ハコスカ 改造に関連して


ハコスカ 改造について色々な情報を検証してみた。



いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。しかし、ハコスカとなると、そうまでしないと、もう手に入らないかもしれない。 私も、ハコスカの値段によってはニコイチでも大きな事故車でも買ってしまうかもしれないが…。現在、中古車市場でのハコスカの価格はとてつもないプレミアが付いていて、手に入れるのは年々難しくなってきたね。しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響もあり、ケンメリGTRはわずかに197台しか生産されなかったのだ。 そのうち販売されたのは195台だけで生産終了になり、レースに出場することもなかった。 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名だ。V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。



ハコスカ 改造に関しては、こんな話題も。



中古車で何処からか探してきたレストアベース車をお店に持って行ってフルレストアされる方も多いね。 お店にお願いすると、3ヵ月もの猛スピードで仕上げてくれたりする。 レストア後は外装もピカピカ!内装もぴカピカ!エンジンルームもエンジンもピカピカ!ほんとにすごい! いったいどこからレストアパーツを取り寄せているのだろうか…。今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。しかもオリジナル開発のパーツはなんでも揃っているね!いまの技術だったら加工するのも楽になってきて、もちろん取り付けをする時の技術も上がっているのでどんどんそういったお店が多くなってきた。 さすがにボディのパーツまでが何でも揃っているわけではないが。 しかも、やっぱり純正部品よりも安いんだよ。どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。



GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっているね。 あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証だった。ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんだ。そしてあの、こだわりを感じさせたヒゲのモールは廃止になってしまいた! やはりあのヒゲモールはコスト高だったんだろうね。それにしてもあっさり辞めてしまうのは少し残念だ。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれるね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR。現在ではすっかり浸透している丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が一番に覚える特徴であると思っている。 V35スカイラインになり、伝統とも言える丸型4灯が無くなってしまったときは、私も少し落ち込んでしまいたね。と言っても、光れば丸型なんだが、FUGAも同じような丸型になってしまっているので、スカイラインだけじゃなくなってしまったというのは何かさびしいものがあるね。そのせいもあって、意外と見つかることがあるのだと思う。 中には、ピカピカのセンターグリルの鼻の穴だけを外すというスタイルもあったね。 もしかしたら一番残ってるのは鼻の穴のグリル部分だけなのかもしれないね! バンパーに関にしては特に変更はなかった。



ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。



6気筒モデルはフロント、リア共にハコスカと同じで、フロントがストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式なのだが、一方の4気筒モデルが、フロント側がセミストラット式で、リア側はリーフリジット式となり、ハコスカとは少し変更になっていた。 他にもハコスカから変更点があったのが、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれ、一目見るだけでスカイラインとわかるくらいの特徴となった丸型4灯のテールライトだ。 丸型4灯は4ドアGTのモデルと2ドアのハードトップの全グレードに採用となった。ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。 さらに、その1年後、ハコスカの後期の誕生だ。2ドアのハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)に追加となった。



ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。きっと、ここだけは何処もやってはくれないだろうね。 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いている! でもなぜかGTRにはついていないんだ。不思議だね。



ハコスカ 改造、今後も注目だ。




ハコスカ 改造に関する情報を集めてみた。



後期型のハコスカ ですが よく改造で純正のタコメーターを外して オートメーター等 ...

ベストアンサー“私も、昔オートメータを付けていました。確かにタコメーターのサイズが気になりますよね!私は自分で取り付けてはいませんが! もし、近くにオートメータのカタログや ...” ハコスカ好きの部屋 ハコスカ 画像

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/



プライベーター万歳!ハコスカ好きの部屋

改造?改悪? 流用?それとも無駄足??(笑) Myハコスカ各種パーツ制作 &修復関連記事倉庫! 過去の記事倉庫その4 見に行った!参加した!! 旧車イベント関連記事倉庫! 過去の記事倉庫その5 ご要望につき ハコスカ s20 ハコスカ 愛媛県

hakosuka.run.buttobi.net



ハコスカ流用&改造パーツ制作記事倉庫

行き当たりばったりで思いつき・・・ Myハコスカ チューニング? 改造? 改悪? 手作業中心! ... 第34話 車高調作成 下をクリック 第35話 R32タイプMフロントキャリパーブラケット作成 下をクリック ヒロミ ハコスカ ハコスカ RB

hakosuka.run.buttobi.net/seisakunabi.htm



ハコスカGTR レストア:ハコスカGTR 箱型スカイラインの魅力

ハコスカGTRが好きで、ハコスカGTRの何に魅力を感じるか、ハコスカGTRの誕生から、スカイラインの歴史及び改造パーツの紹介を、自分の感想を交えて書きました。 ... ハコスカGTR誕生から今までの遍歴及びカスタムパーツ、レストアパーツについて ... ハコスカ マフラー ハコスカ GT-R 画像

blog.livedoor.jp/hotaru439/archives/50291625.html



平凡パンチ当時物秋吉久美子ハコスカ改造模型飛行機映画ヒーロー - Yahoo!オークション

平凡パンチ当時物秋吉久美子ハコスカ改造模型飛行機映画ヒーローのページトップに戻る 三木市 ハコスカ ハコスカ親父

page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d90991616


ツヴァイのサービス内容