ハコスカ 改造に関する情報


ハコスカ 改造について調べてみた。



きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。壁紙や画像はないが、実はスカイラインという車は初代モデルからレースには参戦していたのだ。 ハコスカがあまりにも華々しいため、てっきり3代目からのレース参戦と思っている方も少なくないと思う。と言っても本格的に参戦したのはS54型の頃からだそうだ。周りの人に話をしても一切買ってくれる人がいなかったのであればそれまでの車だということではないだろうか。 もしくは、友達が全然いないか…。 とにかく、中古車は、特にハコスカはやはり実際に見てから決めましょう。ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。この数は歴代の10代目までのスカイラインの中では10.4%にしかならない。 そして意外なのが、次の世代のケンメリの方が販売台数は670,562台でハコスカよりも2倍以上多いのだ。といってもGTRはケンメリは197台しか販売されてないんだが…。



社長さんのハコスカから実際にレースに参戦しているレースカーをされていたりと誰もが目を奪われる。 ハコスカ一筋だべてをハコスカに注いだラバーソウルさんならどんなハコスカでも作ってくれそうだね。ラバーソウルさんでは純正を極限まで再現したレプリカパーツを販売しており、純正部品が高すぎて買えないようなことがあれば何でもラバーソウルさんに電話して聞い方がいいね。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。



もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。一昔前のころは、中古車流通のしくみが整っていなかったので、ディーラーが自社で販売しきれない下取り車を、独立系の中古車販売業者に渡す形で流通していた。 それからオークション形式で、業者同士での取引が各地で行われたり、衛星を使ったネットオークションなどが行われるようになってからは、中古車買い取り専門店や特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども登場した。 最近では、トヨタでも買い取り専門店をチェーン展開してT?UPを立ち上げるなどして、メーカーやディーラーでも中古車に力を注ぐようになったね。しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。恐ろしい。 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんだ。



。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。でも、日産ディーラーで純正の部品を見つけるのは難しいと思われる。ハコスカの部品を揃えるために必死に探し回る、というのも私も同じなので気持ちは分かります。しかし、そのためにはある程度のハコスカについての知識も必要となるのも事実だ。そして当時のハコスカGTRの価格は150万円。それが今となっても取引価格は下回ることのない最も人気の旧車である。1969年にハコスカGTRが誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。ハコスカって言えばスカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きだ。 ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからだ。 ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。



簡単にはくっついてくれないからね…。 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。ハコスカをはじめとする絶版車はオーナーが思い入れで乗るクルマだ。1台1台がそれぞれ個性を持っており、誰でも簡単に運転できるというようなものではない。乗り手がクルマと真剣に向かい合い、癖や機嫌を学んでいくことで、ようやく初めて乗りこなせるようになるんだよね。



ハコスカ 改造と言えば、



本当にさまざまだ。 さっきの中古車屋さんの話だが、管理もずさんでボロボロなのに、私が譲ってくれ!というと到底見合わないような金額を提示してきます…。なんて世間知らずな!ハコスカがかわいそうだよね!!ハコスカは、車好きの人にとっては永遠の名車だよね! 今では残念ながら中古車でしか存在しない。



ハコスカ 改造、これからも目が離せない。




ハコスカ 改造に関しては、次も参考にしてね。



自動車修理改造工作

頑張らせて頂いております。 どうぞよろしくお願いいたします。 ハコスカのブレーキ改造 new new青洲の里↓ メール↓ ミニコンテッサ記・少しアップしました。 ミニコンテッサ・レストア記 ヤフオク出品中 ワイルドスピード ハコスカ ワイルドスピード mega MAX ハコスカ

www.geocities.jp/cosmos713jp/index.html



平凡パンチ当時物秋吉久美子ハコスカ改造模型飛行機映画ヒーロー - Yahoo!オークション

平凡パンチ当時物秋吉久美子ハコスカ改造模型飛行機映画ヒーローのページトップに戻る ハコスカ セミワークス ワイルドスピード ハコスカ

page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d90991616



後期型のハコスカ ですが よく改造で純正のタコメーターを外して オートメーター等 ...

ベストアンサー“私も、昔オートメータを付けていました。確かにタコメーターのサイズが気になりますよね!私は自分で取り付けてはいませんが! もし、近くにオートメータのカタログや ...” オートアート ハコスカ ハコスカ 画像

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/



内装編

[ ホーム] [ 上へ] [ 外装編] [ 内装編 ] [ エンジン編] [ 足回り編] [ 吸/排気編] [ 電装編] PGC10改造日記 内装編 内装も手を入れないといけません。 トレー取付け 何時ものようにヤフオクでハコスカ君の部品をチェックしていると面白い商品が出品されています。 ハコスカとは ハコスカ マフラー

www2.tranzas.ne.jp/~kazu1/pgc10_04-02.htm



詳細情報 | RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ...

*フルレストアのハコスカの約3分の1の価格で、誰でも 気軽に乗れるとしたら!? 約40年前のクルマが、新車当時の状態と変わらず 乗り続けることは・・・実は簡単なことなのです。 出来る限りノーマルの状態で乗り、無理な改造はし ハコスカ 改造 ハコスカ レストア

www.rockyauto.co.jp/stock/detail.php?id=10314


ツヴァイのサービス内容