ハコスカ キャッツアイに関して


ハコスカ キャッツアイについて、最近よく耳にする。



現在では300万?500万くらいで販売されてるはザラにあるが、1000万を超えて販売されてるのは初めて見た。 相当な極上車だった!それだけするなら当たり前だけどね!エキマニとかにチタンが使われていた!なんでわざわざそんな高価な材料を?と思うが自己満足の世界だからね。そういうのもアリなんだろう。そんな時はダメになった部品と中古の部品の両方をバラし、良い所だけを組み合わせて、ひとつの部品を作りあげるのだ。ハコスカグリル違いで顔の表情が本当にたくさんあるよね。 人によっては、好みも全然違うから、それがまた特別に愛着がわく理由とも言えます。ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。6気筒モデルはフロント、リア共にハコスカと同じで、フロントがストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式なのだが、一方の4気筒モデルが、フロント側がセミストラット式で、リア側はリーフリジット式となり、ハコスカとは少し変更になっていた。 他にもハコスカから変更点があったのが、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれ、一目見るだけでスカイラインとわかるくらいの特徴となった丸型4灯のテールライトだ。 丸型4灯は4ドアGTのモデルと2ドアのハードトップの全グレードに採用となった。スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。ハコスカって言えばスカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きだ。 ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからだ。 ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。



 しかし、当然のように限界があるわけで、いずれはどの部品も手に入らなくなってしまう。実際に部品がが無いという理由によって泣く泣く愛するハコスカを手放してしまった、という友人もたくさんいる。寂しい話だよね?だけど、そのような状況でもハコスカを絶対に手放したくない人達へちょっとだけアドバイスを…有名なハコスカGT?Rオーナー、黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げている。もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。



ハコスカ キャッツアイで思い出したけど、



公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。なかには1台レストアするのに2台?3台の部品取りを使っているかも知れない。 フレームがなければレストアしたくても元がないからあきらめざるを得ない。 そこで提案!もし部品取りとして3台以上持っている方がいたら・・・・・これも何かの縁だ!手放してみましょう!(笑) 若者に夢を託しましょう!ただの中古車としてガレージで眠っているハコスカを走らせてあげましょう!私は部品取りなんて所有していい人間ではないので、持っていないが・・・。



一昔前のころは、中古車流通のしくみが整っていなかったので、ディーラーが自社で販売しきれない下取り車を、独立系の中古車販売業者に渡す形で流通していた。 それからオークション形式で、業者同士での取引が各地で行われたり、衛星を使ったネットオークションなどが行われるようになってからは、中古車買い取り専門店や特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども登場した。 最近では、トヨタでも買い取り専門店をチェーン展開してT?UPを立ち上げるなどして、メーカーやディーラーでも中古車に力を注ぐようになったね。ハコスカなどの絶版車は交換の部品もすぐには見つかりない。部品交換が必要なケースでは、まず中古品を探する。しかし、出てきた部品も良い状態とは限りない。ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。



ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。ハコスカと比べると少し重量が増して重くなってしまったのだが、ケンメリはバリエーションがとても多く、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン、バンとかなったくさんのモデルがあった。 ケンメリの、セダン、ハードトップは4気筒エンジンと6気筒エンジンのモデルがあり、フロントノーズの長さとホイールベースの長さが違っていた。 スカイラインの伝統とも言えるサーフィンラインは折り目のあるシャープなデザインに新しくなったね。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっているね。 あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証だった。ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんだ。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。) ●ハコスカ・ケンメリGT-R用の「チタン タコ足・マフラー」●「キャンバー ゼロ」●ハコスカGT-R ハードトップ用の「ウェザーストリップ」 私も「ハコスカ」の一ファンとしてファインパーツを応援している!車が好きで始めた壁紙収集はつきることがないね。 いままでにハコスカやGTRの壁紙を何千枚、何万枚と集めてきただろうか。 そのたくさんの壁紙で多いのは、やはりハコスカ!そしてGTRシリーズだね。



バンパーに関しては、オーバーライダーが廃止になった。 コスト高と思われるところが次々に廃止になっていきます…。残念だ。



ハコスカ キャッツアイ、今後も話題になりそうだよ。




ハコスカ キャッツアイ関連の情報は、次のサイトにもあるよ。



行事日程

北海道 キャッツアイバス ゲームの景品 非売品 8 ホンダオリジナルチョロQ エリシオン 来場プレゼント。 ... トヨタS800(赤、青)、ベレット(オレンジ、イエロー)、ハコスカ(ホワイト、シルバー)の6種 各1260円 ハコスカエンジンラジコンの動画 ハコスカおやじの奮闘記

www2.tokai.or.jp/sumiya/choroq/200501.html



よせがき.in -お絵描き掲示板・寄せ書き掲示板-

よせがき.in -お絵描き掲示板・寄せ書き掲示板 ハコスカ カタログ ハコスカgtr 中古

yosegaki.in



2007年12月のアーカイブ - 旧車アメ車な自動車屋さん

ハコとタホの奥にはアストロのセカンドシートとサードシートにキャッツアイグリルが 原付二台も実は旧車とアメ車な感じをかもし出してます^^ ... 今回のハコスカはかなり個性的なスタイルになってますが・・・ その中でもスモークヘッドライトがひときわ目立ちます! ハコスカ ひめ ハコスカ キャッツアイ

doraemongo.blog.hobidas.com/archives/month/



ハコスカ乗りのスペース | ハコスカ乗り(持ち?)の大学生(無事なりました?)が ...

ハコスカ乗り(持ち?)の大学生(無事なりました?)がだらだら気の向く時にメモ程度の駄文を書くページです。 ... 里のEP(キャッツアイ・気ままにREFRECTION)も買っておけばと後悔 後PCモニターが3野口チョイで置いてあった。 ハコスカ 壁紙 ハコスカ プラモ

skyline46kgc10.wordpress.com



湾岸ミッドナイト3DXについて話そう | ゲームセンター

箱根でのハコスカは強いですよーーーー 957 悪魔のZ [2010/03/24(水) 16:19:20] てことは、コーナーに強い車なのかな? ... この間町田のキャッツアイで女性の方が やっているとこ見ました。 って言うか乱入されました。 980 GT?R [2010/04/10(土) 11:05 ... ハコスカ ホイール ハコスカ レース

www.casphy.com/bbs/test/read.cgi/gamecenter/


ツヴァイのサービス内容