ハコスカないしょ話に関する情報


ハコスカないしょ話について新しい情報を発見したよ。



ハコスカないしょ話に関しては、こんな話題も。



簡単にはくっついてくれないからね…。 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。発売当初のケンメリは先代のエンジンと比べられてしまい、どうしても遅いイメージができてしまいた。ハコスカがあれだけのインパクトがあればしょうがないけどね。ハコスカに比べて、重くなってしまったケンメリスカイラインだが、足廻りも少し違いがあった。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。



レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。中古車やさんからハコスカのようなレアな車を探すのは難しくなって来たが、最近は中古車業界も変化が出てきているよね! 全国チェーン展開をする会社がどんどん出てきた。さすがは大企業のネットワークdだ!検索すれば結構でてきますね!しかし、ネックなのは値段!そして、中古車屋さんの独特なあの雰囲気が無い…。大企業ならではの、まるでどこかの企業に面接しに行ってるような気分になってしまうよね。ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。 さらに、その1年後、ハコスカの後期の誕生だ。2ドアのハードトップを1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)に追加となった。これは男のサガってやつだかね。ハコスカなどの旧車をレストア専門で請け負うお店が最近は増えてきたね。 今となってはレストアは個人の力ではパーツ集めも難しくなったから、これも時代の流れなのかもしれない。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。そしてあの、こだわりを感じさせたヒゲのモールは廃止になってしまいた! やはりあのヒゲモールはコスト高だったんだろうね。それにしてもあっさり辞めてしまうのは少し残念だ。ハコスカグリルが違うというだけで、本当にいろんな表情を見せてくれるね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。



きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。



きっとなんでも答えてくれるよ!ハコスカのチューニングと言えばラバーソウル! 決してロックとかではないよ!! ハコスカのことならなんでもござれ!のラバーソウルさんだが、最近ではオークションでもいろいろなパーツを見かけますね!大きいパーツというよりも内装などの小物が多いが、ハコスカくらいの車だと、内装がボロボロなことも多いから、細かい部品をきれいにすればかなり見違えますからね! ハコスカは内装に木目のような茶色をアクセントとしたカラーだから、そのまわりの黒いパーツが変色したりして色が薄かったりすると、かなりボロく見えてしまうからね?。 そこをシャキッとした黒でキメれば、高級感すら感じるほどに違う!シフトノブなどもやはり純正にこだわりたいところだが、状態のいい純正パーツを探すなんで途方もないことだからね。 ラバーソウルさんではレプリカ品として純正に近い部品を開発して販売しているという事だから、お客さんの欲しい物がわかるラバーソウルさんはまさにハコスカ大好きな人のハートをガッチリつかんでいるチューニングショップなんだと思う。総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。現在ではすっかり浸透している丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が一番に覚える特徴であると思っている。 V35スカイラインになり、伝統とも言える丸型4灯が無くなってしまったときは、私も少し落ち込んでしまいたね。と言っても、光れば丸型なんだが、FUGAも同じような丸型になってしまっているので、スカイラインだけじゃなくなってしまったというのは何かさびしいものがあるね。でも雑誌ではハコスカは何となく値段が高いからとりあえず値札は高くしておこうかな?という考えのようだ。 中古車扱ってるなら大事さもわかるはず!と思ったら人によっては全然そういう考えが無い人もいるんだね。 家族よりもハコスカ!と言って家を大改造してガレージを作ってしまう方もいれば、何このボロ車?とかいう人もいる。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。毎年と言うほどマイナーチェンジをしていた日産だが、年々コスト削減の傾向がチラチラと見えてしまうのが何とも切実なところだ。GTRがまた復活する!! ハコスカから始まったGTRシリーズが、10代目で終了してしまい、後代のスカイラインからは、エンジンも直列6気筒の伝統のRBエンジンでなくなってしまって、ハコスカ時代からの日産ファンが肩を落とされたかと思う。 私もその一人だった。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。



ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。 ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。 この特徴こそが、きっと当時のチューンアップを好む人のハートを鷲掴みにしたんだね。



ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。現在では300万?500万くらいで販売されてるはザラにあるが、1000万を超えて販売されてるのは初めて見た。 相当な極上車だった!それだけするなら当たり前だけどね!エキマニとかにチタンが使われていた!なんでわざわざそんな高価な材料を?と思うが自己満足の世界だからね。そういうのもアリなんだろう。V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。



ハコスカないしょ話、これからも話題になりそうだ。




ハコスカないしょ話に関しては、次も参考にしてね。



木村オート販売:旧車シリーズ

道中からべレット 117クーペ ハコスカと出会いすでにテンションアップ 日頃 絶対に見れないハコスカGTRなどワクワクドキドキです 到着してすぐに ハコスカないしょ話ブログに登場のトミーカイラを発見 一言です「すげー」 ハコスカオヤジの奮闘記 ハコスカ GT-R 中古

kimuraauto.ikora.tv/c18420.html



ママコのドライブ日記: タイヤ&ホイール

ハコスカ ないしょ話 Type-R日記 フィット君とフィットママの日記 二十世紀少年の日記帳 ハコスカ プラモ ハコスカ rb26

mamako-no-drivenikki.no-blog.jp/mamako/



ミハエル・クルム - goo ニュース

日産 GT-RのGT3バージョンが月末デビューか!? (アールエス・タカマツ 店長のブログ) 第4戦カートレースレポート (ハコスカ ないしょ話) なでしこ代表発表“2チーム制"で五輪切符だ!ハード日程対応へ (Spopreとか ... ハコスカないしょ話 ハコスカ 44

news.goo.ne.jp/keywords/



ハコスカ タコメーター部品 pdf it

2010年4月 - ハコスカ ないしょ話 和歌山市ヒストリックカークラブオフィシャルブログ http://blog.goo.ne.jp/kunimitsu1225/m/201004 詳細情報 | RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ... 車種: フェアレディZ: グレード: RB26改ABR: 排気量: 2600cc: 年式: 昭和57年9月 ... プロテック ハコスカ 旧車 ハコスカ

www.96147.com/it/ハコスカ%20タコメーター部品...



トミーカイラ - @T COM(アットティーコム)検索

トミーカイラZZ - ハコスカ ないしょ話 2011年10月18日 ... 次の日曜日にトミーカイラで参加予定のイベントがあるので、少し調子を見ておこうと トミーカイラに乗ってきた。 ハコスカ HID ハコスカ 痛車

t-com.jword.jp/


ツヴァイのサービス内容