ハコスカこれもいいに関して


ハコスカこれもいいに関心のある人も多いだろう。



もう最初に買った人の心境は想像もできないね。 でも、今の時代となれば、初期型の方が価値が高くなることも多いから、ハコスカを現在もずっと所有されている方が居れば鼻高々なのかもしれないね。 そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長している。



ハコスカこれもいいと言えば、



ハコスカの部品を調達する方法としては、・日産ディーラーで直接購入する・オーナー同士のクラブなどを作ってハコスカ部品の情報を交換しあったり、社外の部品工場にまとまった数を製作してもらう・各地で開催されるハコスカ好きの集まりなどのイベントで購入する(イベントではフリーマーケットが併設されるため探しやすい)・ヤフーオークションなどのオークションやハコスカをこよなく愛する人達の集まり・掲示板などで購入するなどがあるね。私個人の感想としては、ディーラーやオークションで購入するとやっぱり高いと思う…一番いいのはオーナー同士のクラブ単位で部品工場に注文する方法が一番安くつくのではないだろうか。(※ワンオフで注文するととんでもなく高い金額になるので注意して)これ以外の方法では、地方の解体屋さんを探し回って運よく同じ車を見つけたら、部品取り用としてハコスカの車体を丸ごと購入するっていう手もあるが、それはやっぱり大変だね。どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。 ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。 この特徴こそが、きっと当時のチューンアップを好む人のハートを鷲掴みにしたんだね。きっとなんでも答えてくれるよ!ハコスカのチューニングと言えばラバーソウル! 決してロックとかではないよ!! ハコスカのことならなんでもござれ!のラバーソウルさんだが、最近ではオークションでもいろいろなパーツを見かけますね!大きいパーツというよりも内装などの小物が多いが、ハコスカくらいの車だと、内装がボロボロなことも多いから、細かい部品をきれいにすればかなり見違えますからね! ハコスカは内装に木目のような茶色をアクセントとしたカラーだから、そのまわりの黒いパーツが変色したりして色が薄かったりすると、かなりボロく見えてしまうからね?。 そこをシャキッとした黒でキメれば、高級感すら感じるほどに違う!シフトノブなどもやはり純正にこだわりたいところだが、状態のいい純正パーツを探すなんで途方もないことだからね。 ラバーソウルさんではレプリカ品として純正に近い部品を開発して販売しているという事だから、お客さんの欲しい物がわかるラバーソウルさんはまさにハコスカ大好きな人のハートをガッチリつかんでいるチューニングショップなんだと思う。少し前に発売されていた、あのトヨタの2000GTよりも10馬力も超えた160馬力をたたき出すS20型エンジンを搭載して4ドアでの誕生だった。 当時、トヨタの2000GTといえばヤマハとトヨタが共同開発した日本最初の高性能スポーツカーと言われており価格は238万円!今で言うと1500万から2000万にも相当する価格だ!その2000GTよりもさらにハコスカGTRはハイパワーだったのだ。さすがスカイライン! そして国内のカーレースで不動の地位を確立した50勝中の半分以上を稼いだのは、この4ドアのスカイラインGTRなのだった。



スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。ファインパーツは小売はしていないが、ラバーソウルなど全国で代理店契約をしているハコスカなど旧車専門ショップなどに卸しているので手に入れる事が可能だ。もちろん消耗の激しい部品もたくさん復元販売してますので、ハコスカを愛する人達もこれで安心だね!中古車をこれから選ぶ時、特にハコスカであれば、資金に余裕がなければ難しいだろう。 気に入った車が見つかってもお金の工面をしているうちに、他のお客さんに取られてしまう…。ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。そのせいもあって、意外と見つかることがあるのだと思う。 中には、ピカピカのセンターグリルの鼻の穴だけを外すというスタイルもあったね。 もしかしたら一番残ってるのは鼻の穴のグリル部分だけなのかもしれないね! バンパーに関にしては特に変更はなかった。だから、作業する場所、保管する場所は雨風をしのげる場所(ガレージなど)でないといけないし、整備書やら解体書やらも集めて、とにかくお金がかかります! お金持ちな大人の趣味とも言われるくらいからね。まさにお金もあって、時間もあるという裕福な人向けなのかもしれないね。 でも金払えばパーツが手に入るかというとそうではないから、どうしても時間をかけて仕上げるしかないんだよね。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。



毎年と言うほどマイナーチェンジをしていた日産だが、年々コスト削減の傾向がチラチラと見えてしまうのが何とも切実なところだ。GTRがまた復活する!! ハコスカから始まったGTRシリーズが、10代目で終了してしまい、後代のスカイラインからは、エンジンも直列6気筒の伝統のRBエンジンでなくなってしまって、ハコスカ時代からの日産ファンが肩を落とされたかと思う。 私もその一人だった。かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。そして海外輸出用にL26型が登場し、そして1975年に最大排気量を誇るL28が誕生した。この大排気量エンジンをさらにボアアップして3.1リッターへと改造する人も少なくない。 さらに今ではハコスカGTRへ、現在よく知られているRB26エンジンを搭載してチューニングする人も多い。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。



レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。



ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。だとしても日頃からのメンテナンスのマメさの違いで旧車はすぐに違いが出てしまうから気をつけなければいけないね。 熟練した板金の職人さんとかになると、顔を見ただけで、いい顔してるな!とかなんか悪いことしてないか?といった感じでズバリ言い当ててしまう! 本当に驚きだよね!私もいずれはそこまでわかるようになったいね。ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。



ハコスカこれもいい、今後も注目だ。




ハコスカこれもいい関連情報。



これもいい - 色情?? 成人?? 成人

成人免???:これもいい ... おめでとうございます。 ワイルドゴリラさんに比べれば、まだまだです。 ... あけおめぇ?!ハコスカさんはムービーチョイスのセンスが素晴らしいですね、私もちょくちょくお世話になってコキコキしています、本年もヨロシクです。 ハコスカ キャッツアイ ハコスカ キャッツアイ

chenghuavideo.be/cn/a/content/20100101aaZv5xnw



やることいっぱいのハコスカ作業

ガラスガイドも入れ替えます。相当くたびれています。溝は広く広がっており遊びが大きいようです。ガイドも所々雨水が回ったみたいで、錆が発生しています。分解したので、奇麗にします。勿論、ガイドのパッキンも新品に交換します。 ラバーソール ハコスカ ハコスカgtr 中古

www4.kcn.ne.jp/~hakosuka/page147.html



ハコスカ

これで世界で唯一の物になるようで嬉しい。 クリアで、「てっかてか」のツヤをつけてやる ホコリがつくので難しい。 ... いい感じになってきた。 バンパーをつける。メッキパーツかっこいー!ツヤもいい感じ ハコスカといえばオバフェン! オートアート ハコスカ ハコスカ ミニカー

www.geocities.jp/kokuko500000/car/HAKOSUKA/



またまたハコスカのレアパーツ - ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。エンジンもS20、L型、G型。ハコスカはどれも味があってカッコいい。 ... 今回ご紹介するのはハコスカのバイザーです。 これってイマイチ何のためにあるか ... プロテック ハコスカ ハコスカ 配線図

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649/57318764.html



ハコスカ写真館:ハコスカ写真

ハコスカが来ない。まぁこー暑くちゃさすがに昼間は乗り出せないか・・・ それに大気の状態が不安定ってことで、いつ時雨が来るかわからないしね。雨ならまだいいけど、ヒョウなんかが降られたらと思うとゾッとする。 ... これも原発の影響なんだろうか? この先 ... ハコスカ rb26 ハコスカちょい

kgc10kai.exblog.jp/i23



ハコスカこれもいい


ハコスカこれもいいが最近話題になっているようだ。



R34は販売価格が高すぎたのかな?もう世の中はエコの世界に染まってしまったのだろうか??3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われてる、販売されている量産型のスカイラインクーペの歴史はハコスカの販売から始まり、現在販売されてるのはもう12代にもなる。ひとつ前の世代の11代目から、スカイライン伝統の丸型4灯のテールランプが無くなってしまいたね。とっても残念だ。



心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む人からは絶大な人気だった。 足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。よく「ツライチ」と言うよね。今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。ファインパーツの社員一同は、レース活動をはじめ、ハコスカ及び旧車の繁栄を心から願っていたが、ある時、部品の供給がままならない物があることを知り、自ら製作をしなければハコスカをはじめとした旧車が追い込まれていく現状に気が付きた。旧車をもっと思う存分走らせたいのに、そのため必要な部品がなかなか手に入らない。逆にどんどんなくなっていってしまう…ファインパーツは、そんな方や旧車の状況を黙って指をくわえたまま見ていられなかったのだ。でも、全く部品が手に入らないわけではない。その中でまだ部品が手に入りやすいといったら、ハコスカだろうか。チューニングメーカーもエンジン部品を出してますし、エンジン自体も旧車に強い店であれば中古で置いているところもあったりする。ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。R32、R33、R34などのスカイラインは海外に輸出もされているのでそれらしき画像はあるのだが、ハコスカが海外に輸出されたという話は聞いたことがないのだ! でも絶対にあるはず!日本人でハコスカを持って行って海外で乗り回してる人が絶対に1人はいるだろうと決めつけて探しております!! 私の画像集めの旅も海外ハコスカ壁紙が見つかることで終焉を迎えることだろう。絶対に居るはず!かならず辿り着いて見せます!ハコスカなどの旧車って部品を揃えるのはすごく大変だし苦労するよね。そのために、これから旧車を買おうと思っている人は躊躇してしまうのではないだろうか。ハコスカのほかにもS30ZなどにもRBエンジンを載せるレストアも存在するようでこれからは新しいチューニングの世界が広がりそうだ。今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法だが、そのレストア法を専門としているお店もあるようだ。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備してのコンプリートカーなんだ! やはりこだわっている人からすれば希少価値の高いビンテージカーなのでオリジナリティーを損なうエンジン載せ替えなどは一般的ではないのだが、一方では、「憧れの旧車のハコスカをメンテナンスフリーで乗り回せたら」という意見も存在するのだ。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。まったく手を入れていないボロボロなハコスカなら50万以下でも買えることもできますけど、中古車屋さんのずさんな管理で触っただけで粉になってしまいそうなハコスカを見ると、個人レベルではレストアする気も薄れてしまうよね。 中古車屋さんにはハコスカが売れるとは思ってないという人もいるそうだ。 軽自動車やファミリーカーを主に扱っていて、もうハコスカなんて見向きもしないような人だ。



世の中にある部品取りだけとして扱われてるハコスカも復活させてあげたいよね。ハコスカが中古車として販売されているなかで、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されてたのが、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRだった。 もうびっくりだよ!買う人いるんだろうかね…。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。そのため、旧車の中古車市場においては非常にものすごい高額で売買されている。 このケンメリGTRを境に、後のスカイラインシリーズでは、R32スカイラインまでGTRが登場することはなかった。 ケンメリGTRは今世の中にどれだけ存在するのだろうか?所有さしている人には大事に乗ってもらいたいものだ。安心して乗っていられるような車ではないからね。車を探しつつ、知識をつけ、ハコスカ車を扱ってくれるお店を探すこともすごく重要だ。ハコスカにはオーナークラブがあるので、そこでハコスカについてのいろいろな情報を仕入れることができます。しかし、古いクルマだけに、購入の際には注意が必要になってきます。一番大切なのは、信頼できる業者を選ぶことが大切だ。修理や整備の対応、販売時の状況、購入後に修理が必要になる箇所などはきちんと把握しておくべきだね。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。



ハコスカこれもいいに関する情報は、こんなのも。



数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。恐ろしい。 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんだ。



もう最初に買った人の心境は想像もできないね。 でも、今の時代となれば、初期型の方が価値が高くなることも多いから、ハコスカを現在もずっと所有されている方が居れば鼻高々なのかもしれないね。 そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長している。それから、あの有名なホモロゲーションモデルのGT-AやGT-BからスカGという歴史がスタートしたのだね。 スカGと言えば、当時は少しヤンキー路線もあったね。スポーツカーにもヤン車にもなる、まさに万人の憧れだね!ハコスカ、ヨタハチ、エスロク、エスハチ、ベレG、パブリカ・・・。とってもお気に入りだね。 ほかにも日産のホームページににもあるね?。かなりのモノが! 至る所から集めまくっております!チューニングショップが自社で手掛けた車を壁紙として配布しているところも多いよね。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。



ハコスカこれもいい、これからも話題になりそうだ。




ハコスカこれもいいに関しては、以下も参考にしてね。



ハコスカ写真館 : ハコスカ復活!

間に合ってればハコスカおやじさん達の新春ツーリングに参加できたのに・・・(涙) でもこれでやっと乗り出せるぞ? ... 車屋さんも「いい経験させてもらいました!」言ってくれたのでよかったです。14日ですか・・・。夜だけ仕事なのでゆっくりはできませんが ... ハコスカ s20 湾岸ミッドナイト3dx+ ハコスカ

kgc10kai.exblog.jp/7081251



これもいい - 色情?? 成人?? 成人

成人免???:これもいい ... おめでとうございます。 ワイルドゴリラさんに比べれば、まだまだです。 ... あけおめぇ?!ハコスカさんはムービーチョイスのセンスが素晴らしいですね、私もちょくちょくお世話になってコキコキしています、本年もヨロシクです。 ハコスカ 配線図 音更ハコスカ

chenghuavideo.be/cn/a/content/20100101aaZv5xnw



これもいい - エロ動画 アダルト動画

これもいいのアダルト無料動画再生はFC2動画で!これもいい関連動画の検索も。 ... これもいい 再生時間:10:41 再生数:36301 投稿者:ハコスカ これもいい 再生時間:12:35 再生数:40592 投稿者:ハコスカ ハコスカ クラブ ハコスカ 配線図

surf-anon.com/



ハコスカ GT?R - チョイ悪ねこのアクセラ日記 - Yahoo!ブログ

それもハコスカ! これがなかなかいいタマが残っていないんです。でも歴史的にも有名なこのクルマ。 こんなクルマを見かけた日にはそれはそれは嬉しくて・・今日は運がいいなあって思っちゃ います。 ハコスカ エンジン ハコスカgtr

blogs.yahoo.co.jp/nekorin65/56489363.html



これもいい - 色情?? 成人?? 成人

成人免???:これもいい ... これもいい ?布者 : ハコスカ 2010/01/29 22:13:31 使用旧版播放器 ... 博客 初学者者也可?松掌握!多??板随意?! BBS 与来?者自由交流!??信息防范功能安全、有效! ハコスカ GT-R 中古 ハコスカのレストア

river-video.com/cn/a/content/20100129NYzeSWfp



ハコスカこれもいい関連情報


ハコスカこれもいいの話題 ハコスカこれもいい関連情報を探してみた。



L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。 さらに、その1年後、ハコスカの後期の誕生だ。2ドアのハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)に追加となった。しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響もあり、ケンメリGTRはわずかに197台しか生産されなかったのだ。 そのうち販売されたのは195台だけで生産終了になり、レースに出場することもなかった。 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名だ。



ハコスカこれもいいに関する情報は、こんなのも。



もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。どうしてもないレストアパーツに関してはワンオフで現車に合わせて作るほかにはないが、それにしてもなんでも揃えてしまうのはまさに専門店のお店のネットワークなのだろうね。 現在でもエンジンのパーツに関してはチューニングメーカーさんでも開発しているようで、パワーアップに関しての部品はとてもたくさんある。チューニングパーツだけでエンジンが1基出来上がってしまうんではないだろうか。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。そしてあの、こだわりを感じさせたヒゲのモールは廃止になってしまいた! やはりあのヒゲモールはコスト高だったんだろうね。それにしてもあっさり辞めてしまうのは少し残念だ。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれるね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。一昔前のころは、中古車流通のしくみが整っていなかったので、ディーラーが自社で販売しきれない下取り車を、独立系の中古車販売業者に渡す形で流通していた。 それからオークション形式で、業者同士での取引が各地で行われたり、衛星を使ったネットオークションなどが行われるようになってからは、中古車買い取り専門店や特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども登場した。 最近では、トヨタでも買い取り専門店をチェーン展開してT?UPを立ち上げるなどして、メーカーやディーラーでも中古車に力を注ぐようになったね。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。



ハコスカは今や30年も前の車だから、やはり乗り始める前にはレストアが必要だよね。 ところで、レストアとは「回復する」という意味なのだが、こういったハコスカなどの車関係の場合は復活させるという意味になるそうだ。 普通の事故車や壊れた部分を直す修理とは別で、ハコスカなどのビンテージモデルや古くから保存している物の修復や復元といった意味合いで使われる言葉だ。決してネットでは即決しないように気を付けてください。ハコスカが好きな人は中学生から70歳以上のおじいちゃんまでたくさんいるよね。 これから大人になって中古車屋さんからハコスカを探し出して乗り回してやる!という子供も中にはいる。ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。



今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。バンパーに関しては、オーバーライダーが廃止になった。 コスト高と思われるところが次々に廃止になっていきます…。残念だ。なかには1台レストアするのに2台?3台の部品取りを使っているかも知れない。 フレームがなければレストアしたくても元がないからあきらめざるを得ない。 そこで提案!もし部品取りとして3台以上持っている方がいたら・・・・・これも何かの縁だ!手放してみましょう!(笑) 若者に夢を託しましょう!ただの中古車としてガレージで眠っているハコスカを走らせてあげましょう!私は部品取りなんて所有していい人間ではないので、持っていないが・・・。発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。安心して乗っていられるような車ではないからね。車を探しつつ、知識をつけ、ハコスカ車を扱ってくれるお店を探すこともすごく重要だ。ハコスカにはオーナークラブがあるので、そこでハコスカについてのいろいろな情報を仕入れることができます。ちなみに、2ドアのGTRもこのグリルをベースにしてデザインされた。GTR用のグリルは比較的手に入りやすいようだね。 当時はこの縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルを流用したりしてGTR仕様にするドレスアップが流行っていたね。



はたして新型エンジンは?ターボは?丸型4灯のテールランプは??壁紙は?!と、とても気になるところだ。 最近では雑誌にもよく登場するようになってきたので姿形はもうたくさんの人がご覧になったことはあるかと思う。 色んな評論家の方が発言されて憶測が飛び交っているが、新型GTRはモンスターマシンであることは確かなようだね。



ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。



ハコスカこれもいい、これからも目が離せない。




ハコスカこれもいいについては、次のサイトも見てね。



ハコスカ放談4

ハコスカを入手し、ド素人のくせに調子こいて走り回っていた私でしたが、そんな ... 私の前には、“CAR BOY”ステッカーを貼った初代MR‐2が、これまた気持ち良さそうに走っていました。 (結構気持ちいい ... (これが1番大事!) 2、運転中は、気を ... ハコスカ ブレーキ ハコスカ RB

www.dhk.janis.or.jp/~gtr/houdan4.htm



ハコスカ日記2005

最近はハコスカで遠出することもないので、せめて休日はハコスカをかまってやろうと思い、日頃気になっている部分をいろいろといじってみました。 ... 前回に引き続き助手席の閉まらないドアもいじってみましたが、どうもロック機構が基本的にダメなようです。これ ... ハコスカ オーバーフェンダー 石坂自動車 ハコスカ

fluorite.fms.saitama-u.ac.jp/kakizaki/GTR/



またまたハコスカのレアパーツ - ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。エンジンもS20、L型、G型。ハコスカはどれも味があってカッコいい。 ... 今回ご紹介するのはハコスカのバイザーです。 これってイマイチ何のためにあるか ... ハコスカ キャッツアイ 亀有 ハコスカ

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649/57318764.html



ハコスカ写真館:ハコスカ写真

ハコスカが来ない。まぁこー暑くちゃさすがに昼間は乗り出せないか・・・ それに大気の状態が不安定ってことで、いつ時雨が来るかわからないしね。雨ならまだいいけど、ヒョウなんかが降られたらと思うとゾッとする。 ... これも原発の影響なんだろうか? この先 ... 中二ハコスカ 湾岸ミッドナイト3dxプラス ハコスカ

kgc10kai.exblog.jp/i23



FC2動画 アダルト-ハコスカさんの情報:

動画:これもいい読者に捧ぐこれもいい読者に捧ぐこれもいいこれもいいこれもいいこれもいい ... ニックネーム ハコスカ 性別 不明 誕生日 不明 自己紹介文 リアリティのある動画が大好きなんです。 友人登録は、動画投稿されている方に限定させて頂きます。 ハコスカ 中古 GT5 ハコスカ

video.fc2.com/a/member?mid=44034754


ツヴァイのサービス内容