ハコスカ部品なら


ハコスカ部品について色々な情報を検証してみた。



発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。



ハコスカは今や30年も前の車だから、やはり乗り始める前にはレストアが必要だよね。 ところで、レストアとは「回復する」という意味なのだが、こういったハコスカなどの車関係の場合は復活させるという意味になるそうだ。 普通の事故車や壊れた部分を直す修理とは別で、ハコスカなどのビンテージモデルや古くから保存している物の修復や復元といった意味合いで使われる言葉だ。安心して乗っていられるような車ではないからね。車を探しつつ、知識をつけ、ハコスカ車を扱ってくれるお店を探すこともすごく重要だ。ハコスカにはオーナークラブがあるので、そこでハコスカについてのいろいろな情報を仕入れることができます。



ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響もあり、ケンメリGTRはわずかに197台しか生産されなかったのだ。 そのうち販売されたのは195台だけで生産終了になり、レースに出場することもなかった。 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名だ。また、現実問題として、ハコスカは純正の部品が調達できないという事もあるからね。 そういった背景もあり、こういったレストアが始まったのだね。ハコスカのRBエンジン搭載のコンプリートカーはオートマも選択できるようで、まさにのんびり旧車を楽しみたい人にはぴったりだね。あの頃の日産は1年ごとにマイナーチェンジをしていた。当時のスカイラインに対する意気込みを感じますね。 しかし、パーツが細かく分かれてしまい、生産年数も短いことからパーツはとても少なくて今では手に入らないものが多いというのが残念だ。ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。それとライト枠や真ん中のグリルはレプリカがたくさん出ていて入手は比較的可能だね! フロントウィンカーの間の部分には細いメッキモールがあって、通称ヒゲと呼ばれているね。 このヒゲの部分は今となっては入手困難だ!しかし!これが有ると無いとでは、グリルの印象が全然違うんだよね。 形状が難しくてチューニングショップさんがレプリカを作ったとしてもコスト高になってしまいそう…。現在では300万?500万くらいで販売されてるはザラにあるが、1000万を超えて販売されてるのは初めて見た。 相当な極上車だった!それだけするなら当たり前だけどね!エキマニとかにチタンが使われていた!なんでわざわざそんな高価な材料を?と思うが自己満足の世界だからね。そういうのもアリなんだろう。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。



今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。一昔前のころは、中古車流通のしくみが整っていなかったので、ディーラーが自社で販売しきれない下取り車を、独立系の中古車販売業者に渡す形で流通していた。 それからオークション形式で、業者同士での取引が各地で行われたり、衛星を使ったネットオークションなどが行われるようになってからは、中古車買い取り専門店や特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども登場した。 最近では、トヨタでも買い取り専門店をチェーン展開してT?UPを立ち上げるなどして、メーカーやディーラーでも中古車に力を注ぐようになったね。やはり、中古車の中にはとんでもないものもあるよね。 今は規制がされて落ち着いているが、少し前のころは、交通事故などで破損した中古車を修理している業者の中に、事故者ということを隠して販売している業者がいて、事故が原因の気付かれにくい欠陥があるのにもかかわらず、乗り続けているうちに、欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危険性の高い中古車もあった。 また、ニコイチと言われる事故車2台を使って事故の影響を受けてない部分をつなぎ合わせて1台を仕上げるという粗悪品の中古車も存在するよね。もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。ファインパーツは小売はしていないが、ラバーソウルなど全国で代理店契約をしているハコスカなど旧車専門ショップなどに卸しているので手に入れる事が可能だ。もちろん消耗の激しい部品もたくさん復元販売してますので、ハコスカを愛する人達もこれで安心だね!中古車をこれから選ぶ時、特にハコスカであれば、資金に余裕がなければ難しいだろう。 気に入った車が見つかってもお金の工面をしているうちに、他のお客さんに取られてしまう…。毎年と言うほどマイナーチェンジをしていた日産だが、年々コスト削減の傾向がチラチラと見えてしまうのが何とも切実なところだ。GTRがまた復活する!! ハコスカから始まったGTRシリーズが、10代目で終了してしまい、後代のスカイラインからは、エンジンも直列6気筒の伝統のRBエンジンでなくなってしまって、ハコスカ時代からの日産ファンが肩を落とされたかと思う。 私もその一人だった。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。



ハコスカ部品と言えばこんなのも。



量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。



ハコスカ部品、今後も話題になりそうだよ。




ハコスカ部品に関する情報を集めてみた。



ハコスカ 板金部品

ハコスカ用オリジナル部品のページ 当社が鈑金・レストアをする際に、よく交換する箇所を中心に 作製しております。 鉄板部品の交換には、溶接機器などの専用工具が必要となります。 又、取付方法等でご不明な点がございましたら、 旧車 ハコスカ ハコスカシートベルト

www.n-classiccar-jp.com/parts/oliginal/



ハコスカ専門店、ハコスカ車検整備、ハコスカチューニング、ハコスカパーツ販売 ...

パーツだけではなくハコスカの歴史にも触れることが出来るコンセプトを目指しました。 いつでもご来店ください、スタッフ一同心からお待ちしております。その際はお手数ですが事前にお電話くださるようお願い ... ハコスカ グリル 石坂自動車 ハコスカ

victory50.com/index2.html



【楽天市場】自動車関連 > 各種パーツ > ハコスカ関連:通販のe-問屋

プリンタインクが安い! PCパーツが安い! キャノン hp ブラザー エプソン デル レックスマーク 詰め替えインク PCパーツ サプライ品 ... ハコスカ用リプロダクションパーツ ハコスカ「S013」 GT-R GT-X専用 アクセルロッドブーツ 1 280円 税込、送料別 ハコスカないしょ話 ハコスカ エンブレム

item.rakuten.co.jp/dragonjapan/c/0000000324



ハコスカ - パソコンパーツ プリンター用インク iPhoneグッズのe問屋

自動車関連 - ハコスカ from パソコンパーツ プリンター用インク iPhoneグッズのe問屋 ... ケンメリ用「S099」スカイラインケンメリ用時計メクラカバーメクラ蓋 ケンメリ用「S099」 スカイラインケンメリ用時計メクラカバーメクラ蓋 【商品詳細】 ケンメリの時計 ... ハコスカ 痛車 ハコスカgtr 中古

www.e-tonya.org/categories/c-271_344.html



ハコスカ 板金補修用部品 3点セット GT-R/GTX/GT - Yahoo!オークション

ハコスカ レストア・板金補修用部品カウルパネル・ロアパネル・フロントフェンダー3点セット特価品 商品詳細ハコスカ 補修用部品のカウルパネル・ロアパネル・フロントフェンダーを3点セットにしたお買い得セットです。カウルパネルコネクターは、オリジナルから型 ... スカイライン ハコスカ 石坂自動車 ハコスカ

page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e104639579


ツヴァイのサービス内容