ハコスカ 壁紙の情報


ハコスカ 壁紙は、多くの人々を魅了している。



販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。フルレストアをして売られている旧車の場合はレストアしたお店が販売してる自社パーツを付けているのがほとんどだよね。だから文句言えない部分がどうしても出てきてしまうよね。 今のレストア専門店などでは足廻り、マフラー、のパーツを自社開発してるところがほとんどで、自分の好みのセッティングにもしてくれるみたいだ。ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。 ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、このようにグレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっているわけだね。スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得だ。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。



昔の純正パーツよりも、オリジナルパーツの方が断然安く販売されているので、その市場に業者さんがどんどん参入してきたんだろうかね。 でもその方が、さらに価格競争も始まってきますから、消費者である私たちにとってはいいことだね。 技術の競争にもなって良いオリジナルパーツがどんどん登場していけば、いずれはオリジナルパーツだけで1台作ることが出来るようになるかもしれない!そうなれば世の中にハコスカがきっと増えていくはず…。世の中にある部品取りだけとして扱われてるハコスカも復活させてあげたいよね。ハコスカが中古車として販売されているなかで、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されてたのが、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRだった。 もうびっくりだよ!買う人いるんだろうかね…。レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。日産でもハコスカの中古車専門店を立ち上げて全国各地に散らばったハコスカをもう一度店頭に復活させてほしいね。 パーツなども復刻版を出して絶滅の危機を救ってほしいものだ。ハコスカを新車で買った人の中に、一度手放してしまったけど、販売されてるのを見てまた中古車で買いなおした!という人は結構多いと思う。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。 ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。 この特徴こそが、きっと当時のチューンアップを好む人のハートを鷲掴みにしたんだね。周りの人に話をしても一切買ってくれる人がいなかったのであればそれまでの車だということではないだろうか。 もしくは、友達が全然いないか…。 とにかく、中古車は、特にハコスカはやはり実際に見てから決めましょう。



なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。ハコスカのほかにもS30ZなどにもRBエンジンを載せるレストアも存在するようでこれからは新しいチューニングの世界が広がりそうだ。今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法だが、そのレストア法を専門としているお店もあるようだ。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備してのコンプリートカーなんだ! やはりこだわっている人からすれば希少価値の高いビンテージカーなのでオリジナリティーを損なうエンジン載せ替えなどは一般的ではないのだが、一方では、「憧れの旧車のハコスカをメンテナンスフリーで乗り回せたら」という意見も存在するのだ。



ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。まったく手を入れていないボロボロなハコスカなら50万以下でも買えることもできますけど、中古車屋さんのずさんな管理で触っただけで粉になってしまいそうなハコスカを見ると、個人レベルではレストアする気も薄れてしまうよね。 中古車屋さんにはハコスカが売れるとは思ってないという人もいるそうだ。 軽自動車やファミリーカーを主に扱っていて、もうハコスカなんて見向きもしないような人だ。ハコスカをはじめとする絶版車はオーナーが思い入れで乗るクルマだ。1台1台がそれぞれ個性を持っており、誰でも簡単に運転できるというようなものではない。乗り手がクルマと真剣に向かい合い、癖や機嫌を学んでいくことで、ようやく初めて乗りこなせるようになるんだよね。



どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。そしてさらに、ケンメリは1976年2月ごろにGTシリーズのL20Eを搭載したモデルが、51年排気ガス規制に適合させた。 この頃からは環境を考える時代になりハコスカのようなハイパワーの車はなかなか登場しなかった。 何と言っても、やはりケンメリGTRがレースに出る華々しい姿を見ることが出来なかったのはとても残念だね。やはりスカイラインはハコスカのように勝利を飾り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思う!ハコスカのパーツをオリジナルで開発して販売するショップが増えてきているね。 オークションでも通販でも、売られている部品は純正よりもオリジナル開発したパーツや、他車パーツを加工して売っているのがほとんどだ。 これだけ希少価値の高いハコスカだと、その方が安くて便利だったりもする。L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。ハコスカの部品を調達する方法としては、・日産ディーラーで直接購入する・オーナー同士のクラブなどを作ってハコスカ部品の情報を交換しあったり、社外の部品工場にまとまった数を製作してもらう・各地で開催されるハコスカ好きの集まりなどのイベントで購入する(イベントではフリーマーケットが併設されるため探しやすい)・ヤフーオークションなどのオークションやハコスカをこよなく愛する人達の集まり・掲示板などで購入するなどがあるね。私個人の感想としては、ディーラーやオークションで購入するとやっぱり高いと思う…一番いいのはオーナー同士のクラブ単位で部品工場に注文する方法が一番安くつくのではないだろうか。(※ワンオフで注文するととんでもなく高い金額になるので注意して)これ以外の方法では、地方の解体屋さんを探し回って運よく同じ車を見つけたら、部品取り用としてハコスカの車体を丸ごと購入するっていう手もあるが、それはやっぱり大変だね。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入された。エンジンはGT系統と同じでL20型だが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようだ。その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されているよね。スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。



ハコスカ 壁紙で思い出したけど、



4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになった。 そして同年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加した。 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させた。



ハコスカ 壁紙、これからも注目だよね。




ハコスカ 壁紙関連の情報は、次のサイトにもあるよ。



ハコスカ 壁紙:ハコスカGTR徹底紹介

ハコスカ 壁紙 - ハコスカGTR徹底紹介では、スカイライン(ハコスカ)の歴史や人気の秘密、パーツのことなど徹底紹介します。 - ハコスカGTR徹底紹介 ... ハコスカGTR徹底紹介 ハコスカGTR徹底紹介では、スカイライン(ハコスカ)の 歴史や人気の ... ハコスカ ミニカー ハコスカ タコメーター

hakosukagtr.seesaa.net/category/4672417-1.html



| モータースポーツTV |旧車 バイク&自動車|ドレスアップ|ドリフト|東京モーターショー ...

旧車4輪はGT-R 旧車バイクならMach? ホンダCBなど動画満載のMSTV!そしてついにau携帯サイト「ノスタルジックカー(NostalgicCar)」(http://aunc.mstv.jp)がスタート!! ... 旧車動画|旧車画像|ハコスカGTR|ケンメリ|ブル510|S30フェアレディZ|カワサキZ2|MACH3 ... ハコスカ部品 ハコスカ 愛媛県

www.mstv.jp/contents/mov/index.html



ハコスカ 壁紙 無料|日産(NISSAN)スカイラインGTR情報&動画ナビ

日産(ニッサン)スカイラインGTRの情報と動画ムービーを配信中! ... 【ハコスカ 壁紙 無料】に関する内容について! スカイラインGTRをこよなく愛しているファンは多いですね。 ハコスカ オーバーフェンダー ハコスカ ひめ

skyline-gtr.11ym.net/2008/01/post_5.html



日産:スカイライン 歴代12代の軌跡

1957年誕生の初代モデルから最新のV36型スカイラインまで、歴代12代の軌跡をご紹介します。歴代モデルの特別壁紙もダウンロード可能 ... というイメージを定着させ、郊外へ向かう高速道路では、楽しげなカップルを乗せて走るスカイラインに多くの視線が ... ハコスカ専門店 ハコスカ デフ

www2.nissan.co.jp/SKYLINE/HISTORY/car_3rd.html



| Motor Sports TV |

旧車 あの名車/絶版車/カスタムカーの動画配信!お宝画像!をお届けします(KAWASAKI Z2 KH MACH ? ハコスカGTR ケンメリGTR等)サーキット走行会、パーツ情報など満載!! ... 旧車動画|旧車画像|ハコスカGTR|ケンメリ|ブル510|S30フェアレディZ|カワサキZ2 ... ハコスカシートベルト ハコスカないしょ話

www.mstv.jp/contents/info/index.html



ハコスカ 壁紙を探すなら


ハコスカ 壁紙に関して考えてみた。



ハコスカをはじめとする絶版車はオーナーが思い入れで乗るクルマだ。1台1台がそれぞれ個性を持っており、誰でも簡単に運転できるというようなものではない。乗り手がクルマと真剣に向かい合い、癖や機嫌を学んでいくことで、ようやく初めて乗りこなせるようになるんだよね。



社長さんのハコスカから実際にレースに参戦しているレースカーをされていたりと誰もが目を奪われる。 ハコスカ一筋だべてをハコスカに注いだラバーソウルさんならどんなハコスカでも作ってくれそうだね。ラバーソウルさんでは純正を極限まで再現したレプリカパーツを販売しており、純正部品が高すぎて買えないようなことがあれば何でもラバーソウルさんに電話して聞い方がいいね。しかし、古いクルマだけに、購入の際には注意が必要になってきます。一番大切なのは、信頼できる業者を選ぶことが大切だ。修理や整備の対応、販売時の状況、購入後に修理が必要になる箇所などはきちんと把握しておくべきだね。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。なかには1台レストアするのに2台?3台の部品取りを使っているかも知れない。 フレームがなければレストアしたくても元がないからあきらめざるを得ない。 そこで提案!もし部品取りとして3台以上持っている方がいたら・・・・・これも何かの縁だ!手放してみましょう!(笑) 若者に夢を託しましょう!ただの中古車としてガレージで眠っているハコスカを走らせてあげましょう!私は部品取りなんて所有していい人間ではないので、持っていないが・・・。今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。また、現実問題として、ハコスカは純正の部品が調達できないという事もあるからね。 そういった背景もあり、こういったレストアが始まったのだね。ハコスカのRBエンジン搭載のコンプリートカーはオートマも選択できるようで、まさにのんびり旧車を楽しみたい人にはぴったりだね。



R32、R33、R34などのスカイラインは海外に輸出もされているのでそれらしき画像はあるのだが、ハコスカが海外に輸出されたという話は聞いたことがないのだ! でも絶対にあるはず!日本人でハコスカを持って行って海外で乗り回してる人が絶対に1人はいるだろうと決めつけて探しております!! 私の画像集めの旅も海外ハコスカ壁紙が見つかることで終焉を迎えることだろう。絶対に居るはず!かならず辿り着いて見せます!ハコスカなどの旧車って部品を揃えるのはすごく大変だし苦労するよね。そのために、これから旧車を買おうと思っている人は躊躇してしまうのではないだろうか。会社の上層部では日産とプリンスの合併の話が進んでいる頃だね。そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。 箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスが合併した41年頃にはすでに作られていたそうだ。安心して乗っていられるような車ではないからね。車を探しつつ、知識をつけ、ハコスカ車を扱ってくれるお店を探すこともすごく重要だ。ハコスカにはオーナークラブがあるので、そこでハコスカについてのいろいろな情報を仕入れることができます。



ハコスカ 壁紙で思い出したけど、



スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。サーフィンラインとはボディー剛性を上げる為にスプライン(折り目)を入れるのだがそのスプラインをデザインしたものになる。他にもハコスカGTRでは、ウィンドウシールドをはじめ、ウィンドウガラスが、青色が付いた熱線吸収のものでは無く、また、リアの曇り止め用のプリント式熱線も無いのもGTRの特徴だ。さらに、モール類が装備されていないという走るために余分なものを取り除いた「スカイラインGTのレース仕様」となった。私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。 しかし、当然のように限界があるわけで、いずれはどの部品も手に入らなくなってしまう。実際に部品がが無いという理由によって泣く泣く愛するハコスカを手放してしまった、という友人もたくさんいる。寂しい話だよね?だけど、そのような状況でもハコスカを絶対に手放したくない人達へちょっとだけアドバイスを…有名なハコスカGT?Rオーナー、黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げている。なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。



壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。ハコスカの部品を調達する方法としては、・日産ディーラーで直接購入する・オーナー同士のクラブなどを作ってハコスカ部品の情報を交換しあったり、社外の部品工場にまとまった数を製作してもらう・各地で開催されるハコスカ好きの集まりなどのイベントで購入する(イベントではフリーマーケットが併設されるため探しやすい)・ヤフーオークションなどのオークションやハコスカをこよなく愛する人達の集まり・掲示板などで購入するなどがあるね。私個人の感想としては、ディーラーやオークションで購入するとやっぱり高いと思う…一番いいのはオーナー同士のクラブ単位で部品工場に注文する方法が一番安くつくのではないだろうか。(※ワンオフで注文するととんでもなく高い金額になるので注意して)これ以外の方法では、地方の解体屋さんを探し回って運よく同じ車を見つけたら、部品取り用としてハコスカの車体を丸ごと購入するっていう手もあるが、それはやっぱり大変だね。総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。



ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。簡単にはくっついてくれないからね…。 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。



ハコスカ 壁紙、これからも目が離せない。




ハコスカ 壁紙情報は、以下のサイトにもあるよ。



ハコスカ写真館

ハコスカの写真を撮って楽しんでます ... このところ休みの日はずーーーっと天気悪くてハコスカ乗り出せなかった。今日も無理かな・・と思ってたが、朝の時点で雨も上がってたので、道路の乾くのを待って午後から出かけた。 ハコスカ部品 ハコスカ 販売

kgc10kai.exblog.jp



ハコスカ 壁紙

ハコスカの壁紙は最高!歴代スカイラインの中でも最も人気の高いハコスカの壁紙について紹介します。 ... ハコスカやGTRの壁紙をいままでに何千枚、何万枚と集めてきた方がいるそうです。車が好きで始めた壁紙収集はつきることがありませんね。 ハコスカ久保田 ハコスカ 愛媛県

hakosuka.kitaguni.tv



| Motor Sports TV |

旧車 あの名車/絶版車/カスタムカーの動画配信!お宝画像!をお届けします(KAWASAKI Z2 KH MACH ? ハコスカGTR ケンメリGTR等)サーキット走行会、パーツ情報など満載!! ... 旧車動画|旧車画像|ハコスカGTR|ケンメリ|ブル510|S30フェアレディZ|カワサキZ2 ... ハコスカ専門店 ハコスカ ブログ

www.mstv.jp/contents/info/index.html



| モータースポーツTV |旧車 バイク&自動車|ドレスアップ|ドリフト|東京モーターショー ...

旧車4輪はGT-R 旧車バイクならMach? ホンダCBなど動画満載のMSTV!そしてついにau携帯サイト「ノスタルジックカー(NostalgicCar)」(http://aunc.mstv.jp)がスタート!! ... 旧車動画|旧車画像|ハコスカGTR|ケンメリ|ブル510|S30フェアレディZ|カワサキZ2|MACH3 ... ハコスカfc2 GT5 ハコスカ

www.mstv.jp/contents/mov/index.html



旧車 絶版車 の販売FLEX ?名車 ノスタルジックカーの情報満載?

絶版車・名車の販売FLEXでは旧車・絶版車の情報満載!ハコスカ、Z、スカイラインなど中古車販売、買取、パーツ販売、レストア、オートレビュー ... 1世代、2世代前の車両ではなく、高度成長期や第2次ベビーブーム時に人気があったり、憧れだった車両。 ハコスカ 牽引フック ハコスカgtr

www.flexnet.co.jp/zepan



ハコスカ 壁紙の情報


ハコスカ 壁紙の話題 ハコスカ 壁紙関連情報を探してみた。



今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。しかし、ハコスカGTRの台数は少なく今ではGTR仕様というハコスカの方が多いくらいだ。そしてチューニングを好む人にはエンジンを載せ替えてパワーをさらに絞りだすという方向がとても多い。一番メジャーなのがGTやGTXに搭載されていた6気筒L型エンジンだね。



ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。それとは対照的にハコスカのボディに関しては完全に需要と供給が合ってまいせんね!メーカーさんも今からハコスカの部品を作った方ら相当売れるんじゃないかといつも感じております…。ハコスカにRBエンジンを搭載するレストア!始めて聞いた時はまったく想像できなかった! スーパー近代的レストアという感じだろうか。現在では、チューニング技術も飛躍的に向上し、計測も正確なものになってきているので、チューニングショップでは日産車にトヨタエンジンをスワップしたり、外車に国内メーカーのエンジンをスワップしたりとさまざまな改造が施されるようになってきたね。なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。中古車やさんからハコスカのようなレアな車を探すのは難しくなって来たが、最近は中古車業界も変化が出てきているよね! 全国チェーン展開をする会社がどんどん出てきた。さすがは大企業のネットワークdだ!検索すれば結構でてきますね!しかし、ネックなのは値段!そして、中古車屋さんの独特なあの雰囲気が無い…。大企業ならではの、まるでどこかの企業に面接しに行ってるような気分になってしまうよね。しかもハコスカともなると、一般的な目利きでは太刀打ちできない。やはり現在はネットでなんでも見れる世の中だから、インターネットなどを使って日頃からとても勉強されていることかと思うが、今ではネットの普及で、インターネットの通販で車を買ってしまう人もいるくらい。 オークションなども安く手に入る可能性もないこともないが、考えてみると、ハコスカをオークションに出す前に周りの人に話すと思うのだ。



まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。



ハコスカ 壁紙に関しては、こんな話題も。



ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。発売当初のケンメリは先代のエンジンと比べられてしまい、どうしても遅いイメージができてしまいた。ハコスカがあれだけのインパクトがあればしょうがないけどね。ハコスカに比べて、重くなってしまったケンメリスカイラインだが、足廻りも少し違いがあった。45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんだ。ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。ファインパーツの社員一同は、レース活動をはじめ、ハコスカ及び旧車の繁栄を心から願っていたが、ある時、部品の供給がままならない物があることを知り、自ら製作をしなければハコスカをはじめとした旧車が追い込まれていく現状に気が付きた。旧車をもっと思う存分走らせたいのに、そのため必要な部品がなかなか手に入らない。逆にどんどんなくなっていってしまう…ファインパーツは、そんな方や旧車の状況を黙って指をくわえたまま見ていられなかったのだ。とってもお気に入りだね。 ほかにも日産のホームページににもあるね?。かなりのモノが! 至る所から集めまくっております!チューニングショップが自社で手掛けた車を壁紙として配布しているところも多いよね。L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。



公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。決してネットでは即決しないように気を付けてください。ハコスカが好きな人は中学生から70歳以上のおじいちゃんまでたくさんいるよね。 これから大人になって中古車屋さんからハコスカを探し出して乗り回してやる!という子供も中にはいる。数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。



きっと、ここだけは何処もやってはくれないだろうね。 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いている! でもなぜかGTRにはついていないんだ。不思議だね。そして周りの人からは買ってくれる話が誰からもなかった。だからオークションに出す。という流れだと思う。まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR



ハコスカ 壁紙、今後も目が離せないよね。




ハコスカ 壁紙については、次のサイトも見てね。



私のハコスカ壁紙の旅

ハコスカに関する情報をお届けします ... この壁紙集めはホントにハマってしまいまして!ごはんも食べずに夢中になることもしばしばです。 今探しているのは海外で撮られたハコスカの壁紙です。 ハコスカ GT-R 中古 ハコスカ エンブレム

life-master.mobi/hakosuka/39b.php



NISMO FESTIVAL at FISCO '2000

グループC、グループA、GT、スーパー耐久などのマシンに混じって、往年のスカイラインGT-R(ハコスカ)やB110サニー、S30フェアレディZなど、ニッサンが誇るマシンがバトルを繰り広げる模様を永久保存版としてキミのデスクトップに飾ろう! すべての壁紙データ ... ハコスカ好き ラバーソウル ハコスカ

www.nismo.co.jp/event/festa2000/report/



日産:スカイライン 歴代12代の軌跡

歴代スカイラインの解説。1957年誕生の初代モデルから最新のV36型スカイラインまで、歴代12代の軌跡をご紹介します。歴代モデルの特別壁紙もダウンロード可能 ハコスカ 改造 ハコスカ nhcc

www2.nissan.co.jp/SKYLINE/HISTORY/index.html



ハコスカ 壁紙:ハコスカGT?Rスペシャル

ハコスカ 壁紙 - ハコスカから誕生したGT?RからニッサンGT?Rへ。ハコスカのレストアから中古車情報まで… - ハコスカGT?Rスペシャル ... ハコスカGT?Rスペシャル ハコスカから誕生したGT?RからニッサンGT?Rへ。ハコスカのレストアから中古車 ... プロテック ハコスカ 中二ハコスカ

hakosuka-nissan.sblo.jp/category/485166-1.html



ハコスカとは?: ハコスカ 壁紙アーカイブ

ハコスカの壁紙の収集をひとまず休止することにしました。 なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為です。 ハコスカ デフ スカイライン ハコスカ

senior.xsrv.jp/hakosuka/cat120


ツヴァイのサービス内容