ハコスカこれもいい関連情報


ハコスカこれもいいの話題 ハコスカこれもいい関連情報を探してみた。



L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。 さらに、その1年後、ハコスカの後期の誕生だ。2ドアのハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)に追加となった。しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響もあり、ケンメリGTRはわずかに197台しか生産されなかったのだ。 そのうち販売されたのは195台だけで生産終了になり、レースに出場することもなかった。 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名だ。



ハコスカこれもいいに関する情報は、こんなのも。



もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。どうしてもないレストアパーツに関してはワンオフで現車に合わせて作るほかにはないが、それにしてもなんでも揃えてしまうのはまさに専門店のお店のネットワークなのだろうね。 現在でもエンジンのパーツに関してはチューニングメーカーさんでも開発しているようで、パワーアップに関しての部品はとてもたくさんある。チューニングパーツだけでエンジンが1基出来上がってしまうんではないだろうか。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。そしてあの、こだわりを感じさせたヒゲのモールは廃止になってしまいた! やはりあのヒゲモールはコスト高だったんだろうね。それにしてもあっさり辞めてしまうのは少し残念だ。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれるね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。一昔前のころは、中古車流通のしくみが整っていなかったので、ディーラーが自社で販売しきれない下取り車を、独立系の中古車販売業者に渡す形で流通していた。 それからオークション形式で、業者同士での取引が各地で行われたり、衛星を使ったネットオークションなどが行われるようになってからは、中古車買い取り専門店や特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども登場した。 最近では、トヨタでも買い取り専門店をチェーン展開してT?UPを立ち上げるなどして、メーカーやディーラーでも中古車に力を注ぐようになったね。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。



ハコスカは今や30年も前の車だから、やはり乗り始める前にはレストアが必要だよね。 ところで、レストアとは「回復する」という意味なのだが、こういったハコスカなどの車関係の場合は復活させるという意味になるそうだ。 普通の事故車や壊れた部分を直す修理とは別で、ハコスカなどのビンテージモデルや古くから保存している物の修復や復元といった意味合いで使われる言葉だ。決してネットでは即決しないように気を付けてください。ハコスカが好きな人は中学生から70歳以上のおじいちゃんまでたくさんいるよね。 これから大人になって中古車屋さんからハコスカを探し出して乗り回してやる!という子供も中にはいる。ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。



今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。バンパーに関しては、オーバーライダーが廃止になった。 コスト高と思われるところが次々に廃止になっていきます…。残念だ。なかには1台レストアするのに2台?3台の部品取りを使っているかも知れない。 フレームがなければレストアしたくても元がないからあきらめざるを得ない。 そこで提案!もし部品取りとして3台以上持っている方がいたら・・・・・これも何かの縁だ!手放してみましょう!(笑) 若者に夢を託しましょう!ただの中古車としてガレージで眠っているハコスカを走らせてあげましょう!私は部品取りなんて所有していい人間ではないので、持っていないが・・・。発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。安心して乗っていられるような車ではないからね。車を探しつつ、知識をつけ、ハコスカ車を扱ってくれるお店を探すこともすごく重要だ。ハコスカにはオーナークラブがあるので、そこでハコスカについてのいろいろな情報を仕入れることができます。ちなみに、2ドアのGTRもこのグリルをベースにしてデザインされた。GTR用のグリルは比較的手に入りやすいようだね。 当時はこの縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルを流用したりしてGTR仕様にするドレスアップが流行っていたね。



はたして新型エンジンは?ターボは?丸型4灯のテールランプは??壁紙は?!と、とても気になるところだ。 最近では雑誌にもよく登場するようになってきたので姿形はもうたくさんの人がご覧になったことはあるかと思う。 色んな評論家の方が発言されて憶測が飛び交っているが、新型GTRはモンスターマシンであることは確かなようだね。



ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。



ハコスカこれもいい、これからも目が離せない。




ハコスカこれもいいについては、次のサイトも見てね。



ハコスカ放談4

ハコスカを入手し、ド素人のくせに調子こいて走り回っていた私でしたが、そんな ... 私の前には、“CAR BOY”ステッカーを貼った初代MR‐2が、これまた気持ち良さそうに走っていました。 (結構気持ちいい ... (これが1番大事!) 2、運転中は、気を ... ハコスカ ブレーキ ハコスカ RB

www.dhk.janis.or.jp/~gtr/houdan4.htm



ハコスカ日記2005

最近はハコスカで遠出することもないので、せめて休日はハコスカをかまってやろうと思い、日頃気になっている部分をいろいろといじってみました。 ... 前回に引き続き助手席の閉まらないドアもいじってみましたが、どうもロック機構が基本的にダメなようです。これ ... ハコスカ オーバーフェンダー 石坂自動車 ハコスカ

fluorite.fms.saitama-u.ac.jp/kakizaki/GTR/



またまたハコスカのレアパーツ - ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。エンジンもS20、L型、G型。ハコスカはどれも味があってカッコいい。 ... 今回ご紹介するのはハコスカのバイザーです。 これってイマイチ何のためにあるか ... ハコスカ キャッツアイ 亀有 ハコスカ

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649/57318764.html



ハコスカ写真館:ハコスカ写真

ハコスカが来ない。まぁこー暑くちゃさすがに昼間は乗り出せないか・・・ それに大気の状態が不安定ってことで、いつ時雨が来るかわからないしね。雨ならまだいいけど、ヒョウなんかが降られたらと思うとゾッとする。 ... これも原発の影響なんだろうか? この先 ... 中二ハコスカ 湾岸ミッドナイト3dxプラス ハコスカ

kgc10kai.exblog.jp/i23



FC2動画 アダルト-ハコスカさんの情報:

動画:これもいい読者に捧ぐこれもいい読者に捧ぐこれもいいこれもいいこれもいいこれもいい ... ニックネーム ハコスカ 性別 不明 誕生日 不明 自己紹介文 リアリティのある動画が大好きなんです。 友人登録は、動画投稿されている方に限定させて頂きます。 ハコスカ 中古 GT5 ハコスカ

video.fc2.com/a/member?mid=44034754


ツヴァイのサービス内容