ハコスカ ブログに乗るなら


ハコスカ ブログに関心のある人も多いだろう。



GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。とってもお気に入りだね。 ほかにも日産のホームページににもあるね?。かなりのモノが! 至る所から集めまくっております!チューニングショップが自社で手掛けた車を壁紙として配布しているところも多いよね。ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む人からは絶大な人気だった。 足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。よく「ツライチ」と言うよね。



ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。



どうしてもないレストアパーツに関してはワンオフで現車に合わせて作るほかにはないが、それにしてもなんでも揃えてしまうのはまさに専門店のお店のネットワークなのだろうね。 現在でもエンジンのパーツに関してはチューニングメーカーさんでも開発しているようで、パワーアップに関しての部品はとてもたくさんある。チューニングパーツだけでエンジンが1基出来上がってしまうんではないだろうか。どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。でも、やっぱりあのハコスカのエンジン音は忘れることはできないよね。1972年9月にC110型にモデルチェンジとなり、ハコスカの次の世代として誕生したケンメリスカイライン。 ケンとメリーのスカイラインのキャッチコピーから、通称ケンメリと呼ばれていた。壁紙や画像はないが、実はスカイラインという車は初代モデルからレースには参戦していたのだ。 ハコスカがあまりにも華々しいため、てっきり3代目からのレース参戦と思っている方も少なくないと思う。と言っても本格的に参戦したのはS54型の頃からだそうだ。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。ハコスカのほかにもS30ZなどにもRBエンジンを載せるレストアも存在するようでこれからは新しいチューニングの世界が広がりそうだ。今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法だが、そのレストア法を専門としているお店もあるようだ。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備してのコンプリートカーなんだ! やはりこだわっている人からすれば希少価値の高いビンテージカーなのでオリジナリティーを損なうエンジン載せ替えなどは一般的ではないのだが、一方では、「憧れの旧車のハコスカをメンテナンスフリーで乗り回せたら」という意見も存在するのだ。



ハコスカ ブログに関する情報は、こんなのも。



ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。



日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。現在ではすっかり浸透している丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が一番に覚える特徴であると思っている。 V35スカイラインになり、伝統とも言える丸型4灯が無くなってしまったときは、私も少し落ち込んでしまいたね。と言っても、光れば丸型なんだが、FUGAも同じような丸型になってしまっているので、スカイラインだけじゃなくなってしまったというのは何かさびしいものがあるね。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。会社の上層部では日産とプリンスの合併の話が進んでいる頃だね。そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。 箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスが合併した41年頃にはすでに作られていたそうだ。そして周りの人からは買ってくれる話が誰からもなかった。だからオークションに出す。という流れだと思う。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入された。エンジンはGT系統と同じでL20型だが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようだ。その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されているよね。最高速度200km/h。ゼロヨンでは16秒という当時としては驚異的な性能を誇ったGTRが誕生した。 他のグレードのハコスカとの違いは、GTRは大きくなったタイヤサイズに対応するために、リヤのフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点。



ハコスカ ブログ、今後も注目だ。




ハコスカ ブログ情報は、以下のサイトも参考に。



【みんカラ】 京都でハコとFXのってます 宜しくです!|ブログ|kazu3000 - 車 ...

「京都でハコとFXのってます 宜しくです!」 - kazu3000 のブログです。 ... 高雄旧車ミーティング2011 と き:2011年10月30日(日)AM9:00?PM3:00 雨天決行 ... Posted at 2011/08/09 18:35:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハコスカ 旧車 イベント ハコスカ フルレストア ハコスカ親父

minkara.carview.co.jp/userid/262831/blog



ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。 ... こんにちは、ゲストさん - ランダムブログ - Yahoo! JAPAN - ログイン - ヘルプ ハコスカ GT-R 中古 ハコスカ 愛媛県

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649



Amazon.co.jp: ハコスカ ブログ

"ハコスカ ブログ" の検索に一致する商品はありませんでした。 ... I ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 単行本 ¥ 1 995 スティーブ・ジョブズ II ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 ハコスカ プロペラシャフト ハコスカとは

www.amazon.co.jp/ハコスカ-ブログ/s?ie=UTF8...



【みんカラ】 ハコスカ ライフ|ブログ|ハコスカ君 - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ ...

「ハコスカ ライフ」 - ハコスカ君 のブログです。Powered by みんカラ ... 今朝、車に乗ろうとしたらガラスを割られていました! 石を投げられては割られたのではなく、ガス銃的な物? ハコスカエンジンラジコンの動画 湾岸ミッドナイト ハコスカ

minkara.carview.co.jp/userid/261315/blog



ハコスカ左ハンドル  - ハコスカ MEETING - 楽天ブログ(Blog)

... ハコスカ左ハンドル (車・バイク)楽天ブログ 【ケータイで見る】 【ログイン】 ... ハコスカ左ハンドル ハコスカ左ハンドル 5年前オールドタイマーに自分の記事が載った時連絡先を書いておいたら次のような電話がありました。 湾岸ミッドナイト3dxプラス ハコスカ 旧車 ハコスカ

plaza.rakuten.co.jp/hakosukahiroba/025000


ツヴァイのサービス内容