ハコスカの販売モデルの最終進化?


3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われてる、販売されている量産型のスカイラインクーペの歴史はハコスカの販売から始まり、現在販売されてるのはもう12代にもなる。ひとつ前の世代の11代目から、スカイライン伝統の丸型4灯のテールランプが無くなってしまいたね。とっても残念だ。ヘッドライトの形も変わってしまい、横長タイプから縦長タイプになって、肩書上はプレミアム・スポーツセダンとしているようだが、高級セダンというコンセプトに変わってしまったようにも思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなってしまいたので今販売されてるスカイラインはスポーツカーとしても面影は消えてしまっているね。新世代として販売されているスカイラインとしてのイメージは、結果として今までのハコスカからのファンを遠ざける事になってしまっているのは否めない。V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。やはりスカイラインはハコスカのように勝利を飾り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思う!
ツヴァイのサービス内容