スカイライン三代目ハコスカの誕生秘話


スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。会社の上層部では日産とプリンスの合併の話が進んでいる頃だね。そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。
 箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスが合併した41年頃にはすでに作られていたそうだ。
 ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。エアロダイナルックは効いていたのだろうか?気になる。
 ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。
 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。そのこともあってなのか、2か月後にはL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTシリーズが発売となった。
 ハコスカのチューンアップが好きな人にはまだまだ満足できなかったようだが、こうしてL型のハコスカが誕生した。
ツヴァイのサービス内容