ハコスカGTRの魅力


ハコスカGTRと聞いてピンとくる人は30代以上の方だろうか?もう、その中でもGTRの呼び名は絶大だよね。
 言わずと知れた、ニッサンの箱型スカイライン2000GT・2000GTR。心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む人からは絶大な人気だった。
 足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。よく「ツライチ」と言うよね。そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。
 ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。
 この特徴こそが、きっと当時のチューンアップを好む人のハートを鷲掴みにしたんだね。
ツヴァイのサービス内容