華々しいハコスカGTRと悲運なケンメリGTR


ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。
 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。
 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。
 しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響もあり、ケンメリGTRはわずかに197台しか生産されなかったのだ。
 そのうち販売されたのは195台だけで生産終了になり、レースに出場することもなかった。
 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名だ。
 そのため、旧車の中古車市場においては非常にものすごい高額で売買されている。
 このケンメリGTRを境に、後のスカイラインシリーズでは、R32スカイラインまでGTRが登場することはなかった。
 ケンメリGTRは今世の中にどれだけ存在するのだろうか?所有さしている人には大事に乗ってもらいたいものだ。くれぐれも事故などはないようにしてほしいね。
ツヴァイのサービス内容