ハコスカ RBを探すなら


ハコスカ RBについて、最近よく耳にする。



もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになった。 そして同年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加した。 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させた。きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。私は、日産の車しか乗ったこと無いので、評論家のような比べ方やレーシングドライバーのような評価などはできないがハコスカには自信がある。GTRも少しだけ自身がある!(笑) もう何でも聞いてくれ!というくらいに自信がある!といっても、すべて壁紙に関してのことなんだけどね!! この壁紙集めはホントにハマってしまいまして!ごはんも食べずに夢中になることもしばしばだ。 今探しているのは海外で撮られたハコスカの壁紙だ。



スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。やはり人々を魅了したスカイラインが3代目だよね。あの角ばったスタイルやガンメタの塗装がたまらなく渋い!ハコスカの総販売台数は310,447台。そのうちGTRはたったの1,945台しかない。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。



周りの人に話をしても一切買ってくれる人がいなかったのであればそれまでの車だということではないだろうか。 もしくは、友達が全然いないか…。 とにかく、中古車は、特にハコスカはやはり実際に見てから決めましょう。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。



はたして新型エンジンは?ターボは?丸型4灯のテールランプは??壁紙は?!と、とても気になるところだ。 最近では雑誌にもよく登場するようになってきたので姿形はもうたくさんの人がご覧になったことはあるかと思う。 色んな評論家の方が発言されて憶測が飛び交っているが、新型GTRはモンスターマシンであることは確かなようだね。) ●ハコスカ・ケンメリGT-R用の「チタン タコ足・マフラー」●「キャンバー ゼロ」●ハコスカGT-R ハードトップ用の「ウェザーストリップ」 私も「ハコスカ」の一ファンとしてファインパーツを応援している!車が好きで始めた壁紙収集はつきることがないね。 いままでにハコスカやGTRの壁紙を何千枚、何万枚と集めてきただろうか。 そのたくさんの壁紙で多いのは、やはりハコスカ!そしてGTRシリーズだね。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。



ハコスカ RBで思い出したけど、



ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。ハコスカGTRと聞いてピンとくる人は30代以上の方だろうか?もう、その中でもGTRの呼び名は絶大だよね。 言わずと知れた、ニッサンの箱型スカイライン2000GT・2000GTR。これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっているね。 あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証だった。ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんだ。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。エアロダイナルックは効いていたのだろうか?気になる。



ハコスカ RB、今後も注目だ。




ハコスカ RBに関する情報は、以下のサイトも参考になるよ。



Pit House[ピットハウス] : 旧車・ハコスカ・ケンメリ・ノスタルジックカーメインの ...

Pit House では、L型、RB系、B16、B18、etc・・・OHセッティング調整から、レストア、公認、ワンオフ、各パーツ?車検まで受け付けています。 ... これは「ハコスカGT-R」に搭載され日本のサーキットを席巻したS20型DOHC24バルブエンジンを移植した ... 石坂自動車 ハコスカ ハコスカ セミワークス

www.pit-house.com



RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキー ...

旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキーオート ... オートレジェンド 2011年旧車&スーパーカーショーが先日25日に 天気にも恵まれ大盛況にて開催させて頂きました。 ハコスカ 中古 ハコスカ クーラー

www.rockyauto.co.jp



ハコスカRB

オートデザイン(趣味の和製スーバーカー製作所) いきなり「ドンガラのハコスカにRBエンジン位置決めの」写真ですが、この車、オーナー自らレストア 作業を行っている最中のものなのですが、RBエンジンを載せたいという希望で、急遽スワップ作業にな ハコスカfc2 ハコスカ プラモデル

homepage2.nifty.com/auto-design/



ハコスカ・ケンメリにRBエンジン搭載のモンスターマシン |最新クルマ業界ニュース

「 ハコスカ・ケンメリにRBエンジン搭載のモンスターマシン」の記事です。最新クルマ業界ニュースでは、気になる新車の情報や中古車の選び方、中古車業界やクルマ業界の最新ニュースなどクルマ好きの為の ... ワイルドスピード mega MAX ハコスカ ハコスカ久保田

cgn.blog10.fc2.com/blog-entry-55.html



レストア後のハコスカは高級車!:50代夫婦のセカンドライフの楽しみ方

今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法ですが、そのレストア法を専門としているお店もあるようです。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備しての ... ハコスカ レース ハコスカ久保田

blog.livedoor.jp/yuyu09ywys/archives/51328750.html


ツヴァイのサービス内容