ハコスカ バンに関して


ハコスカ バンについて色々な情報を検証してみた。



きっと、ここだけは何処もやってはくれないだろうね。 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いている! でもなぜかGTRにはついていないんだ。不思議だね。スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。



まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。昔の純正パーツよりも、オリジナルパーツの方が断然安く販売されているので、その市場に業者さんがどんどん参入してきたんだろうかね。 でもその方が、さらに価格競争も始まってきますから、消費者である私たちにとってはいいことだね。 技術の競争にもなって良いオリジナルパーツがどんどん登場していけば、いずれはオリジナルパーツだけで1台作ることが出来るようになるかもしれない!そうなれば世の中にハコスカがきっと増えていくはず…。たくさんのハコスカを見てきたし、目の前でハコスカが壊れるのも見てきた。 たくさんの壁紙も見てきた。特に壁紙はかなりの数だね…。 しかし、当然のように限界があるわけで、いずれはどの部品も手に入らなくなってしまう。実際に部品がが無いという理由によって泣く泣く愛するハコスカを手放してしまった、という友人もたくさんいる。寂しい話だよね?だけど、そのような状況でもハコスカを絶対に手放したくない人達へちょっとだけアドバイスを…有名なハコスカGT?Rオーナー、黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げている。ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。



ハコスカ バンで思い出したけど、



もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。エアロダイナルックは効いていたのだろうか?気になる。



6気筒モデルはフロント、リア共にハコスカと同じで、フロントがストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式なのだが、一方の4気筒モデルが、フロント側がセミストラット式で、リア側はリーフリジット式となり、ハコスカとは少し変更になっていた。 他にもハコスカから変更点があったのが、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれ、一目見るだけでスカイラインとわかるくらいの特徴となった丸型4灯のテールライトだ。 丸型4灯は4ドアGTのモデルと2ドアのハードトップの全グレードに採用となった。もう今さらやっぱりハコスカがほしいと思ってもなかなか簡単には手に入らないが、それでも大金を払ってハコスカを買いなおす人もいるよね。 もう30年も前の車になるから、走行距離や事故歴なんてのはもうどうでもよくなっていると思う。 といっても、フレーム修正くらいの大きな事故車はちょっと敬遠してしまうが…。しかもハコスカともなると、一般的な目利きでは太刀打ちできない。やはり現在はネットでなんでも見れる世の中だから、インターネットなどを使って日頃からとても勉強されていることかと思うが、今ではネットの普及で、インターネットの通販で車を買ってしまう人もいるくらい。 オークションなども安く手に入る可能性もないこともないが、考えてみると、ハコスカをオークションに出す前に周りの人に話すと思うのだ。エンジンに合わせたトータルバランスを考えなくてはいけないから。 実際にコンプリートカーの値段は500万を超えるものもしばしば。だが、そうまでしてこだわるというのは、やはりハコスカGTRという車がそこまだる価値のある車という事なのだろうね。これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっているね。 あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証だった。ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんだ。そんなハコスカを愛する人達にとって神様のような存在のファインパーツ 職人かたぎ事業部は、かなりの製作時間を必要とし決して楽とは言えない車の部品製作に必死に取り組み、みなさんと一緒に開発・製作していきたいと考えているそうだ。開発進行中パーツ(試作品)の一例を紹介する。(※開発商品は業者販売のみで一般小売りはいたしない。車としての扱いは中古車となるが、その値段はというと、現行のスカイラインの新車価格を超える勢いだ。 ハコスカもここまで来ると自己満足の神の域に達してしまいそうだ。 ハコスカを買う側としても、まずは買うために、奥さんの説得から始めるだろうから、その苦労は相当なものだと言えますね。



だとしても日頃からのメンテナンスのマメさの違いで旧車はすぐに違いが出てしまうから気をつけなければいけないね。 熟練した板金の職人さんとかになると、顔を見ただけで、いい顔してるな!とかなんか悪いことしてないか?といった感じでズバリ言い当ててしまう! 本当に驚きだよね!私もいずれはそこまでわかるようになったいね。ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。



ハコスカは今や30年も前の車だから、やはり乗り始める前にはレストアが必要だよね。 ところで、レストアとは「回復する」という意味なのだが、こういったハコスカなどの車関係の場合は復活させるという意味になるそうだ。 普通の事故車や壊れた部分を直す修理とは別で、ハコスカなどのビンテージモデルや古くから保存している物の修復や復元といった意味合いで使われる言葉だ。ちなみに、2ドアのGTRもこのグリルをベースにしてデザインされた。GTR用のグリルは比較的手に入りやすいようだね。 当時はこの縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルを流用したりしてGTR仕様にするドレスアップが流行っていたね。本当にさまざまだ。 さっきの中古車屋さんの話だが、管理もずさんでボロボロなのに、私が譲ってくれ!というと到底見合わないような金額を提示してきます…。なんて世間知らずな!ハコスカがかわいそうだよね!!ハコスカは、車好きの人にとっては永遠の名車だよね! 今では残念ながら中古車でしか存在しない。しかし、2ドア、4ドア、GTRとも兼用なので、レプリカにて3タイプのモデルともに比較的手に入りやすいね。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれる! 人それぞれでグリルの趣味もさまざまで、好みもハコスカのこだわりも違う。 そこで、たくさんあるグリルの中から、GTXの追加で今までのハコスカよりもワイルドで、そしてゴージャスさを狙っていたのではないかとも思える最終型に関して、GTRルックなハニカムになり、さらにはピカピカの鼻の穴センターグリルの組み合わせだ! このモデルのグリルも今では入手困難のレアものとなってしまって、なかなか見つからないのだが、意外と中古車屋さんのパーツコーナーに転がっている確率が高めのタイプなんだ! 当時はGTR仕様真っ盛りだったから、みんなGTRグリルに変えてしまっていたからね。



ハコスカ バン、これからも目が離せない。




ハコスカ バン関連の情報は、次のサイトにもあるよ。



【みんカラ】 2010年一発目!/「ハコスカ・バン(ステージア改)」登場 ...

「2010年一発目!/「ハコスカ・バン(ステージア改)」登場!/他人の褌で相撲情報。」について - hata-tzm のブログです。Powered by みんカラ ... 皆さま、本年も宜しくお願い致します! <carscoop.blogspot.com/Nissan Skyline GT-R Station ... ハコスカ タコメーター YouTube ハコスカ

minkara.carview.co.jp/userid/440297/blog/16421561



絶版ルアルチョロQ 日産スカイラインSKYLINEハコスカVANバン仕様 - Yahoo!オークション

商品説明リアルギミックNo10サービスカー仕様日産スカイライン・ハコスカVANバン・新品未開封品ですので状態は画像をご覧頂きご判断下さい。 注意事項他にも絶版チョロQバラ多数出品致しますのでPushしてご覧下さい!ご質問御座いましたらお気軽に ... ハコスカgtr 中古 ハコスカ部品

page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g76811093



VC10系 日産 スカイライン バン ハコスカ :: CORISM

CORISMトップ > 達人一覧 > ダーワ教授 > TATSUJIN Re-Mix > 【10/6レポート追加】カスタムカーが大集合 第9回オールオッズナショナルズ“ Late Model Crown Day ”レポート! > VC10系 日産 ... 湾岸ミッドナイト3dx+ ハコスカ プロテック ハコスカ

221616.com/corism/articles/0000049651



ハコスカバン VPC10改公認車 | みんなの気になる国産旧車オークションBlog

on ハコスカ1800 8/19 こちらは売れてしま… on 日産・ローレル 部品取車付き ハードトップKPC30 8/19 出展者ではありませ… ... 日産 車種名:スカイライン ハコスカ グレード名:デラックス バン 年式:昭和47年 走行距離:27 115km 車検有効 ... 湾岸ミッドナイト3dx+ ハコスカ ハコスカ RB

sky.ap.teacup.com/deluxeline/272.html



ニッサン スカイライン バン (サービスカー) トミーテック トミカリミテッド ...

トミカリミテッド ヴィンテージ LV-50b「ニッサン スカイライン バン (サービスカー)」です 「ハコスカ」の愛称でお馴染みの3代目となる「スカイライン」、この「バン」タイプを再現 バンボディながら美しいデザインで、実用性も兼ね備えた車でした ハコスカおやじの奮闘記 ハコスカのレストア

www.ms-plus.com/search.asp?id=24422


ツヴァイのサービス内容