ハコスカないしょ話とは


ハコスカないしょ話について情報を集めてみた。



45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんだ。ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。そこで、たくさんあるグリルの中から、44グリルに関してだが、43年の9月から44年の9月の間で生産されたモデルだね。 ライトの周りにレンズ風のガラスを入れるなど、とても凝った作りのグリルになっている。 ここまだるのにはかなりコストがかかっていると思われる!さすが日産が総力を注ぎこんで作り上げたハコスカだね! ウィンカーにもメッキ縁取りが付いていて、形状もフラットになっている。ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。 ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、このようにグレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっているわけだね。スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得だ。サーフィンラインとはボディー剛性を上げる為にスプライン(折り目)を入れるのだがそのスプラインをデザインしたものになる。他にもハコスカGTRでは、ウィンドウシールドをはじめ、ウィンドウガラスが、青色が付いた熱線吸収のものでは無く、また、リアの曇り止め用のプリント式熱線も無いのもGTRの特徴だ。さらに、モール類が装備されていないという走るために余分なものを取り除いた「スカイラインGTのレース仕様」となった。しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。恐ろしい。 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんだ。ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインだ。 レースでの50勝記録を持つこの車に今までどれくらいの人々がこのニッサンのスカイラインに魅了されていただろうか。ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。



なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。そして当時のハコスカGTRの価格は150万円。それが今となっても取引価格は下回ることのない最も人気の旧車である。1969年にハコスカGTRが誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。



ハコスカないしょ話と言えばこんな話題も。



6気筒モデルはフロント、リア共にハコスカと同じで、フロントがストラット式で、リア側はセミトレーディングアーム式なのだが、一方の4気筒モデルが、フロント側がセミストラット式で、リア側はリーフリジット式となり、ハコスカとは少し変更になっていた。 他にもハコスカから変更点があったのが、ケンメリから始まり、後にR34スカイラインまで受け継がれ、一目見るだけでスカイラインとわかるくらいの特徴となった丸型4灯のテールライトだ。 丸型4灯は4ドアGTのモデルと2ドアのハードトップの全グレードに採用となった。なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。



ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。そんなハコスカを愛する人達にとって神様のような存在のファインパーツ 職人かたぎ事業部は、かなりの製作時間を必要とし決して楽とは言えない車の部品製作に必死に取り組み、みなさんと一緒に開発・製作していきたいと考えているそうだ。開発進行中パーツ(試作品)の一例を紹介する。(※開発商品は業者販売のみで一般小売りはいたしない。



ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。



決してネットでは即決しないように気を付けてください。ハコスカが好きな人は中学生から70歳以上のおじいちゃんまでたくさんいるよね。 これから大人になって中古車屋さんからハコスカを探し出して乗り回してやる!という子供も中にはいる。スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。きっと、ここだけは何処もやってはくれないだろうね。 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いている! でもなぜかGTRにはついていないんだ。不思議だね。レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。 しかし、当然のように限界があるわけで、いずれはどの部品も手に入らなくなってしまう。実際に部品がが無いという理由によって泣く泣く愛するハコスカを手放してしまった、という友人もたくさんいる。寂しい話だよね?だけど、そのような状況でもハコスカを絶対に手放したくない人達へちょっとだけアドバイスを…有名なハコスカGT?Rオーナー、黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げている。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



ハコスカないしょ話、今後も目が離せないよね。




ハコスカないしょ話情報は、次も参考になる。



B110TSサニー KP61 240ZG BMW等の製作記 鈴鹿ツイン、HISTORIX JAPAN・・(1)

[Re: ハコスカないしょ話] > はじめまして、和歌山でハコスカGTRに乗っています。 > > いつもブログを楽しみに見せていただいてます。 > > 私もツーリングがてら、鈴鹿ツインサーキットに行ってました! これもいい ハコスカ 亀有 ハコスカ

sato1511.blog40.fc2.com/



ハコスカ 配線周り 画像 pdf kr

レストアガレージ360 復元カレラ 公式ブログ ... RPM社長の愛車 Excerpt: 先日同級生が、今では珍しい「ハコスカ」に乗って颯爽とカットに来てくれました。http://pub.ne.jp/fukugencarrera/?cat_id=99209 地獄のハーネス交換 - ハコスカ ないしょ話 ハコスカ レース GT5 ハコスカ

www.96147.com/kr/ハコスカ%20配線周り%20画像.html



ハコスカ 高橋国光 ゼッケン15仕様 完成(;´ `A``| _I LOVE-JAPAN_

ハコスカ ないしょ話 ダメな大人 ヨン爺ぃ TOMITAKU.COM B110 B310TSサニー S3… BAN-BANテレビ 【MBS】吉竹史アナ 本村彩織の良い物は良… 東京ブラススタイル さるまりプレゼンツH… NFS CARS LIGHT BLUE Seigo's page 飯田企画 ハコスカおやじの奮闘記 ハコスカ久保田

ameblo.jp/y-skyline/entry-10439048196.html



ブログ記事一覧 - ハコスカ ないしょ話

ハコスカ ないしょ話 和歌山市ヒストリックカークラブオフィシャルブログ ... 性別 男性 都道府県 和歌山県 自己紹介 ハコスカGTR歴24年の管理人です。ハコスカとの日常のさまざまな出来事を同好の士の方々と ... ハコスカ動画 ハコスカ マフラー

blog.goo.ne.jp/kunimitsu1225/arcv



ハコスカ ないしょ話

ハコスカ ないしょ話 和歌山市ヒストリックカークラブオフィシャルブログ ... 吉野イベントで歌ってたシンガーソングライターの岸岡ちなみさんです。 見た目はまったく普通の女の子って感じだが、歌を聴くと足が止まった。 ハコスカ プロペラシャフト ハコスカ クーラー

blog.goo.ne.jp/kunimitsu1225


ツヴァイのサービス内容