ハコスカないしょ話に関する情報


ハコスカないしょ話について新しい情報を発見したよ。



ハコスカないしょ話に関しては、こんな話題も。



簡単にはくっついてくれないからね…。 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。発売当初のケンメリは先代のエンジンと比べられてしまい、どうしても遅いイメージができてしまいた。ハコスカがあれだけのインパクトがあればしょうがないけどね。ハコスカに比べて、重くなってしまったケンメリスカイラインだが、足廻りも少し違いがあった。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。



レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。中古車やさんからハコスカのようなレアな車を探すのは難しくなって来たが、最近は中古車業界も変化が出てきているよね! 全国チェーン展開をする会社がどんどん出てきた。さすがは大企業のネットワークdだ!検索すれば結構でてきますね!しかし、ネックなのは値段!そして、中古車屋さんの独特なあの雰囲気が無い…。大企業ならではの、まるでどこかの企業に面接しに行ってるような気分になってしまうよね。ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。 さらに、その1年後、ハコスカの後期の誕生だ。2ドアのハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)に追加となった。これは男のサガってやつだかね。ハコスカなどの旧車をレストア専門で請け負うお店が最近は増えてきたね。 今となってはレストアは個人の力ではパーツ集めも難しくなったから、これも時代の流れなのかもしれない。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。そしてあの、こだわりを感じさせたヒゲのモールは廃止になってしまいた! やはりあのヒゲモールはコスト高だったんだろうね。それにしてもあっさり辞めてしまうのは少し残念だ。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれるね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。



きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。



きっとなんでも答えてくれるよ!ハコスカのチューニングと言えばラバーソウル! 決してロックとかではないよ!! ハコスカのことならなんでもござれ!のラバーソウルさんだが、最近ではオークションでもいろいろなパーツを見かけますね!大きいパーツというよりも内装などの小物が多いが、ハコスカくらいの車だと、内装がボロボロなことも多いから、細かい部品をきれいにすればかなり見違えますからね! ハコスカは内装に木目のような茶色をアクセントとしたカラーだから、そのまわりの黒いパーツが変色したりして色が薄かったりすると、かなりボロく見えてしまうからね?。 そこをシャキッとした黒でキメれば、高級感すら感じるほどに違う!シフトノブなどもやはり純正にこだわりたいところだが、状態のいい純正パーツを探すなんで途方もないことだからね。 ラバーソウルさんではレプリカ品として純正に近い部品を開発して販売しているという事だから、お客さんの欲しい物がわかるラバーソウルさんはまさにハコスカ大好きな人のハートをガッチリつかんでいるチューニングショップなんだと思う。総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。現在ではすっかり浸透している丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が一番に覚える特徴であると思っている。 V35スカイラインになり、伝統とも言える丸型4灯が無くなってしまったときは、私も少し落ち込んでしまいたね。と言っても、光れば丸型なんだが、FUGAも同じような丸型になってしまっているので、スカイラインだけじゃなくなってしまったというのは何かさびしいものがあるね。でも雑誌ではハコスカは何となく値段が高いからとりあえず値札は高くしておこうかな?という考えのようだ。 中古車扱ってるなら大事さもわかるはず!と思ったら人によっては全然そういう考えが無い人もいるんだね。 家族よりもハコスカ!と言って家を大改造してガレージを作ってしまう方もいれば、何このボロ車?とかいう人もいる。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。毎年と言うほどマイナーチェンジをしていた日産だが、年々コスト削減の傾向がチラチラと見えてしまうのが何とも切実なところだ。GTRがまた復活する!! ハコスカから始まったGTRシリーズが、10代目で終了してしまい、後代のスカイラインからは、エンジンも直列6気筒の伝統のRBエンジンでなくなってしまって、ハコスカ時代からの日産ファンが肩を落とされたかと思う。 私もその一人だった。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。



ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。 ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。 この特徴こそが、きっと当時のチューンアップを好む人のハートを鷲掴みにしたんだね。



ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。現在では300万?500万くらいで販売されてるはザラにあるが、1000万を超えて販売されてるのは初めて見た。 相当な極上車だった!それだけするなら当たり前だけどね!エキマニとかにチタンが使われていた!なんでわざわざそんな高価な材料を?と思うが自己満足の世界だからね。そういうのもアリなんだろう。V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。



ハコスカないしょ話、これからも話題になりそうだ。




ハコスカないしょ話に関しては、次も参考にしてね。



木村オート販売:旧車シリーズ

道中からべレット 117クーペ ハコスカと出会いすでにテンションアップ 日頃 絶対に見れないハコスカGTRなどワクワクドキドキです 到着してすぐに ハコスカないしょ話ブログに登場のトミーカイラを発見 一言です「すげー」 ハコスカオヤジの奮闘記 ハコスカ GT-R 中古

kimuraauto.ikora.tv/c18420.html



ママコのドライブ日記: タイヤ&ホイール

ハコスカ ないしょ話 Type-R日記 フィット君とフィットママの日記 二十世紀少年の日記帳 ハコスカ プラモ ハコスカ rb26

mamako-no-drivenikki.no-blog.jp/mamako/



ミハエル・クルム - goo ニュース

日産 GT-RのGT3バージョンが月末デビューか!? (アールエス・タカマツ 店長のブログ) 第4戦カートレースレポート (ハコスカ ないしょ話) なでしこ代表発表“2チーム制"で五輪切符だ!ハード日程対応へ (Spopreとか ... ハコスカないしょ話 ハコスカ 44

news.goo.ne.jp/keywords/



ハコスカ タコメーター部品 pdf it

2010年4月 - ハコスカ ないしょ話 和歌山市ヒストリックカークラブオフィシャルブログ http://blog.goo.ne.jp/kunimitsu1225/m/201004 詳細情報 | RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ... 車種: フェアレディZ: グレード: RB26改ABR: 排気量: 2600cc: 年式: 昭和57年9月 ... プロテック ハコスカ 旧車 ハコスカ

www.96147.com/it/ハコスカ%20タコメーター部品...



トミーカイラ - @T COM(アットティーコム)検索

トミーカイラZZ - ハコスカ ないしょ話 2011年10月18日 ... 次の日曜日にトミーカイラで参加予定のイベントがあるので、少し調子を見ておこうと トミーカイラに乗ってきた。 ハコスカ HID ハコスカ 痛車

t-com.jword.jp/



ハコスカないしょ話とは


ハコスカないしょ話について情報を集めてみた。



45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんだ。ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。そこで、たくさんあるグリルの中から、44グリルに関してだが、43年の9月から44年の9月の間で生産されたモデルだね。 ライトの周りにレンズ風のガラスを入れるなど、とても凝った作りのグリルになっている。 ここまだるのにはかなりコストがかかっていると思われる!さすが日産が総力を注ぎこんで作り上げたハコスカだね! ウィンカーにもメッキ縁取りが付いていて、形状もフラットになっている。ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。 ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、このようにグレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっているわけだね。スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得だ。サーフィンラインとはボディー剛性を上げる為にスプライン(折り目)を入れるのだがそのスプラインをデザインしたものになる。他にもハコスカGTRでは、ウィンドウシールドをはじめ、ウィンドウガラスが、青色が付いた熱線吸収のものでは無く、また、リアの曇り止め用のプリント式熱線も無いのもGTRの特徴だ。さらに、モール類が装備されていないという走るために余分なものを取り除いた「スカイラインGTのレース仕様」となった。しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。恐ろしい。 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんだ。ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインだ。 レースでの50勝記録を持つこの車に今までどれくらいの人々がこのニッサンのスカイラインに魅了されていただろうか。ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。



なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。そして当時のハコスカGTRの価格は150万円。それが今となっても取引価格は下回ることのない最も人気の旧車である。1969年にハコスカGTRが誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。



ハコスカないしょ話と言えばこんな話題も。



6気筒モデルはフロント、リア共にハコスカと同じで、フロントがストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式なのだが、一方の4気筒モデルが、フロント側がセミストラット式で、リア側はリーフリジット式となり、ハコスカとは少し変更になっていた。 他にもハコスカから変更点があったのが、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれ、一目見るだけでスカイラインとわかるくらいの特徴となった丸型4灯のテールライトだ。 丸型4灯は4ドアGTのモデルと2ドアのハードトップの全グレードに採用となった。なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。



ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。そんなハコスカを愛する人達にとって神様のような存在のファインパーツ 職人かたぎ事業部は、かなりの製作時間を必要とし決して楽とは言えない車の部品製作に必死に取り組み、みなさんと一緒に開発・製作していきたいと考えているそうだ。開発進行中パーツ(試作品)の一例を紹介する。(※開発商品は業者販売のみで一般小売りはいたしない。



ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。



決してネットでは即決しないように気を付けてください。ハコスカが好きな人は中学生から70歳以上のおじいちゃんまでたくさんいるよね。 これから大人になって中古車屋さんからハコスカを探し出して乗り回してやる!という子供も中にはいる。スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。きっと、ここだけは何処もやってはくれないだろうね。 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いている! でもなぜかGTRにはついていないんだ。不思議だね。レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。 しかし、当然のように限界があるわけで、いずれはどの部品も手に入らなくなってしまう。実際に部品がが無いという理由によって泣く泣く愛するハコスカを手放してしまった、という友人もたくさんいる。寂しい話だよね?だけど、そのような状況でもハコスカを絶対に手放したくない人達へちょっとだけアドバイスを…有名なハコスカGT?Rオーナー、黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げている。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



ハコスカないしょ話、今後も目が離せないよね。




ハコスカないしょ話情報は、次も参考になる。



B110TSサニー KP61 240ZG BMW等の製作記 鈴鹿ツイン、HISTORIX JAPAN・・(1)

[Re: ハコスカないしょ話] > はじめまして、和歌山でハコスカGTRに乗っています。 > > いつもブログを楽しみに見せていただいてます。 > > 私もツーリングがてら、鈴鹿ツインサーキットに行ってました! これもいい ハコスカ 亀有 ハコスカ

sato1511.blog40.fc2.com/



ハコスカ 配線周り 画像 pdf kr

レストアガレージ360 復元カレラ 公式ブログ ... RPM社長の愛車 Excerpt: 先日同級生が、今では珍しい「ハコスカ」に乗って颯爽とカットに来てくれました。http://pub.ne.jp/fukugencarrera/?cat_id=99209 地獄のハーネス交換 - ハコスカ ないしょ話 ハコスカ レース GT5 ハコスカ

www.96147.com/kr/ハコスカ%20配線周り%20画像.html



ハコスカ 高橋国光 ゼッケン15仕様 完成(;´ `A``| _I LOVE-JAPAN_

ハコスカ ないしょ話 ダメな大人 ヨン爺ぃ TOMITAKU.COM B110 B310TSサニー S3… BAN-BANテレビ 【MBS】吉竹史アナ 本村彩織の良い物は良… 東京ブラススタイル さるまりプレゼンツH… NFS CARS LIGHT BLUE Seigo's page 飯田企画 ハコスカおやじの奮闘記 ハコスカ久保田

ameblo.jp/y-skyline/entry-10439048196.html



ブログ記事一覧 - ハコスカ ないしょ話

ハコスカ ないしょ話 和歌山市ヒストリックカークラブオフィシャルブログ ... 性別 男性 都道府県 和歌山県 自己紹介 ハコスカGTR歴24年の管理人です。ハコスカとの日常のさまざまな出来事を同好の士の方々と ... ハコスカ動画 ハコスカ マフラー

blog.goo.ne.jp/kunimitsu1225/arcv



ハコスカ ないしょ話

ハコスカ ないしょ話 和歌山市ヒストリックカークラブオフィシャルブログ ... 吉野イベントで歌ってたシンガーソングライターの岸岡ちなみさんです。 見た目はまったく普通の女の子って感じだが、歌を聴くと足が止まった。 ハコスカ プロペラシャフト ハコスカ クーラー

blog.goo.ne.jp/kunimitsu1225



ハコスカないしょ話なら


ハコスカないしょ話に関心のある人も多いだろう。



総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。



ハコスカないしょ話で思い出したけど、



日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。でも、日産ディーラーで純正の部品を見つけるのは難しいと思われる。ハコスカの部品を揃えるために必死に探し回る、というのも私も同じなので気持ちは分かります。しかし、そのためにはある程度のハコスカについての知識も必要となるのも事実だ。やはりスカイラインはハコスカのように勝利を飾り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思う!ハコスカのパーツをオリジナルで開発して販売するショップが増えてきているね。 オークションでも通販でも、売られている部品は純正よりもオリジナル開発したパーツや、他車パーツを加工して売っているのがほとんどだ。 これだけ希少価値の高いハコスカだと、その方が安くて便利だったりもする。ハコスカなどの絶版車は交換の部品もすぐには見つかりない。部品交換が必要なケースでは、まず中古品を探する。しかし、出てきた部品も良い状態とは限りない。どうしてもないレストアパーツに関してはワンオフで現車に合わせて作るほかにはないが、それにしてもなんでも揃えてしまうのはまさに専門店のお店のネットワークなのだろうね。 現在でもエンジンのパーツに関してはチューニングメーカーさんでも開発しているようで、パワーアップに関しての部品はとてもたくさんある。チューニングパーツだけでエンジンが1基出来上がってしまうんではないだろうか。中古車で何処からか探してきたレストアベース車をお店に持って行ってフルレストアされる方も多いね。 お店にお願いすると、3ヵ月もの猛スピードで仕上げてくれたりする。 レストア後は外装もピカピカ!内装もぴカピカ!エンジンルームもエンジンもピカピカ!ほんとにすごい! いったいどこからレストアパーツを取り寄せているのだろうか…。ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。



まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR



6気筒モデルはフロント、リア共にハコスカと同じで、フロントがストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式なのだが、一方の4気筒モデルが、フロント側がセミストラット式で、リア側はリーフリジット式となり、ハコスカとは少し変更になっていた。 他にもハコスカから変更点があったのが、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれ、一目見るだけでスカイラインとわかるくらいの特徴となった丸型4灯のテールライトだ。 丸型4灯は4ドアGTのモデルと2ドアのハードトップの全グレードに採用となった。そして海外輸出用にL26型が登場し、そして1975年に最大排気量を誇るL28が誕生した。この大排気量エンジンをさらにボアアップして3.1リッターへと改造する人も少なくない。 さらに今ではハコスカGTRへ、現在よく知られているRB26エンジンを搭載してチューニングする人も多い。こちらのシリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものだ。1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。 そして同年の10月にマイナーチェンジ。



発売当初のケンメリは先代のエンジンと比べられてしまい、どうしても遅いイメージができてしまいた。ハコスカがあれだけのインパクトがあればしょうがないけどね。ハコスカに比べて、重くなってしまったケンメリスカイラインだが、足廻りも少し違いがあった。そのこともあってなのか、2か月後にはL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTシリーズが発売となった。 ハコスカのチューンアップが好きな人にはまだまだ満足できなかったようだが、こうしてL型のハコスカが誕生した。スカイラインが日本の名車となった第一号のハコスカGTRは44年に発売開始となったね。でも、全く部品が手に入らないわけではない。その中でまだ部品が手に入りやすいといったら、ハコスカだろうか。チューニングメーカーもエンジン部品を出してますし、エンジン自体も旧車に強い店であれば中古で置いているところもあったりする。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。



V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。



ハコスカないしょ話、これからも話題になりそうだ。




ハコスカないしょ話関連の情報は、次のサイトにもあるよ。



ハコスカ 高橋国光 ゼッケン15仕様 完成(;´ `A``| _I LOVE-JAPAN_

ハコスカ ないしょ話 ダメな大人 ヨン爺ぃ TOMITAKU.COM B110 B310TSサニー S3… BAN-BANテレビ 【MBS】吉竹史アナ 本村彩織の良い物は良… 東京ブラススタイル さるまりプレゼンツH… NFS CARS LIGHT BLUE Seigo's page 飯田企画 ワイルドスピードメガマックス ハコスカ ハコスカ ホイール

ameblo.jp/y-skyline/entry-10439048196.html



ハコスカ ないしょ話

ハコスカ ないしょ話 和歌山市ヒストリックカークラブオフィシャルブログ ... 吉野イベントで歌ってたシンガーソングライターの岸岡ちなみさんです。 見た目はまったく普通の女の子って感じだが、歌を聴くと足が止まった。 ハコスカおやじの奮闘記 プロテック ハコスカ

blog.goo.ne.jp/kunimitsu1225



_I LOVE-JAPAN_

ハコスカ ないしょ話 ダメな大人 ヨン爺ぃ TOMITAKU.COM B110 B310TSサニー S3… BAN-BANテレビ 【MBS】吉竹史アナ 本村彩織の良い物は良… 東京ブラススタイル さるまりプレゼンツH… NFS CARS LIGHT BLUE Seigo's page 飯田企画 ハコスカ久保田 ハコスカ ブログ

ameblo.jp/y-skyline



ミハエル・クルム - goo ニュース

日産 GT-RのGT3バージョンが月末デビューか!? (アールエス・タカマツ 店長のブログ) 第4戦カートレースレポート (ハコスカ ないしょ話) なでしこ代表発表“2チーム制"で五輪切符だ!ハード日程対応へ (Spopreとか ... ハコスカ 価格 ハコスカ おやじ

news.goo.ne.jp/keywords/



ハコスカ 配線周り 画像 pdf kr

レストアガレージ360 復元カレラ 公式ブログ ... RPM社長の愛車 Excerpt: 先日同級生が、今では珍しい「ハコスカ」に乗って颯爽とカットに来てくれました。http://pub.ne.jp/fukugencarrera/?cat_id=99209 地獄のハーネス交換 - ハコスカ ないしょ話 ハコスカ ホイール ハコスカオヤジの奮闘記

www.96147.com/kr/ハコスカ%20配線周り%20画像.html


ツヴァイのサービス内容