ハコスカ ブログについての情報


ハコスカ ブログに関して考えてみた。



私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。もう最初に買った人の心境は想像もできないね。 でも、今の時代となれば、初期型の方が価値が高くなることも多いから、ハコスカを現在もずっと所有されている方が居れば鼻高々なのかもしれないね。 そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長している。L型エンジンはシリンダーブロックの剛性が高く、チューニングのベースエンジンとして高いポテンシャルを持っていることで人気となった。L型エンジンは当初、セドリックのみに搭載されていたエンジンだが、C10型の登場の2カ月後にL20を搭載した2000GTが登場する。 そのL型エンジンは年々と排気量を大きくしたモデルが登場し、1969年にL24型が登場。しかし、2ドア、4ドア、GTRとも兼用なので、レプリカにて3タイプのモデルともに比較的手に入りやすいね。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれる! 人それぞれでグリルの趣味もさまざまで、好みもハコスカのこだわりも違う。 そこで、たくさんあるグリルの中から、GTXの追加で今までのハコスカよりもワイルドで、そしてゴージャスさを狙っていたのではないかとも思える最終型に関して、GTRルックなハニカムになり、さらにはピカピカの鼻の穴センターグリルの組み合わせだ! このモデルのグリルも今では入手困難のレアものとなってしまって、なかなか見つからないのだが、意外と中古車屋さんのパーツコーナーに転がっている確率が高めのタイプなんだ! 当時はGTR仕様真っ盛りだったから、みんなGTRグリルに変えてしまっていたからね。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。しかし、やっぱり部品取りを所有している人はうらやましい限りだ(笑)最近は、ハコスカ壁紙をよく探しまわっている。 近代的にパソコンを駆使してネットサーフィンをしながらいろんなハコスカの壁紙を集め回っております。 でもスカイラインで検索しても全然出てこないんだよね!ハコスカと検索しないと欲しい壁紙にはなかなか巡り合えない。かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。



バンパーに関しては、オーバーライダーが廃止になった。 コスト高と思われるところが次々に廃止になっていきます…。残念だ。だから、作業する場所、保管する場所は雨風をしのげる場所(ガレージなど)でないといけないし、整備書やら解体書やらも集めて、とにかくお金がかかります! お金持ちな大人の趣味とも言われるくらいからね。まさにお金もあって、時間もあるという裕福な人向けなのかもしれないね。 でも金払えばパーツが手に入るかというとそうではないから、どうしても時間をかけて仕上げるしかないんだよね。また、ハコスカ2000GTに外装・内装・エンジンまでもGTRのパーツを付けてGTR仕様としてチューンナップされる人も多いね。販売台数が少ないのでお金を積めば買えるかというとそうではない。 ファンの人の年代も20代から70代以上の方までとても幅広い。



発売当初のケンメリは先代のエンジンと比べられてしまい、どうしても遅いイメージができてしまいた。ハコスカがあれだけのインパクトがあればしょうがないけどね。ハコスカに比べて、重くなってしまったケンメリスカイラインだが、足廻りも少し違いがあった。



レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。そして当時のハコスカGTRの価格は150万円。それが今となっても取引価格は下回ることのない最も人気の旧車である。1969年にハコスカGTRが誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。ちなみに、2ドアのGTRもこのグリルをベースにしてデザインされた。GTR用のグリルは比較的手に入りやすいようだね。 当時はこの縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルを流用したりしてGTR仕様にするドレスアップが流行っていたね。ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。 さらに、その1年後、ハコスカの後期の誕生だ。2ドアのハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)に追加となった。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。簡単にはくっついてくれないからね…。 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。



ハコスカ ブログで思い出したけど、



ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。ハコスカって言えばスカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きだ。 ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからだ。 ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。外見はハコスカ。その心臓部は最新のGTRエンジン。しかし言葉では簡単に言えてもそれを実際にやってのけるのは至難の業だろう。やはり、中古車の中にはとんでもないものもあるよね。 今は規制がされて落ち着いているが、少し前のころは、交通事故などで破損した中古車を修理している業者の中に、事故者ということを隠して販売している業者がいて、事故が原因の気付かれにくい欠陥があるのにもかかわらず、乗り続けているうちに、欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危険性の高い中古車もあった。 また、ニコイチと言われる事故車2台を使って事故の影響を受けてない部分をつなぎ合わせて1台を仕上げるという粗悪品の中古車も存在するよね。



ハコスカ ブログ、今後も目が離せないよね。




ハコスカ ブログに関する情報を集めてみた。



ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。 ... こんにちは、ゲストさん - ランダムブログ - Yahoo! JAPAN - ログイン - ヘルプ オートアート ハコスカ ハコスカ バン

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649



ハコスカのブログとハコスカのyoutube

ハコスカに関するブログの紹介とハコスカのyoutubeを紹介 ... 往年の名車 スカイライン(通称ハコスカ)GTRがポルシェ、フエアレディZを押さえて疾走中です まさに老体に鞭打って 千葉県袖ケ浦市フォレストレースウエイにて ハコスカ セミワークス ハコスカ好き

blog.emachi.co.jp/blog/



ハコスカ 暴走族 ストリートレーサー - XYZ-JUNちゃんブログ

ハコスカ用のワークスやその他の部品等も実家に置いてあったのですがうちの親は何でもかんでも捨てる親なので全部捨てられてました。 ... 最後にこのブログを応援してくださる方は 是非とも以下のバナーをポチっとクリックして ランキング上げにご協力お願い ... ハコスカ プラモデル ハコスカ部品

blog.cool-xyz.com/2008/09/post-5.html



ハコスカ→T?

『 つ 』のブログ、ハコスカ→T?です。ハコスカを愛する『つ』のブログです。 ... 今、上映中? いや、もう終わったのかな? 「ワイルド・スピード・メガ・マックス」をご覧になられましたでしょうか? ハコスカ ホイール ハコスカ デフ

ameblo.jp/monohongt



ハコスカ!!|自動車販売のフレックス 旧車 横浜店ブログ

自動車販売のフレックス 旧車 横浜店ブログ ハコスカ!! 中古車販売・中古車買取のFLEX 旧車 横浜店ブログ記事です ... ども!! ぴか?る平岩です!! いきなりですが・・・ 明日・明後日と雪ですよ!!! オイラの地元の湘南地域では ハコスカ ワークス ハコスカ s20

www.flexnet.co.jp/zepan/yokohama/blog/


ツヴァイのサービス内容