ハコスカの販売台数チェック!


量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。
 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。
 この数は歴代の10代目までのスカイラインの中では10.4%にしかならない。
 そして意外なのが、次の世代のケンメリの方が販売台数は670,562台でハコスカよりも2倍以上多いのだ。といってもGTRはケンメリは197台しか販売されてないんだが…。
 華々しい栄光をてにしたハコスカだが、実際の販売台数としては当時の値段の影響もあり、あまり売れてなかったみたいだね。
 販売台数を重視するならパワーが無くても値段が安くてカッコだけよければ売れたんだろうね。
 そして、さらに少ないのが近代的なR34スカイラインだ。
 総販売台数はたったの64,623台だ。そのうち、GTRは11,344台だ。
 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みだ。
 R34は販売価格が高すぎたのかな?もう世の中はエコの世界に染まってしまったのだろうか??
ツヴァイのサービス内容