ハコスカのレストアは過酷な道のり


今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。
 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。
 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。
 どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。
 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。
 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。簡単にはくっついてくれないからね…。
 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。これは男のサガってやつだかね。
ツヴァイのサービス内容