ハコスカと大違いの現行販売のスカイライン


現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。
 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。
 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。
 販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね!
 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる!
 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。
 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。
 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。
 それにしてもエンジンの内部を80%も改良することで40馬力もアップするというのだから相当のパワーロスがあったのだろうか?それともかなり高回転仕様になったのだろうかね?
ツヴァイのサービス内容