部分がどうしても出てきてしまうよね。 今のレストア専門店などでは足廻り、マフラー、のパーツを自社開発してるところがほとんどで、自分の好みのセッティングにもしてくれるみたいだ。



基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。



ハコスカ RB、今後も話題になりそうだよ。




ハコスカ RBに関しては、以下のサイトも参考にしてね。



Amazon.co.jp: ハコスカ RB

"ハコスカ RB" ... 並べ替えを有効にするには カテゴリー を選択してください 並べ替えを有効にするにはカテゴリーを選択してください ハコスカ プラモデル ハコスカ カタログ

www.amazon.co.jp/ハコスカ-rb/



Pit House[ピットハウス] : 旧車・ハコスカ・ケンメリ・ノスタルジックカーメインの ...

Pit House では、L型、RB系、B16、B18、etc・・・OHセッティング調整から、レストア、公認、ワンオフ、各パーツ?車検まで受け付けています。 ... これは「ハコスカGT-R」に搭載され日本のサーキットを席巻したS20型DOHC24バルブエンジンを移植した ... ハコスカないしょばなし ハコスカ 画像

www.pit-house.com



ハコスカ with RBエンジン in 富士スピードウェイ | 動画検索エンジン Fooooo[フー]

ハコスカ with RBエンジン in 富士スピードウェイの無料動画を再生中。やはりスカイラインはサーキットが似合います。全面改修されて近代的な素晴らしい サーキットとなった... |無料で動画が探せる動画検索サイトFooooo[フー]。 ... ハコスカ with RBエンジン in ... ハコスカ ミニカー ハコスカ久保田

www.fooooo.com/watch.php?id=rn_gkXFk_hU



RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキー ...

旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキーオート ... オートレジェンド 2011年旧車&スーパーカーショーが先日25日に 天気にも恵まれ大盛況にて開催させて頂きました。 湾岸ミッドナイト3dxプラス ハコスカ ハコスカ カタログ

www.rockyauto.co.jp



Play next List all Videos Autoplay Autorepeat Shuffle Replay

We do not collect personally identifiable information about you except when you provide it to us. For example if you submit an inquiry to us or sign up for our newsletter you may be asked to provide certain information such as your contact details (name e-mail address mailing address etc.). When you submit your personally identifiable information through wn.com you are giving your consent to the collection use and disclosure of your personal information as set forth in this Privacy ... ハコスカ RB ハコスカ ワークス

wn.com/ハコスカ・ケンメリにRBエンジン搭載...


ツヴァイのサービス内容