ハコスカはレースブームでケンメリはエコブームな時代


ケンメリGTRはハコスカGTRと比べて、玉数の少ない車種だが、マイナーチェンジはたくさんしていた。
 まず、ケンメリは1975年5月にマイナーチェンジ。4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになった。
 そして同年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加した。
 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させた。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。
 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。
 そしてさらに、ケンメリは1976年2月ごろにGTシリーズのL20Eを搭載したモデルが、51年排気ガス規制に適合させた。
 この頃からは環境を考える時代になりハコスカのようなハイパワーの車はなかなか登場しなかった。
 何と言っても、やはりケンメリGTRがレースに出る華々しい姿を見ることが出来なかったのはとても残念だね。ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!
ツヴァイのサービス内容