ハコスカ部品の口コミ情報


ハコスカ部品に関する情報を見つけたよ。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。そして周りの人からは買ってくれる話が誰からもなかった。だからオークションに出す。という流れだと思う。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。あの頃の日産は1年ごとにマイナーチェンジをしていた。当時のスカイラインに対する意気込みを感じますね。 しかし、パーツが細かく分かれてしまい、生産年数も短いことからパーツはとても少なくて今では手に入らないものが多いというのが残念だ。ハコスカと比べると少し重量が増して重くなってしまったのだが、ケンメリはバリエーションがとても多く、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン、バンとかなったくさんのモデルがあった。 ケンメリの、セダン、ハードトップは4気筒エンジンと6気筒エンジンのモデルがあり、フロントノーズの長さとホイールベースの長さが違っていた。 スカイラインの伝統とも言えるサーフィンラインは折り目のあるシャープなデザインに新しくなったね。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。



ハコスカ部品と言えばこんなのも。



数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。それにしてもエンジンの内部を80%も改良することで40馬力もアップするというのだから相当のパワーロスがあったのだろうか?それともかなり高回転仕様になったのだろうかね?もう今となっては、ハコスカ中古車の部類しか存在しない車だね。 中古車といえば、新車を購入したユーザーがいずれ次の車に乗り換える為、それまで乗っていた車をディーラーに買取りさせるか、中古車業者に売却処分されることになってしまうよね。 ディーラーや中古車業者に買い取られた車は、いったん整備されて販売されたり、中古車オークション市場に出されることがほとんどだ。総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。



かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。ハコスカのほかにもS30ZなどにもRBエンジンを載せるレストアも存在するようでこれからは新しいチューニングの世界が広がりそうだ。今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法だが、そのレストア法を専門としているお店もあるようだ。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備してのコンプリートカーなんだ! やはりこだわっている人からすれば希少価値の高いビンテージカーなのでオリジナリティーを損なうエンジン載せ替えなどは一般的ではないのだが、一方では、「憧れの旧車のハコスカをメンテナンスフリーで乗り回せたら」という意見も存在するのだ。たくさんのハコスカを見てきたし、目の前でハコスカが壊れるのも見てきた。 たくさんの壁紙も見てきた。特に壁紙はかなりの数だね…。現在ではすっかり浸透している丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が一番に覚える特徴であると思っている。 V35スカイラインになり、伝統とも言える丸型4灯が無くなってしまったときは、私も少し落ち込んでしまいたね。と言っても、光れば丸型なんだが、FUGAも同じような丸型になってしまっているので、スカイラインだけじゃなくなってしまったというのは何かさびしいものがあるね。もう今さらやっぱりハコスカがほしいと思ってもなかなか簡単には手に入らないが、それでも大金を払ってハコスカを買いなおす人もいるよね。 もう30年も前の車になるから、走行距離や事故歴なんてのはもうどうでもよくなっていると思う。 といっても、フレーム修正くらいの大きな事故車はちょっと敬遠してしまうが…。そして海外輸出用にL26型が登場し、そして1975年に最大排気量を誇るL28が誕生した。この大排気量エンジンをさらにボアアップして3.1リッターへと改造する人も少なくない。 さらに今ではハコスカGTRへ、現在よく知られているRB26エンジンを搭載してチューニングする人も多い。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入された。エンジンはGT系統と同じでL20型だが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようだ。その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されているよね。



とってもお気に入りだね。 ほかにも日産のホームページににもあるね?。かなりのモノが! 至る所から集めまくっております!チューニングショップが自社で手掛けた車を壁紙として配布しているところも多いよね。4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになった。 そして同年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加した。 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させた。しかし、やっぱり部品取りを所有している人はうらやましい限りだ(笑)最近は、ハコスカ壁紙をよく探しまわっている。 近代的にパソコンを駆使してネットサーフィンをしながらいろんなハコスカの壁紙を集め回っております。 でもスカイラインで検索しても全然出てこないんだよね!ハコスカと検索しないと欲しい壁紙にはなかなか巡り合えない。



ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。



ハコスカって言えばスカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きだ。 ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからだ。 ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。



ハコスカ部品、今後も注目だ。




ハコスカ部品については、次のサイトも見てね。



ハコスカ - パソコンパーツ プリンター用インク iPhoneグッズのe問屋

自動車関連 - ハコスカ from パソコンパーツ プリンター用インク iPhoneグッズのe問屋 ... ケンメリ用「S099」スカイラインケンメリ用時計メクラカバーメクラ蓋 ケンメリ用「S099」 スカイラインケンメリ用時計メクラカバーメクラ蓋 【商品詳細】 ケンメリの時計 ... ハコスカ エンブレム ハコスカのレストア

www.e-tonya.org/categories/c-271_344.html



部品倉庫

【写真右】 70年(昭和45年)のハコスカGT-R用バックミラーです。 此方は510ブルーバードの同年式とまるっきり同じ部品です。 45用はS30Zと共通部品だと、おっしゃる方もいますが、 ハコスカ 4ドア ハコスカgtr 中古

hakosuka.rakurakuhp.net/i_120020.htm



RSSTARTハコスカ、GT?R、スカイライン、フェアレディZ、ケンメリ、新車中古車 ...

RSスタート、ハコスカGT?R、スカイライン・フェアレディZのチューンナップ、タイヤ、ホイール、各パーツ販売、RSスタート ... 当社は1977創業以来日産車を中心にメンテナンスや板金など行なっております。特にハコスカやS30フェアレディの入庫が多く他社で ... GT5 ハコスカ 音更ハコスカ

rsstart.com



絶版車:旧車:販売専門店:ハコスカ、ケンメリ、Z:絶版車買取イーストカー|茨城県 ...

茨城県取手市の絶版車:販売・買取専門店。ハコスカ フェアレディーZ等絶版車のレストア ブラスト 板金 塗装 買取 パーツ販売はイーストカーにお任せください。 ... 絶版車:販売・買取専門店 イーストカー 主な業務 絶版車販売 パーツ販売 絶版車 ... ハコスカ タコメーター ハコスカおやじの奮闘記

www.kuruma.co.jp/osusume.htm



【楽天市場】自動車関連 > 各種パーツ > ハコスカ関連:通販のe-問屋

プリンタインクが安い! PCパーツが安い! キャノン hp ブラザー エプソン デル レックスマーク 詰め替えインク PCパーツ サプライ品 ... ハコスカ用リプロダクションパーツ ハコスカ「S013」 GT-R GT-X専用 アクセルロッドブーツ 1 280円 税込、送料別 三木市 ハコスカ ハコスカ親父

item.rakuten.co.jp/dragonjapan/c/0000000324


ツヴァイのサービス内容