ハコスカ部品なら


ハコスカ部品について色々な情報を検証してみた。



発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。



ハコスカは今や30年も前の車だから、やはり乗り始める前にはレストアが必要だよね。 ところで、レストアとは「回復する」という意味なのだが、こういったハコスカなどの車関係の場合は復活させるという意味になるそうだ。 普通の事故車や壊れた部分を直す修理とは別で、ハコスカなどのビンテージモデルや古くから保存している物の修復や復元といった意味合いで使われる言葉だ。安心して乗っていられるような車ではないからね。車を探しつつ、知識をつけ、ハコスカ車を扱ってくれるお店を探すこともすごく重要だ。ハコスカにはオーナークラブがあるので、そこでハコスカについてのいろいろな情報を仕入れることができます。



ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響もあり、ケンメリGTRはわずかに197台しか生産されなかったのだ。 そのうち販売されたのは195台だけで生産終了になり、レースに出場することもなかった。 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名だ。また、現実問題として、ハコスカは純正の部品が調達できないという事もあるからね。 そういった背景もあり、こういったレストアが始まったのだね。ハコスカのRBエンジン搭載のコンプリートカーはオートマも選択できるようで、まさにのんびり旧車を楽しみたい人にはぴったりだね。あの頃の日産は1年ごとにマイナーチェンジをしていた。当時のスカイラインに対する意気込みを感じますね。 しかし、パーツが細かく分かれてしまい、生産年数も短いことからパーツはとても少なくて今では手に入らないものが多いというのが残念だ。ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。それとライト枠や真ん中のグリルはレプリカがたくさん出ていて入手は比較的可能だね! フロントウィンカーの間の部分には細いメッキモールがあって、通称ヒゲと呼ばれているね。 このヒゲの部分は今となっては入手困難だ!しかし!これが有ると無いとでは、グリルの印象が全然違うんだよね。 形状が難しくてチューニングショップさんがレプリカを作ったとしてもコスト高になってしまいそう…。現在では300万?500万くらいで販売されてるはザラにあるが、1000万を超えて販売されてるのは初めて見た。 相当な極上車だった!それだけするなら当たり前だけどね!エキマニとかにチタンが使われていた!なんでわざわざそんな高価な材料を?と思うが自己満足の世界だからね。そういうのもアリなんだろう。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。



今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのだが、今の技術にもなると、ハコスカのレストアは2つの方向性が出来てきた。 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正の状態を作り上げていくという、かなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる方向だ。 もう1つのレストア方法は、機能性、利便性を優先し、レプリカや復刻版の部品を利用したり、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して機能的にレストア後は現代の車と変わらないくらい高性能に仕上げるという方向があるね。一昔前のころは、中古車流通のしくみが整っていなかったので、ディーラーが自社で販売しきれない下取り車を、独立系の中古車販売業者に渡す形で流通していた。 それからオークション形式で、業者同士での取引が各地で行われたり、衛星を使ったネットオークションなどが行われるようになってからは、中古車買い取り専門店や特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども登場した。 最近では、トヨタでも買い取り専門店をチェーン展開してT?UPを立ち上げるなどして、メーカーやディーラーでも中古車に力を注ぐようになったね。やはり、中古車の中にはとんでもないものもあるよね。 今は規制がされて落ち着いているが、少し前のころは、交通事故などで破損した中古車を修理している業者の中に、事故者ということを隠して販売している業者がいて、事故が原因の気付かれにくい欠陥があるのにもかかわらず、乗り続けているうちに、欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危険性の高い中古車もあった。 また、ニコイチと言われる事故車2台を使って事故の影響を受けてない部分をつなぎ合わせて1台を仕上げるという粗悪品の中古車も存在するよね。もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。ファインパーツは小売はしていないが、ラバーソウルなど全国で代理店契約をしているハコスカなど旧車専門ショップなどに卸しているので手に入れる事が可能だ。もちろん消耗の激しい部品もたくさん復元販売してますので、ハコスカを愛する人達もこれで安心だね!中古車をこれから選ぶ時、特にハコスカであれば、資金に余裕がなければ難しいだろう。 気に入った車が見つかってもお金の工面をしているうちに、他のお客さんに取られてしまう…。毎年と言うほどマイナーチェンジをしていた日産だが、年々コスト削減の傾向がチラチラと見えてしまうのが何とも切実なところだ。GTRがまた復活する!! ハコスカから始まったGTRシリーズが、10代目で終了してしまい、後代のスカイラインからは、エンジンも直列6気筒の伝統のRBエンジンでなくなってしまって、ハコスカ時代からの日産ファンが肩を落とされたかと思う。 私もその一人だった。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。



ハコスカ部品と言えばこんなのも。



量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。



ハコスカ部品、今後も話題になりそうだよ。




ハコスカ部品に関する情報を集めてみた。



ハコスカ 板金部品

ハコスカ用オリジナル部品のページ 当社が鈑金・レストアをする際に、よく交換する箇所を中心に 作製しております。 鉄板部品の交換には、溶接機器などの専用工具が必要となります。 又、取付方法等でご不明な点がございましたら、 旧車 ハコスカ ハコスカシートベルト

www.n-classiccar-jp.com/parts/oliginal/



ハコスカ専門店、ハコスカ車検整備、ハコスカチューニング、ハコスカパーツ販売 ...

パーツだけではなくハコスカの歴史にも触れることが出来るコンセプトを目指しました。 いつでもご来店ください、スタッフ一同心からお待ちしております。その際はお手数ですが事前にお電話くださるようお願い ... ハコスカ グリル 石坂自動車 ハコスカ

victory50.com/index2.html



【楽天市場】自動車関連 > 各種パーツ > ハコスカ関連:通販のe-問屋

プリンタインクが安い! PCパーツが安い! キャノン hp ブラザー エプソン デル レックスマーク 詰め替えインク PCパーツ サプライ品 ... ハコスカ用リプロダクションパーツ ハコスカ「S013」 GT-R GT-X専用 アクセルロッドブーツ 1 280円 税込、送料別 ハコスカないしょ話 ハコスカ エンブレム

item.rakuten.co.jp/dragonjapan/c/0000000324



ハコスカ - パソコンパーツ プリンター用インク iPhoneグッズのe問屋

自動車関連 - ハコスカ from パソコンパーツ プリンター用インク iPhoneグッズのe問屋 ... ケンメリ用「S099」スカイラインケンメリ用時計メクラカバーメクラ蓋 ケンメリ用「S099」 スカイラインケンメリ用時計メクラカバーメクラ蓋 【商品詳細】 ケンメリの時計 ... ハコスカ 痛車 ハコスカgtr 中古

www.e-tonya.org/categories/c-271_344.html



ハコスカ 板金補修用部品 3点セット GT-R/GTX/GT - Yahoo!オークション

ハコスカ レストア・板金補修用部品カウルパネル・ロアパネル・フロントフェンダー3点セット特価品 商品詳細ハコスカ 補修用部品のカウルパネル・ロアパネル・フロントフェンダーを3点セットにしたお買い得セットです。カウルパネルコネクターは、オリジナルから型 ... スカイライン ハコスカ 石坂自動車 ハコスカ

page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e104639579



プロテック ハコスカ関連情報


プロテック ハコスカは、多くの人々を魅了している。



発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。



GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインだ。 レースでの50勝記録を持つこの車に今までどれくらいの人々がこのニッサンのスカイラインに魅了されていただろうか。ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。しかし、ハコスカとなると、そうまでしないと、もう手に入らないかもしれない。 私も、ハコスカの値段によってはニコイチでも大きな事故車でも買ってしまうかもしれないが…。現在、中古車市場でのハコスカの価格はとてつもないプレミアが付いていて、手に入れるのは年々難しくなってきたね。販売後にそこまでの大改良をされると、先代で販売されていたエンジンはかなり手を抜いていたのか?と思ってしまうよね! 新型として販売されている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事だから、先代と比べると40馬力もアップしていることになる! 少し前に、販売された11代目を買った人は何とも言えない気分だろうと思う。 しかし、外国の方では評価が高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞している。 この今まで販売されていたVQエンジンに限っては13年間連続で受賞していて、このような長い期間の連続での受賞は極めてめずらしいということだ。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。やはりスカイラインはハコスカのように勝利を飾り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思う!ハコスカのパーツをオリジナルで開発して販売するショップが増えてきているね。 オークションでも通販でも、売られている部品は純正よりもオリジナル開発したパーツや、他車パーツを加工して売っているのがほとんどだ。 これだけ希少価値の高いハコスカだと、その方が安くて便利だったりもする。外見はハコスカ。その心臓部は最新のGTRエンジン。しかし言葉では簡単に言えてもそれを実際にやってのけるのは至難の業だろう。



ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。



プロテック ハコスカと言えばこんな話題も。



まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。



世の中にある部品取りだけとして扱われてるハコスカも復活させてあげたいよね。ハコスカが中古車として販売されているなかで、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されてたのが、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRだった。 もうびっくりだよ!買う人いるんだろうかね…。こちらのシリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものだ。1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。 そして同年の10月にマイナーチェンジ。たくさんのハコスカを見てきたし、目の前でハコスカが壊れるのも見てきた。 たくさんの壁紙も見てきた。特に壁紙はかなりの数だね…。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。中古車で何処からか探してきたレストアベース車をお店に持って行ってフルレストアされる方も多いね。 お店にお願いすると、3ヵ月もの猛スピードで仕上げてくれたりする。 レストア後は外装もピカピカ!内装もぴカピカ!エンジンルームもエンジンもピカピカ!ほんとにすごい! いったいどこからレストアパーツを取り寄せているのだろうか…。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。



ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む人からは絶大な人気だった。 足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。よく「ツライチ」と言うよね。この数は歴代の10代目までのスカイラインの中では10.4%にしかならない。 そして意外なのが、次の世代のケンメリの方が販売台数は670,562台でハコスカよりも2倍以上多いのだ。といってもGTRはケンメリは197台しか販売されてないんだが…。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。



プロテック ハコスカ、これからも話題になりそうだ。




プロテック ハコスカ情報は、次も参考になる。



プロテック GT-Rパーツ ブレーキシステム

ハコスカフロントブレーキチューニング ハコスカレース仕様車にAPキャリパーを取付ました。 APキャリパーはオープンタイプでキャリパーオフセットに自由度がある為、なるべく奥にセットできるようにアルミブラケットを製作しました。 ハコスカ HID ハコスカ レース

www.hakosuka.com/link/00000000_00000246.html



「プロテック」 ハコスカ GTR ケンメリ チューニング メンテナンス レストア

走ることが好き、サーキットが好き、そしてハコスカが好き。 >> E-Mail >> サイトマップ ... ・プロテックの最新情報はこちらから。 >> レストア ・レストア業務を始めました。作業工程をご覧いただけます。 ハコスカ クーラー ハコスカ ミニカー

protec-s20.co.jp



【クラシカ横濱】フルチョイスハコスカGT-R誕生

ハイクオリティな技術でフルレストレーションされたハコスカGT-Rを世に送り出してきた「ファインパーツ職人かたぎ ... またはプロテックが担当 標準 OH済エンジン搭載 持込OH&搭載 持込搭載 その他チューニング 2.ミッション ハコスカ専門店 ハコスカ動画

www.classica-y.jp/fullchoice.html



ハコスカのレストア方法 | 中古車ハコスカのレストアはプロテック

ハコスカのレストア方法-中古車ハコスカのレストアはプロテック ハコスカのレストア方法 今、世の中にあるハコスカは、ほとんどが一度レストアされたものだと思うのですが、今の技術にもなると、ハコスカの ... ハコスカ セミワークス ハコスカ マフラー

hakosuka.1cwo.com/cat156/1914post_12.html



プロテック 口コミ・最近の感想・評価など

プロテック プロテック ヘルメット エース xperia pro ... プロテック 福山 プロテック 自転車 プロテック ケース ヤマトプロテック プロテック ヘルメット 株式会社 プロテック 神奈川支店 有限会社 プロテック プロテック エアタンク プロテック 中目黒 カシオ プロテック ライオン ... ハコスカ 由来 ハコスカ 改造

iris.goodsplace.net/s/114/c36x.html



ハコスカ キャッツアイなら


ハコスカ キャッツアイが最近話題になっているようだ。



ハコスカ キャッツアイで思い出したけど、



エンジンに合わせたトータルバランスを考えなくてはいけないから。 実際にコンプリートカーの値段は500万を超えるものもしばしば。だが、そうまでしてこだわるというのは、やはりハコスカGTRという車がそこまだる価値のある車という事なのだろうね。社長さんのハコスカから実際にレースに参戦しているレースカーをされていたりと誰もが目を奪われる。 ハコスカ一筋だべてをハコスカに注いだラバーソウルさんならどんなハコスカでも作ってくれそうだね。ラバーソウルさんでは純正を極限まで再現したレプリカパーツを販売しており、純正部品が高すぎて買えないようなことがあれば何でもラバーソウルさんに電話して聞い方がいいね。45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんだ。ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。



私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。そんなハコスカを愛する人達にとって神様のような存在のファインパーツ 職人かたぎ事業部は、かなりの製作時間を必要とし決して楽とは言えない車の部品製作に必死に取り組み、みなさんと一緒に開発・製作していきたいと考えているそうだ。開発進行中パーツ(試作品)の一例を紹介する。(※開発商品は業者販売のみで一般小売りはいたしない。ハコスカって言えばスカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きだ。 ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからだ。 ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。ハコスカと比べると少し重量が増して重くなってしまったのだが、ケンメリはバリエーションがとても多く、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン、バンとかなったくさんのモデルがあった。 ケンメリの、セダン、ハードトップは4気筒エンジンと6気筒エンジンのモデルがあり、フロントノーズの長さとホイールベースの長さが違っていた。 スカイラインの伝統とも言えるサーフィンラインは折り目のあるシャープなデザインに新しくなったね。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。そこで、たくさんあるグリルの中から、44グリルに関してだが、43年の9月から44年の9月の間で生産されたモデルだね。 ライトの周りにレンズ風のガラスを入れるなど、とても凝った作りのグリルになっている。 ここまだるのにはかなりコストがかかっていると思われる!さすが日産が総力を注ぎこんで作り上げたハコスカだね! ウィンカーにもメッキ縁取りが付いていて、形状もフラットになっている。



きっと、ここだけは何処もやってはくれないだろうね。 そして、バンパーには豪華なメッキ縁取りのオーバーライダーが付いている! でもなぜかGTRにはついていないんだ。不思議だね。しかもオリジナル開発のパーツはなんでも揃っているね!いまの技術だったら加工するのも楽になってきて、もちろん取り付けをする時の技術も上がっているのでどんどんそういったお店が多くなってきた。 さすがにボディのパーツまでが何でも揃っているわけではないが。 しかも、やっぱり純正部品よりも安いんだよ。L型エンジンはシリンダーブロックの剛性が高く、チューニングのベースエンジンとして高いポテンシャルを持っていることで人気となった。L型エンジンは当初、セドリックのみに搭載されていたエンジンだが、C10型の登場の2カ月後にL20を搭載した2000GTが登場する。 そのL型エンジンは年々と排気量を大きくしたモデルが登場し、1969年にL24型が登場。それから、あの有名なホモロゲーションモデルのGT-AやGT-BからスカGという歴史がスタートしたのだね。 スカGと言えば、当時は少しヤンキー路線もあったね。スポーツカーにもヤン車にもなる、まさに万人の憧れだね!ハコスカ、ヨタハチ、エスロク、エスハチ、ベレG、パブリカ・・・。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。でも心配なのは値段だ。GTRは代が変わるごとにかなり高くなっているような…。 とはいっても私は買えないので、とりあえず壁紙をゲットさせてもらいる!!「あなたの必要なパーツ創ります。」というキャッチフレーズとともに有名なハコスカGT?Rオーナーの黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げた。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。R34は販売価格が高すぎたのかな?もう世の中はエコの世界に染まってしまったのだろうか??3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われてる、販売されている量産型のスカイラインクーペの歴史はハコスカの販売から始まり、現在販売されてるのはもう12代にもなる。ひとつ前の世代の11代目から、スカイライン伝統の丸型4灯のテールランプが無くなってしまいたね。とっても残念だ。) ●ハコスカ・ケンメリGT-R用の「チタン タコ足・マフラー」●「キャンバー ゼロ」●ハコスカGT-R ハードトップ用の「ウェザーストリップ」 私も「ハコスカ」の一ファンとしてファインパーツを応援している!車が好きで始めた壁紙収集はつきることがないね。 いままでにハコスカやGTRの壁紙を何千枚、何万枚と集めてきただろうか。 そのたくさんの壁紙で多いのは、やはりハコスカ!そしてGTRシリーズだね。でも雑誌ではハコスカは何となく値段が高いからとりあえず値札は高くしておこうかな?という考えのようだ。 中古車扱ってるなら大事さもわかるはず!と思ったら人によっては全然そういう考えが無い人もいるんだね。 家族よりもハコスカ!と言って家を大改造してガレージを作ってしまう方もいれば、何このボロ車?とかいう人もいる。



ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだ。 チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。 今までに公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されているからだね。L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。



まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。



ハコスカ キャッツアイ、今後も目が離せないよね。




ハコスカ キャッツアイ情報は、以下のサイトも参考に。



ハコスカ ヘッドライトリム/丸目4灯式ライト用 - 自動車車体 -【garitto】

キャッツアイ ライト シールド 丸2灯用 1 680円 BELLOFリフレッシュパワーバルブ 5 775円 ヘッドライトリム 1 302円 ハコスカ&GT-R&S30Z&510&SR311&432.. 2 700円 ブルーバード510SSS フロント足回りブッシュSet 5 400円 ワイルドスピードメガマックス ハコスカ ハコスカ 44

www.garitto.com/product/15039319



タイムマシンガレージのリンクです。

リンク チームキャッツアイさんです、いつもお世話になってます。ハコスカ乗られているカベコウさん、リトルさんが居られるレーシングチームです。 スカイラインGTR ハコスカ これもいい ハコスカ

motor.geocities.jp/oldcar10oh/link.html



今までのトラブル - ハコスカ MEETING - 楽天ブログ(Blog)

ハコスカ MEETING ... 交差点を曲がる際大き目のキャッツアイにオイルパンとフロントメンバーをぶつけオイルパンに穴が開きオイルがからっぽに。 ハコスカ フルレストア ハコスカちょい

plaza.rakuten.co.jp/hakosukahiroba/075000



行事日程

北海道 キャッツアイバス ゲームの景品 非売品 8 ホンダオリジナルチョロQ エリシオン 来場プレゼント。 ... トヨタS800(赤、青)、ベレット(オレンジ、イエロー)、ハコスカ(ホワイト、シルバー)の6種 各1260円 ハコスカ ワイパー 石坂自動車 ハコスカ

www2.tokai.or.jp/sumiya/choroq/200501.html



ニードルとは - はてなキーワード

タミヤ ハコスカGTR製作中 ohjiro 2011-10-23 テクノ手芸部ワークショップに参加してきました。 yghrk 2011-10-22 [今日のできごと] kentchan 2011-10-22 ... キャッツアイ ギャン 小本田絵舞 さ スピアー 瀉血 は 博麗霊夢 ボディピアッシング や 羊毛フェルト ら ハコスカ GT-R 画像 ハコスカ クラブ

d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%cb%a1%bc%a5%c9%a5%eb



音更ハコスカに乗るなら


音更ハコスカについて新しい情報を発見したよ。



ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。 ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、このようにグレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっているわけだね。スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得だ。 しかし、当然のように限界があるわけで、いずれはどの部品も手に入らなくなってしまう。実際に部品がが無いという理由によって泣く泣く愛するハコスカを手放してしまった、という友人もたくさんいる。寂しい話だよね?だけど、そのような状況でもハコスカを絶対に手放したくない人達へちょっとだけアドバイスを…有名なハコスカGT?Rオーナー、黒田さんがハコスカやケンメリの部品を自主製作する会社(ファインパーツ 職人かたぎ事業部)を立ち上げている。



壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。 ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。 この特徴こそが、きっと当時のチューンアップを好む人のハートを鷲掴みにしたんだね。そのため、旧車の中古車市場においては非常にものすごい高額で売買されている。 このケンメリGTRを境に、後のスカイラインシリーズでは、R32スカイラインまでGTRが登場することはなかった。 ケンメリGTRは今世の中にどれだけ存在するのだろうか?所有さしている人には大事に乗ってもらいたいものだ。ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入された。エンジンはGT系統と同じでL20型だが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようだ。その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されているよね。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。しかもオリジナル開発のパーツはなんでも揃っているね!いまの技術だったら加工するのも楽になってきて、もちろん取り付けをする時の技術も上がっているのでどんどんそういったお店が多くなってきた。 さすがにボディのパーツまでが何でも揃っているわけではないが。 しかも、やっぱり純正部品よりも安いんだよ。



ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。でも、全く部品が手に入らないわけではない。その中でまだ部品が手に入りやすいといったら、ハコスカだろうか。チューニングメーカーもエンジン部品を出してますし、エンジン自体も旧車に強い店であれば中古で置いているところもあったりする。しかし、古いクルマだけに、購入の際には注意が必要になってきます。一番大切なのは、信頼できる業者を選ぶことが大切だ。修理や整備の対応、販売時の状況、購入後に修理が必要になる箇所などはきちんと把握しておくべきだね。



音更ハコスカと言えば、



ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。だとしても日頃からのメンテナンスのマメさの違いで旧車はすぐに違いが出てしまうから気をつけなければいけないね。 熟練した板金の職人さんとかになると、顔を見ただけで、いい顔してるな!とかなんか悪いことしてないか?といった感じでズバリ言い当ててしまう! 本当に驚きだよね!私もいずれはそこまでわかるようになったいね。ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。また、ハコスカ2000GTに外装・内装・エンジンまでもGTRのパーツを付けてGTR仕様としてチューンナップされる人も多いね。販売台数が少ないのでお金を積めば買えるかというとそうではない。 ファンの人の年代も20代から70代以上の方までとても幅広い。私がパソコンというハイテクノロジーな機械を活用する目的の半分はこの壁紙探しある!パソコン、携帯、いたる所にポスターといった状態だ・・・。 まだ見たこと無いハコスカがこの世にはたくさんあるから考えるだけでわくわくしてしまうね?!愛車がハコスカのみなさんは、部品(パーツ)をどうやって調達しているか?ハコスカ部品の調達って私も苦労しているが、ほんと大変だよね。でも、絶対に手放したくない。かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。



会社の上層部では日産とプリンスの合併の話が進んでいる頃だね。そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。 箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスが合併した41年頃にはすでに作られていたそうだ。これは男のサガってやつだかね。ハコスカなどの旧車をレストア専門で請け負うお店が最近は増えてきたね。 今となってはレストアは個人の力ではパーツ集めも難しくなったから、これも時代の流れなのかもしれない。でも、やっぱりあのハコスカのエンジン音は忘れることはできないよね。1972年9月にC110型にモデルチェンジとなり、ハコスカの次の世代として誕生したケンメリスカイライン。 ケンとメリーのスカイラインのキャッチコピーから、通称ケンメリと呼ばれていた。



ハコスカと比べると少し重量が増して重くなってしまったのだが、ケンメリはバリエーションがとても多く、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン、バンとかなったくさんのモデルがあった。 ケンメリの、セダン、ハードトップは4気筒エンジンと6気筒エンジンのモデルがあり、フロントノーズの長さとホイールベースの長さが違っていた。 スカイラインの伝統とも言えるサーフィンラインは折り目のあるシャープなデザインに新しくなったね。



音更ハコスカ、今後も注目だ。




音更ハコスカ情報は、以下のサイトにもあるよ。



ゆなのプロフ|CROOZプロフ

音更町 帯広市 血液型 A型 趣味/特技 旧車 ドライブ 買い物 カメラ 髪型 ロング 身長 ... SKYLINE ハコスカ 愛用の香水 LOVE&PEACE 香水もヘアコロンもボディーバターも全部 今一番したいコト ハコスカのレストア ハコスカ 画像

prof.crooz.jp/yunanas/?from=37



オートワークス DR30・ハコスカ・AE86など6冊セット - Yahoo!オークション

オートワークス DR30・ハコスカ・AE86など6冊セットのページトップに戻る ... 北海道 音更町 海外発送 対応しません 配送方法 ? 荷物に関する情報 (こん包後のサイズ) 縦、横、高さの合計 ハコスカ エアコン ハコスカ マフラー

page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r78866592



ハコスカ3|わむおのBLOG by わむお

マイとかちは、帯広市と十勝から発信するユーザー参加型の地域情報サイトです。 ... 今日はとても暑い日だ 勝毎音更のお兄さんが娘とハコスカの取材に来た 公園に行って話しをしながら (パシャパシャ) カメラ ハコスカ エンジン ハコスカ プラモデル

www.mytokachi.jp/chashibu/entry/ct/5630/p-2



新栄の丘展望公園(しんえいのおかてんぼうこうえん)|北海道 - 日産ドライブナビ

ハコスカ復活望さん 投稿日:2008/05/17 緒汪x連峰を背景とする壮大なスケールのパノラマ。 ... 道の駅 マオイの丘公園 新栄の丘展望公園 音更町鈴蘭公園 夷王山 道立自然公園 桂沢湖 札幌大通公園 ハコスカ ひめ ハコスカ 由来

drive.nissan.co.jp/SPOT/detail.php?spot_id=21



高額買取店を探せる!一括査定!買取上手

買取査定比較ができるから高額査定が可能! 当サイトだけの買取クーポンで買取額アップ店も。 ... 北海道河東郡音更町木野大通東15-3-55 ... 旧車(国産)70年代中心です。 特にフェアレデイZ。ハコスカが ... マイティボーイ ハコスカ ハコスカ専門店

kaitorij.com/i_12.php?start=3



ハコスカ バンに乗るなら


ハコスカ バンについて調べてみた。



ハコスカ バンと言えば、



ハコスカなどの絶版車は交換の部品もすぐには見つかりない。部品交換が必要なケースでは、まず中古品を探する。しかし、出てきた部品も良い状態とは限りない。それとは対照的にハコスカのボディに関しては完全に需要と供給が合ってまいせんね!メーカーさんも今からハコスカの部品を作った方ら相当売れるんじゃないかといつも感じております…。ハコスカにRBエンジンを搭載するレストア!始めて聞いた時はまったく想像できなかった! スーパー近代的レストアという感じだろうか。現在では、チューニング技術も飛躍的に向上し、計測も正確なものになってきているので、チューニングショップでは日産車にトヨタエンジンをスワップしたり、外車に国内メーカーのエンジンをスワップしたりとさまざまな改造が施されるようになってきたね。まったく手を入れていないボロボロなハコスカなら50万以下でも買えることもできますけど、中古車屋さんのずさんな管理で触っただけで粉になってしまいそうなハコスカを見ると、個人レベルではレストアする気も薄れてしまうよね。 中古車屋さんにはハコスカが売れるとは思ってないという人もいるそうだ。 軽自動車やファミリーカーを主に扱っていて、もうハコスカなんて見向きもしないような人だ。周りの人に話をしても一切買ってくれる人がいなかったのであればそれまでの車だということではないだろうか。 もしくは、友達が全然いないか…。 とにかく、中古車は、特にハコスカはやはり実際に見てから決めましょう。やはり人々を魅了したスカイラインが3代目だよね。あの角ばったスタイルやガンメタの塗装がたまらなく渋い!ハコスカの総販売台数は310,447台。そのうちGTRはたったの1,945台しかない。そしてさらに、ケンメリは1976年2月ごろにGTシリーズのL20Eを搭載したモデルが、51年排気ガス規制に適合させた。 この頃からは環境を考える時代になりハコスカのようなハイパワーの車はなかなか登場しなかった。 何と言っても、やはりケンメリGTRがレースに出る華々しい姿を見ることが出来なかったのはとても残念だね。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。



ハコスカの最初のモデルでは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。 でも88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。なぜかというと、かなり視力が下がってしまったから・・・。以前にも増してパソコンを見る時間が長くなり、おまけに画像を凝視することを繰りかえしていた為だ。 かなりショックだ。4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになった。 そして同年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加した。 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させた。



もう最初に買った人の心境は想像もできないね。 でも、今の時代となれば、初期型の方が価値が高くなることも多いから、ハコスカを現在もずっと所有されている方が居れば鼻高々なのかもしれないね。 そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長している。まさに万人を魅了するスカイライン。誰もが一度は乗ってみたい車だよね。名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成したハコスカGTR



もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。やはり、中古車の中にはとんでもないものもあるよね。 今は規制がされて落ち着いているが、少し前のころは、交通事故などで破損した中古車を修理している業者の中に、事故者ということを隠して販売している業者がいて、事故が原因の気付かれにくい欠陥があるのにもかかわらず、乗り続けているうちに、欠陥部分が原因で事故が起こってしまうような危険性の高い中古車もあった。 また、ニコイチと言われる事故車2台を使って事故の影響を受けてない部分をつなぎ合わせて1台を仕上げるという粗悪品の中古車も存在するよね。ちなみに、2ドアのGTRもこのグリルをベースにしてデザインされた。GTR用のグリルは比較的手に入りやすいようだね。 当時はこの縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルを流用したりしてGTR仕様にするドレスアップが流行っていたね。もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。最高速度200km/h。ゼロヨンでは16秒という当時としては驚異的な性能を誇ったGTRが誕生した。 他のグレードのハコスカとの違いは、GTRは大きくなったタイヤサイズに対応するために、リヤのフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点。ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。



L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジンのLineの「L」を取ってるらしい。 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。



数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。 今では中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にある。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。ハコスカをはじめとする絶版車はオーナーが思い入れで乗るクルマだ。1台1台がそれぞれ個性を持っており、誰でも簡単に運転できるというようなものではない。乗り手がクルマと真剣に向かい合い、癖や機嫌を学んでいくことで、ようやく初めて乗りこなせるようになるんだよね。しかし、ハコスカとなると、そうまでしないと、もう手に入らないかもしれない。 私も、ハコスカの値段によってはニコイチでも大きな事故車でも買ってしまうかもしれないが…。現在、中古車市場でのハコスカの価格はとてつもないプレミアが付いていて、手に入れるのは年々難しくなってきたね。



ハコスカ バン、今後も注目だ。




ハコスカ バン関連の情報は、次のサイトにもあるよ。



ハコスカバン VPC10改公認車 | みんなの気になる国産旧車オークションBlog

on ハコスカ1800 8/19 こちらは売れてしま… on 日産・ローレル 部品取車付き ハードトップKPC30 8/19 出展者ではありませ… ... 日産 車種名:スカイライン ハコスカ グレード名:デラックス バン 年式:昭和47年 走行距離:27 115km 車検有効 ... ハコスカ GT-R 画像 ハコスカオヤジの奮闘記

sky.ap.teacup.com/deluxeline/272.html



絶版ルアルチョロQ 日産スカイラインSKYLINEハコスカVANバン仕様 - Yahoo!オークション

商品説明リアルギミックNo10サービスカー仕様日産スカイライン・ハコスカVANバン・新品未開封品ですので状態は画像をご覧頂きご判断下さい。 注意事項他にも絶版チョロQバラ多数出品致しますのでPushしてご覧下さい!ご質問御座いましたらお気軽に ... YouTube ハコスカ ハコスカ フルレストア

page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g76811093



Oh?ハコスカ”” - LifeTime Oh-DodgeVan ””ダッジバン ...

ビンテージオート等雑誌に掲載されているハコスカです、 ヤフオクでてます”” 欲しいな?? との物欲を満たすにはやっぱり軍資金です、 ... カスタムジャンキー、リスキー... - ステンレス、鉄、アルゴン溶接... - ’97ダッジラムバン維持って... - ビルダー栗原 ... 三木市 ハコスカ ハコスカ ラジコン

blogs.yahoo.co.jp/osafutx/23790196.html



ニッサン スカイライン バン (白) トミーテック トミカリミテッド ヴィンテージ ...

トミカリミテッド ヴィンテージ LV-50a「ニッサン スカイライン バン (白)」です 「ハコスカ」の愛称でお馴染みの3代目となる「スカイライン」、この「バン」タイプを再現 バンボディながら美しいデザインで、実用性も兼ね備えた車でした ハコスカ プラモ ハコスカ 中古

www.ms-plus.com/search.asp?id=24423



ハコスカ バンパ?レス? - ハコスカ&Z - Yahoo!ブログ

ハコスカ バンパ?レス? ... ダスキン新モップ 《LaLa》 www.duskin.jp ハウスダスト対策にもオススメ!フロアモップ無料お試し。 くまポンでディズニーにいこう 湾岸ミッドナイト3dx+ ハコスカ ハコスカ久保田

blogs.yahoo.co.jp/kazu_taroukun/27449734.html



湾岸ミッドナイト ハコスカと言えば


湾岸ミッドナイト ハコスカが最近話題になっているようだ。



発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのがとても期間が短い。最初にハコスカの1500ccのセダンで買った人は納得できたんだろうかね?日産に駆け込んだ人も多かったかもしれない。 そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccを追加! スカイラインはバリエーションがどんどん増えていきた。でも雑誌ではハコスカは何となく値段が高いからとりあえず値札は高くしておこうかな?という考えのようだ。 中古車扱ってるなら大事さもわかるはず!と思ったら人によっては全然そういう考えが無い人もいるんだね。 家族よりもハコスカ!と言って家を大改造してガレージを作ってしまう方もいれば、何このボロ車?とかいう人もいる。もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。 ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入された。エンジンはGT系統と同じでL20型だが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようだ。その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されているよね。あの頃の日産は1年ごとにマイナーチェンジをしていた。当時のスカイラインに対する意気込みを感じますね。 しかし、パーツが細かく分かれてしまい、生産年数も短いことからパーツはとても少なくて今では手に入らないものが多いというのが残念だ。それとライト枠や真ん中のグリルはレプリカがたくさん出ていて入手は比較的可能だね! フロントウィンカーの間の部分には細いメッキモールがあって、通称ヒゲと呼ばれているね。 このヒゲの部分は今となっては入手困難だ!しかし!これが有ると無いとでは、グリルの印象が全然違うんだよね。 形状が難しくてチューニングショップさんがレプリカを作ったとしてもコスト高になってしまいそう…。やはりスカイラインはハコスカのように勝利を飾り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思う!ハコスカのパーツをオリジナルで開発して販売するショップが増えてきているね。 オークションでも通販でも、売られている部品は純正よりもオリジナル開発したパーツや、他車パーツを加工して売っているのがほとんどだ。 これだけ希少価値の高いハコスカだと、その方が安くて便利だったりもする。



GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。



なかには1台レストアするのに2台?3台の部品取りを使っているかも知れない。 フレームがなければレストアしたくても元がないからあきらめざるを得ない。 そこで提案!もし部品取りとして3台以上持っている方がいたら・・・・・これも何かの縁だ!手放してみましょう!(笑) 若者に夢を託しましょう!ただの中古車としてガレージで眠っているハコスカを走らせてあげましょう!私は部品取りなんて所有していい人間ではないので、持っていないが・・・。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。少し前に発売されていた、あのトヨタの2000GTよりも10馬力も超えた160馬力をたたき出すS20型エンジンを搭載して4ドアでの誕生だった。 当時、トヨタの2000GTといえばヤマハとトヨタが共同開発した日本最初の高性能スポーツカーと言われており価格は238万円!今で言うと1500万から2000万にも相当する価格だ!その2000GTよりもさらにハコスカGTRはハイパワーだったのだ。さすがスカイライン! そして国内のカーレースで不動の地位を確立した50勝中の半分以上を稼いだのは、この4ドアのスカイラインGTRなのだった。それから、あの有名なホモロゲーションモデルのGT-AやGT-BからスカGという歴史がスタートしたのだね。 スカGと言えば、当時は少しヤンキー路線もあったね。スポーツカーにもヤン車にもなる、まさに万人の憧れだね!ハコスカ、ヨタハチ、エスロク、エスハチ、ベレG、パブリカ・・・。ハコスカは今や30年も前の車だから、やはり乗り始める前にはレストアが必要だよね。 ところで、レストアとは「回復する」という意味なのだが、こういったハコスカなどの車関係の場合は復活させるという意味になるそうだ。 普通の事故車や壊れた部分を直す修理とは別で、ハコスカなどのビンテージモデルや古くから保存している物の修復や復元といった意味合いで使われる言葉だ。だから、作業する場所、保管する場所は雨風をしのげる場所(ガレージなど)でないといけないし、整備書やら解体書やらも集めて、とにかくお金がかかります! お金持ちな大人の趣味とも言われるくらいからね。まさにお金もあって、時間もあるという裕福な人向けなのかもしれないね。 でも金払えばパーツが手に入るかというとそうではないから、どうしても時間をかけて仕上げるしかないんだよね。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。



湾岸ミッドナイト ハコスカに関しては、こんな話題も。



ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。だから少しハコスカの画像集めは辞めて、ゆっくり時間をかけて画像整理をすることにした! もちろん目が悪くならないようにテレビでも見るかのように壁紙を整理している。 ハコスカの壁紙を歴代の順番に並べてみたり、おなじ部類の壁紙をフォルダごとに分けたりエンジョイしている。 レースの壁紙からその当時の歴史を調べていくのがとても楽しいね。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。



レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくない。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。基本的にはハコスカをGTR仕様にするのが定番となってしまい、残念なことに、オリジナルの顔をしているハコスカは本当に少ないと言えますね。 しかしながら、面白いことに、ハコスカは同じグリルでも1台1台が微妙に違った表情をしているから面白いよね!古い車だからと言ってしまえばそれまでなんだが、大切に可愛がってもらっているハコスカと、荒っぽく扱われたハコスカでは表情が何か違うのだ。 具体的には、どういったところがというと、例えば、各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置など、と言ってもボディーそのものの狂いなどが原因ではあるけどね。



きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。エアロダイナルックは効いていたのだろうか?気になる。



湾岸ミッドナイト ハコスカ、今後も目が離せないよね。




湾岸ミッドナイト ハコスカ関連サイトはこちら。



湾岸ミッドナイト 3DX PLUS R35&ハコスカ - YouTube

『湾岸ミッドナイト 3DX PLUS R35&ハコスカ』です。 まさかR35にエアロパーツが付けられないなんて(涙) ショック(@_@) ハコスカ ブログ 音更ハコスカ

www.youtube.com/watch?v=g42ea4QQOFk



湾岸ミッドナイト3DX+ ハコスカvsFD - 動画検索サイト Woopie

湾岸ミッドナイト3DX+ ハコスカvsFDの動画を見るなら無料の動画検索サイトWoopie(ウーピー)!、Youtube、ニコニコ、世界中の動画サイトから湾岸ミッドナイト3DX+ ハコスカvsFDを検索、再生、ダウンロード、変換!(cd71d843c2a2f097) ... 再生中の動画が ... 湾岸ミッドナイト3dxプラス ハコスカ ハコスカ パワステ

www.woopie.jp/video/watch/cd71d843c2a2f097



湾岸ミッドナイト3DXプラスのバグについて質問です。 ハコスカの820psカード ...

ベストアンサー“要は「使用済みカードで作ったバグカードは一度排出されると二度と使えない」ってことです。 排出されたカードは「使用済」しか書いておらずプレイヤー名・ストーリー ...” ハコスカ 配線図 ハコスカgtr 中古

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/



湾岸ミッドナイト3DX+23目ハコスカ-【楽天オークション】

湾岸ミッドナイト3DX+23目ハコスカ-【楽天オークション】:NISSAN GT-Rスカイライン(ハコスカ)22話クリアの出品となりますm(__)mプレゼントカード→更新をしたのですが、湾岸をする暇が無くなってしまいましたので、格安でお譲り致しますm(ー.ー)mストーリー ... ハコスカ オーバーフェンダー ハコスカ GT-R 中古

auction.item.rakuten.co.jp/10828208/a/10000181



湾岸ミッドナイト3DXPLUS | レーシングゲーム

162 ハコスカ大好き [2011/06/11(土) 06:14:47] 今現在マイレージは、6万越えてますが、僕は対戦より、ストーリー、分身の順で遊ぶのが多い。 ... 湾岸ミッドナイト3DXPLUS - 最新50レスだけ見る。このスレッドの投稿を全表示 - ここの書き込みをぜんぶ一気 ... ハコスカ セミワークス ハコスカ マフラー

www.casphy.com/bbs/test/read.cgi/racegame/



ハコスカ 改造に関する情報


ハコスカ 改造について調べてみた。



きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。壁紙や画像はないが、実はスカイラインという車は初代モデルからレースには参戦していたのだ。 ハコスカがあまりにも華々しいため、てっきり3代目からのレース参戦と思っている方も少なくないと思う。と言っても本格的に参戦したのはS54型の頃からだそうだ。周りの人に話をしても一切買ってくれる人がいなかったのであればそれまでの車だということではないだろうか。 もしくは、友達が全然いないか…。 とにかく、中古車は、特にハコスカはやはり実際に見てから決めましょう。ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。この数は歴代の10代目までのスカイラインの中では10.4%にしかならない。 そして意外なのが、次の世代のケンメリの方が販売台数は670,562台でハコスカよりも2倍以上多いのだ。といってもGTRはケンメリは197台しか販売されてないんだが…。



社長さんのハコスカから実際にレースに参戦しているレースカーをされていたりと誰もが目を奪われる。 ハコスカ一筋だべてをハコスカに注いだラバーソウルさんならどんなハコスカでも作ってくれそうだね。ラバーソウルさんでは純正を極限まで再現したレプリカパーツを販売しており、純正部品が高すぎて買えないようなことがあれば何でもラバーソウルさんに電話して聞い方がいいね。でもハコスカのエンジンをRBにするレストアという発想は出てきなかった。 ハコスカのボディーにRBを搭載するなら相当の補強も必要だろうし、駆動系も足廻りも色々な改良をされたんだと思う。 口で言うのは簡単だけど、それを実行してしまうチューニングショップさんはホントに脱帽だ。



もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。一昔前のころは、中古車流通のしくみが整っていなかったので、ディーラーが自社で販売しきれない下取り車を、独立系の中古車販売業者に渡す形で流通していた。 それからオークション形式で、業者同士での取引が各地で行われたり、衛星を使ったネットオークションなどが行われるようになってからは、中古車買い取り専門店や特定の車種だけを取り扱う独立系販売業者なども登場した。 最近では、トヨタでも買い取り専門店をチェーン展開してT?UPを立ち上げるなどして、メーカーやディーラーでも中古車に力を注ぐようになったね。しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。恐ろしい。 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんだ。



。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。でも、日産ディーラーで純正の部品を見つけるのは難しいと思われる。ハコスカの部品を揃えるために必死に探し回る、というのも私も同じなので気持ちは分かります。しかし、そのためにはある程度のハコスカについての知識も必要となるのも事実だ。そして当時のハコスカGTRの価格は150万円。それが今となっても取引価格は下回ることのない最も人気の旧車である。1969年にハコスカGTRが誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。V35スカイラインが販売されてからはユーザーの年齢層も格段に上がっているのではないかと思う。私の中ではクラウンと同じ感覚になってしまうね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーが感じられないね。ハコスカって言えばスカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きだ。 ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからだ。 ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。ケンメリ誕生から、ハコスカGTRと見比べられてきていたが、ついに1973年1月に、ケンメリにもGTRが登場した。 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなった。 ハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載し、専用のラジエーターグリルにケンメリは前後ともオーバーフェンダー!そしてリアスポイラーを装備していて、しかも、先代のハコスカには標準にはなかったラジオが標準装備となっていた。



簡単にはくっついてくれないからね…。 レストアはどちらもかなりお金がかかります。それでも、つぎ込んでしまう人は多い。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。ハコスカをはじめとする絶版車はオーナーが思い入れで乗るクルマだ。1台1台がそれぞれ個性を持っており、誰でも簡単に運転できるというようなものではない。乗り手がクルマと真剣に向かい合い、癖や機嫌を学んでいくことで、ようやく初めて乗りこなせるようになるんだよね。



ハコスカ 改造と言えば、



本当にさまざまだ。 さっきの中古車屋さんの話だが、管理もずさんでボロボロなのに、私が譲ってくれ!というと到底見合わないような金額を提示してきます…。なんて世間知らずな!ハコスカがかわいそうだよね!!ハコスカは、車好きの人にとっては永遠の名車だよね! 今では残念ながら中古車でしか存在しない。



ハコスカ 改造、これからも目が離せない。




ハコスカ 改造に関しては、次も参考にしてね。



自動車修理改造工作

頑張らせて頂いております。 どうぞよろしくお願いいたします。 ハコスカのブレーキ改造 new new青洲の里↓ メール↓ ミニコンテッサ記・少しアップしました。 ミニコンテッサ・レストア記 ヤフオク出品中 ワイルドスピード ハコスカ ワイルドスピード mega MAX ハコスカ

www.geocities.jp/cosmos713jp/index.html



平凡パンチ当時物秋吉久美子ハコスカ改造模型飛行機映画ヒーロー - Yahoo!オークション

平凡パンチ当時物秋吉久美子ハコスカ改造模型飛行機映画ヒーローのページトップに戻る ハコスカ セミワークス ワイルドスピード ハコスカ

page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d90991616



後期型のハコスカ ですが よく改造で純正のタコメーターを外して オートメーター等 ...

ベストアンサー“私も、昔オートメータを付けていました。確かにタコメーターのサイズが気になりますよね!私は自分で取り付けてはいませんが! もし、近くにオートメータのカタログや ...” オートアート ハコスカ ハコスカ 画像

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/



内装編

[ ホーム] [ 上へ] [ 外装編] [ 内装編 ] [ エンジン編] [ 足回り編] [ 吸/排気編] [ 電装編] PGC10改造日記 内装編 内装も手を入れないといけません。 トレー取付け 何時ものようにヤフオクでハコスカ君の部品をチェックしていると面白い商品が出品されています。 ハコスカとは ハコスカ マフラー

www2.tranzas.ne.jp/~kazu1/pgc10_04-02.htm



詳細情報 | RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ...

*フルレストアのハコスカの約3分の1の価格で、誰でも 気軽に乗れるとしたら!? 約40年前のクルマが、新車当時の状態と変わらず 乗り続けることは・・・実は簡単なことなのです。 出来る限りノーマルの状態で乗り、無理な改造はし ハコスカ 改造 ハコスカ レストア

www.rockyauto.co.jp/stock/detail.php?id=10314



ハコスカ ブログに乗るなら


ハコスカ ブログに関心のある人も多いだろう。



GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。とってもお気に入りだね。 ほかにも日産のホームページににもあるね?。かなりのモノが! 至る所から集めまくっております!チューニングショップが自社で手掛けた車を壁紙として配布しているところも多いよね。ハコスカと違い、ケンメリスカイラインはいろいろな用途に使われていた。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルでは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのだ。現在ではケンメリのタクシーなんてお目にかかれることは出来ないのではないかと思うのだが、もし私が見かけたら特に乗る用事もないのに思わず止めてしまいそうだ。心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む人からは絶大な人気だった。 足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。よく「ツライチ」と言うよね。



ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていた。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていたね。今のレクサスみたいなものだろうか。



どうしてもないレストアパーツに関してはワンオフで現車に合わせて作るほかにはないが、それにしてもなんでも揃えてしまうのはまさに専門店のお店のネットワークなのだろうね。 現在でもエンジンのパーツに関してはチューニングメーカーさんでも開発しているようで、パワーアップに関しての部品はとてもたくさんある。チューニングパーツだけでエンジンが1基出来上がってしまうんではないだろうか。どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルだが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことかと思われる人も多いかもしれないね。 といってもかなり昔のアルバムだから知っている人は年配の人になると思うのだが・・・。 旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの人からすれば聖域みたいなところだと言えます。でも、やっぱりあのハコスカのエンジン音は忘れることはできないよね。1972年9月にC110型にモデルチェンジとなり、ハコスカの次の世代として誕生したケンメリスカイライン。 ケンとメリーのスカイラインのキャッチコピーから、通称ケンメリと呼ばれていた。壁紙や画像はないが、実はスカイラインという車は初代モデルからレースには参戦していたのだ。 ハコスカがあまりにも華々しいため、てっきり3代目からのレース参戦と思っている方も少なくないと思う。と言っても本格的に参戦したのはS54型の頃からだそうだ。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。ハコスカのほかにもS30ZなどにもRBエンジンを載せるレストアも存在するようでこれからは新しいチューニングの世界が広がりそうだ。今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法だが、そのレストア法を専門としているお店もあるようだ。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備してのコンプリートカーなんだ! やはりこだわっている人からすれば希少価値の高いビンテージカーなのでオリジナリティーを損なうエンジン載せ替えなどは一般的ではないのだが、一方では、「憧れの旧車のハコスカをメンテナンスフリーで乗り回せたら」という意見も存在するのだ。



ハコスカ ブログに関する情報は、こんなのも。



ほんとに万人に愛されているハコスカだが、はたして、子供の世代がオジサンになる頃にハコスカは中古車市場に存在しているかが心配だね。 パーツは中古車屋さんが自社開発して販売してるいということもあり、かなり潤ってきているが、車体だけはどうにもならないからね。 レストアしたハコスカだって、切った貼ったの繰り返しで復活するわけだから確実に減りつつある現状だ。



日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。現在ではすっかり浸透している丸型4灯のテールライトは、車のことを覚え始めの人が一番に覚える特徴であると思っている。 V35スカイラインになり、伝統とも言える丸型4灯が無くなってしまったときは、私も少し落ち込んでしまいたね。と言っても、光れば丸型なんだが、FUGAも同じような丸型になってしまっているので、スカイラインだけじゃなくなってしまったというのは何かさびしいものがあるね。



なんてこともあるかもしれない。 そして、これから中古車屋さんでハコスカを買う方も、将来的にいつかはハコスカ!と思っている方も、まずハコスカを見てもさっぱりわからないんじゃ話になりないよね。 自分の目で良い車、悪い車を見抜けないといけないからね。ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。 最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。会社の上層部では日産とプリンスの合併の話が進んでいる頃だね。そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。 箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスが合併した41年頃にはすでに作られていたそうだ。そして周りの人からは買ってくれる話が誰からもなかった。だからオークションに出す。という流れだと思う。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁で警らパトロールカーとして導入された。エンジンはGT系統と同じでL20型だが、装備の質はかなり落とされていて、パトロールカー専用としての設定だったようだ。その後もパトカー仕様のスカイラインは現在も続いていて、高速道路の機動部隊としてR34GTRが採用されているよね。最高速度200km/h。ゼロヨンでは16秒という当時としては驚異的な性能を誇ったGTRが誕生した。 他のグレードのハコスカとの違いは、GTRは大きくなったタイヤサイズに対応するために、リヤのフェンダーのサーフィンラインがカットされているという点。



ハコスカ ブログ、今後も注目だ。




ハコスカ ブログ情報は、以下のサイトも参考に。



【みんカラ】 京都でハコとFXのってます 宜しくです!|ブログ|kazu3000 - 車 ...

「京都でハコとFXのってます 宜しくです!」 - kazu3000 のブログです。 ... 高雄旧車ミーティング2011 と き:2011年10月30日(日)AM9:00?PM3:00 雨天決行 ... Posted at 2011/08/09 18:35:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハコスカ 旧車 イベント ハコスカ フルレストア ハコスカ親父

minkara.carview.co.jp/userid/262831/blog



ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。 ... こんにちは、ゲストさん - ランダムブログ - Yahoo! JAPAN - ログイン - ヘルプ ハコスカ GT-R 中古 ハコスカ 愛媛県

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649



Amazon.co.jp: ハコスカ ブログ

"ハコスカ ブログ" の検索に一致する商品はありませんでした。 ... I ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 単行本 ¥ 1 995 スティーブ・ジョブズ II ウォルター・アイザックソン 井口 耕二 ハコスカ プロペラシャフト ハコスカとは

www.amazon.co.jp/ハコスカ-ブログ/s?ie=UTF8...



【みんカラ】 ハコスカ ライフ|ブログ|ハコスカ君 - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ ...

「ハコスカ ライフ」 - ハコスカ君 のブログです。Powered by みんカラ ... 今朝、車に乗ろうとしたらガラスを割られていました! 石を投げられては割られたのではなく、ガス銃的な物? ハコスカエンジンラジコンの動画 湾岸ミッドナイト ハコスカ

minkara.carview.co.jp/userid/261315/blog



ハコスカ左ハンドル  - ハコスカ MEETING - 楽天ブログ(Blog)

... ハコスカ左ハンドル (車・バイク)楽天ブログ 【ケータイで見る】 【ログイン】 ... ハコスカ左ハンドル ハコスカ左ハンドル 5年前オールドタイマーに自分の記事が載った時連絡先を書いておいたら次のような電話がありました。 湾岸ミッドナイト3dxプラス ハコスカ 旧車 ハコスカ

plaza.rakuten.co.jp/hakosukahiroba/025000



ハコスカ RBを探すなら


ハコスカ RBについて、最近よく耳にする。



もし、オーナークラブにツテがないから…というのであれば、いろいろな掲示板を見たり、全国各地にもたくさんのハコスカマニアも存在する。あとはハコスカなどの旧車に強い雑誌も結構参考になると思うよ。ハコスカ壁紙の収集をひとまず休止することにした。



もしレストアを今からするというベース車両が運良くお店に販売してあれば自分の好みにお願いすることもできますね! もし、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアをお願いするよりも安く仕上がるかもしれない!そのためにはこれからは、いろんなショップのハコスカをこまめにチェックしないといけないね!現在販売されているスカイラインはハコスカのようなスポーツカーのイメージはなく、高級セダンとなってきているね。 新型の12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっている。 この12代目のスカイラインもハコスカエンジンからの伝統の6気筒から変わり、エンジンはVQ型が搭載されて販売されたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、内部機関の80%もの変更がされている。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更された。 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとした。今の時代もそうだが、下のグレードの方がカッコイイ名前を付けられるよね!これも販売促進のセオリーというやつだろうかね…。そこで、たくさんあるグリルの中から、2ドアモデルが発売されたと同時に変更になった46グリルに関して、通称46(ヨンロク)と呼ばれたこのグリルだが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入っていたが、4ドアは黒一色だった。 数あるグリルの中でも渋めのスタイルから2番人気とも言われていた。 このタイプのグリルは、GT用が入手困難のレアものになっていて、現在では手に入れることは大変難しい。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになった。 そして同年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加した。 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させた。きっとこの頃の時代の名車のような車を今の車業界では生み出すことが難しいだろう。 パワーやハイテクよりもハコスカのようにローテクで愛着の湧く車の方が絶対楽しいよね! 中古車で買ってきたのをレストアして、エンジンルームをピカピカにしたり、エンジンのパーツをメッキに仕上げてみたり、あのハコスカのL型エンジンがピカピカしていると、かなりカッコイイんだよね?。 車のいたるところを自分の好みに仕上げる!これが一番楽しくてずっと乗り続けていきたいと思える車だ。私は、日産の車しか乗ったこと無いので、評論家のような比べ方やレーシングドライバーのような評価などはできないがハコスカには自信がある。GTRも少しだけ自身がある!(笑) もう何でも聞いてくれ!というくらいに自信がある!といっても、すべて壁紙に関してのことなんだけどね!! この壁紙集めはホントにハマってしまいまして!ごはんも食べずに夢中になることもしばしばだ。 今探しているのは海外で撮られたハコスカの壁紙だ。



スカイラインの歴史はとても古いから、壁紙を集めているだけでもかなり詳しくなってきます。 GTRに関してはかなり見てきたので、この画像はあのサイトにあるな?というように画像がある場所までもわかってしまっている状態だ。かなりのハコスカ好きとしかいいようがない。やはり人々を魅了したスカイラインが3代目だよね。あの角ばったスタイルやガンメタの塗装がたまらなく渋い!ハコスカの総販売台数は310,447台。そのうちGTRはたったの1,945台しかない。GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。 この頃、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車だ。



周りの人に話をしても一切買ってくれる人がいなかったのであればそれまでの車だということではないだろうか。 もしくは、友達が全然いないか…。 とにかく、中古車は、特にハコスカはやはり実際に見てから決めましょう。量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われている。 1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定だった。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したね。



はたして新型エンジンは?ターボは?丸型4灯のテールランプは??壁紙は?!と、とても気になるところだ。 最近では雑誌にもよく登場するようになってきたので姿形はもうたくさんの人がご覧になったことはあるかと思う。 色んな評論家の方が発言されて憶測が飛び交っているが、新型GTRはモンスターマシンであることは確かなようだね。) ●ハコスカ・ケンメリGT-R用の「チタン タコ足・マフラー」●「キャンバー ゼロ」●ハコスカGT-R ハードトップ用の「ウェザーストリップ」 私も「ハコスカ」の一ファンとしてファインパーツを応援している!車が好きで始めた壁紙収集はつきることがないね。 いままでにハコスカやGTRの壁紙を何千枚、何万枚と集めてきただろうか。 そのたくさんの壁紙で多いのは、やはりハコスカ!そしてGTRシリーズだね。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。ハコスカなどの旧車は、作る側にも買う側にもかなりの強い思い入れがあり、作り手は良いクルマを作ろうという気持ちなどからコストの高いメッキなども使用して、しっかりとしたクルマを作っていた。買い手にも、例えばレースを通じて日本の技術の発展を見せてくれたスカイライン(ハコスカ)への憧れなどそれぞれの思いがあるのだ。時代を経ても、決して色あせることがない作り手と買い手の思い…それが、ハコスカなどの絶版車の人気を作っているのだと思う。



ハコスカ RBで思い出したけど、



ハコスカ専門店の中古車やさんがネットワークを結んで提携してくれればいいのに!と常々思っております。ハコスカ乗りの一番の悩みは、補修用の部品が手に入りにくいということではないだろうか?古いハコスカだと、日産ディーラーの部品販売ではほとんどのパーツが廃盤になっていて、純正の部品は手に入りにくくなってきているのが現状だ。  こういう状況だから、ハコスカを愛する人達はやむを得ずオークションやら個人売買の掲示板などでプレミア価格の部品を買ったりして、どうにか車を維持しているのだ。。。私も旧車、とくにハコスカに魅せられた中の一人だ。まるでオーダーメイドな車だが、価格は600万円?という金額になってしまう。 マイホームの次に高い買い物がハコスカになってしまいそうだね。 でも今のガソリンの高騰の時代を考えれば、もしかすると理想的な選択なのかもしれない。50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。ハコスカGTRと聞いてピンとくる人は30代以上の方だろうか?もう、その中でもGTRの呼び名は絶大だよね。 言わずと知れた、ニッサンの箱型スカイライン2000GT・2000GTR。これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっているね。 あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証だった。ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんだ。そのほかにも、特徴としては、2ドアのハードトップは太いCピラーを特徴がとても印象的だった。 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげた形が印象的だった。 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、おなじみのL20型の3機種だった。ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。エアロダイナルックは効いていたのだろうか?気になる。



ハコスカ RB、今後も注目だ。




ハコスカ RBに関する情報は、以下のサイトも参考になるよ。



Pit House[ピットハウス] : 旧車・ハコスカ・ケンメリ・ノスタルジックカーメインの ...

Pit House では、L型、RB系、B16、B18、etc・・・OHセッティング調整から、レストア、公認、ワンオフ、各パーツ?車検まで受け付けています。 ... これは「ハコスカGT-R」に搭載され日本のサーキットを席巻したS20型DOHC24バルブエンジンを移植した ... 石坂自動車 ハコスカ ハコスカ セミワークス

www.pit-house.com



RockyAuto - 旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキー ...

旧車・名車(ハコスカ・ケンメリ・フェアレディーZ・GT-R)の専門店 ロッキーオート ... オートレジェンド 2011年旧車&スーパーカーショーが先日25日に 天気にも恵まれ大盛況にて開催させて頂きました。 ハコスカ 中古 ハコスカ クーラー

www.rockyauto.co.jp



ハコスカRB

オートデザイン(趣味の和製スーバーカー製作所) いきなり「ドンガラのハコスカにRBエンジン位置決めの」写真ですが、この車、オーナー自らレストア 作業を行っている最中のものなのですが、RBエンジンを載せたいという希望で、急遽スワップ作業にな ハコスカfc2 ハコスカ プラモデル

homepage2.nifty.com/auto-design/



ハコスカ・ケンメリにRBエンジン搭載のモンスターマシン |最新クルマ業界ニュース

「 ハコスカ・ケンメリにRBエンジン搭載のモンスターマシン」の記事です。最新クルマ業界ニュースでは、気になる新車の情報や中古車の選び方、中古車業界やクルマ業界の最新ニュースなどクルマ好きの為の ... ワイルドスピード mega MAX ハコスカ ハコスカ久保田

cgn.blog10.fc2.com/blog-entry-55.html



レストア後のハコスカは高級車!:50代夫婦のセカンドライフの楽しみ方

今後、メジャーになりそうなハコスカにRBエンジンを搭載するレストア方法ですが、そのレストア法を専門としているお店もあるようです。 ベース車両をフルレストアと補強を施した上で、RBエンジンを搭載させ、しかもクーラーなどの快適装備をフル装備しての ... ハコスカ レース ハコスカ久保田

blog.livedoor.jp/yuyu09ywys/archives/51328750.html



ハコスカこれもいいに関して


ハコスカこれもいいに関心のある人も多いだろう。



もう最初に買った人の心境は想像もできないね。 でも、今の時代となれば、初期型の方が価値が高くなることも多いから、ハコスカを現在もずっと所有されている方が居れば鼻高々なのかもしれないね。 そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長している。



ハコスカこれもいいと言えば、



ハコスカの部品を調達する方法としては、・日産ディーラーで直接購入する・オーナー同士のクラブなどを作ってハコスカ部品の情報を交換しあったり、社外の部品工場にまとまった数を製作してもらう・各地で開催されるハコスカ好きの集まりなどのイベントで購入する(イベントではフリーマーケットが併設されるため探しやすい)・ヤフーオークションなどのオークションやハコスカをこよなく愛する人達の集まり・掲示板などで購入するなどがあるね。私個人の感想としては、ディーラーやオークションで購入するとやっぱり高いと思う…一番いいのはオーナー同士のクラブ単位で部品工場に注文する方法が一番安くつくのではないだろうか。(※ワンオフで注文するととんでもなく高い金額になるので注意して)これ以外の方法では、地方の解体屋さんを探し回って運よく同じ車を見つけたら、部品取り用としてハコスカの車体を丸ごと購入するっていう手もあるが、それはやっぱり大変だね。どちらが良いのか?というのは賛否両論だが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかりますね。 純正部品ではフロントフェンダーの1枚だけで8万円もする!1枚だよ!左右で16万円!!かなり高い!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品にすらプレミア価格になってしまっているから今からレストアパーツを揃えるのは本当に大変だ。 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いが、工賃が高くなってしまう。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって作り込みは相当なものだね。レースでは負けなしと言われてるほどだ。 しかもハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらい! 大阪で開催されたノスタルジックカーショウでもひときわ目立っているのがラバーソウルさんだった。GTRの画像が一番多いと思うのだが、GTRは国内販売専用車なのでそのほとんどが国内の風景が映った壁紙なのだよね。 国内最強最速の称号を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも多大な影響を与えていた。 かのトヨタでは、一般販売車両にあれほど技術をつぎ込んでいいのか?とも言わせたほどだ。そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。 ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。 この特徴こそが、きっと当時のチューンアップを好む人のハートを鷲掴みにしたんだね。きっとなんでも答えてくれるよ!ハコスカのチューニングと言えばラバーソウル! 決してロックとかではないよ!! ハコスカのことならなんでもござれ!のラバーソウルさんだが、最近ではオークションでもいろいろなパーツを見かけますね!大きいパーツというよりも内装などの小物が多いが、ハコスカくらいの車だと、内装がボロボロなことも多いから、細かい部品をきれいにすればかなり見違えますからね! ハコスカは内装に木目のような茶色をアクセントとしたカラーだから、そのまわりの黒いパーツが変色したりして色が薄かったりすると、かなりボロく見えてしまうからね?。 そこをシャキッとした黒でキメれば、高級感すら感じるほどに違う!シフトノブなどもやはり純正にこだわりたいところだが、状態のいい純正パーツを探すなんで途方もないことだからね。 ラバーソウルさんではレプリカ品として純正に近い部品を開発して販売しているという事だから、お客さんの欲しい物がわかるラバーソウルさんはまさにハコスカ大好きな人のハートをガッチリつかんでいるチューニングショップなんだと思う。少し前に発売されていた、あのトヨタの2000GTよりも10馬力も超えた160馬力をたたき出すS20型エンジンを搭載して4ドアでの誕生だった。 当時、トヨタの2000GTといえばヤマハとトヨタが共同開発した日本最初の高性能スポーツカーと言われており価格は238万円!今で言うと1500万から2000万にも相当する価格だ!その2000GTよりもさらにハコスカGTRはハイパワーだったのだ。さすがスカイライン! そして国内のカーレースで不動の地位を確立した50勝中の半分以上を稼いだのは、この4ドアのスカイラインGTRなのだった。



スカイラインはそんな硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。 ハコスカだけのお話だが、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんだ。 3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。ファインパーツは小売はしていないが、ラバーソウルなど全国で代理店契約をしているハコスカなど旧車専門ショップなどに卸しているので手に入れる事が可能だ。もちろん消耗の激しい部品もたくさん復元販売してますので、ハコスカを愛する人達もこれで安心だね!中古車をこれから選ぶ時、特にハコスカであれば、資金に余裕がなければ難しいだろう。 気に入った車が見つかってもお金の工面をしているうちに、他のお客さんに取られてしまう…。ハコスカ以外の車でバンパーレスなんてしたらかなりカッコ悪いのだが、なぜかハコスカは決まってしまう。不思議な車だ。 ハコスカといえばGTRだが、そのGTRが最近また噂されてきたね!そうだ!新型のGTRが誕生するとかしないとか!ハコスカから始まったGTRシリーズも、10代目を最後に直列6気筒のRBエンジンが終わってしまったのでもうGTRは登場しないんだろうな?…なんて思っていた。そのせいもあって、意外と見つかることがあるのだと思う。 中には、ピカピカのセンターグリルの鼻の穴だけを外すというスタイルもあったね。 もしかしたら一番残ってるのは鼻の穴のグリル部分だけなのかもしれないね! バンパーに関にしては特に変更はなかった。だから、作業する場所、保管する場所は雨風をしのげる場所(ガレージなど)でないといけないし、整備書やら解体書やらも集めて、とにかくお金がかかります! お金持ちな大人の趣味とも言われるくらいからね。まさにお金もあって、時間もあるという裕福な人向けなのかもしれないね。 でも金払えばパーツが手に入るかというとそうではないから、どうしても時間をかけて仕上げるしかないんだよね。日産の代表とも言えるスカイラインという車が完全に方向転換してしまったのだからしかたないよね。 それからはでかいボディに丸い形になりテールランプまで…。でもそんな状況から心機一転!まったく形は違うという事だがGTRがまた登場するというビックニュース!しかもパワーは最初から400馬力以上も出せる状態で販売されるとかされないとか!さすがGTR! これはかなり期待が膨らむよね?!しかも、いままでのGTRは国内販売専用車だったのが、今回からは海外にも販売されるというようなことも噂されている! GTRといえば、ハコスカの頃から、常に最新技術と投入して発売される車だから値段もいくらになるのか想像もつかないね!もしかすると、1000万以上もするような高級車の仲間入りをしてしまうのだろうか? そうなってしまうと、今までのGTRというイメージが変わってしまうね。ハコスカは、歴代のシリーズの中で1968年から?1972年まで販売されてたC10型のスカイラインだ。 そして、その内で1969年2月に4ドアと2ドアの最上位グレードに設定され、そのスペックは直列6気筒4バルブDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)2000ccのエンジンを搭載。最高出力160馬力。



毎年と言うほどマイナーチェンジをしていた日産だが、年々コスト削減の傾向がチラチラと見えてしまうのが何とも切実なところだ。GTRがまた復活する!! ハコスカから始まったGTRシリーズが、10代目で終了してしまい、後代のスカイラインからは、エンジンも直列6気筒の伝統のRBエンジンでなくなってしまって、ハコスカ時代からの日産ファンが肩を落とされたかと思う。 私もその一人だった。かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りだね!ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。 そこで、たくさんあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな?なんて思っていたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できた!! 現在はレプリカが出ているのだが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという人もいるね。 でもそれだと、真中にあるNマークが違うんだよね! しかし、最近はそこにこだわりを持つ人のために、真中のNマークのみレプリカが発売された! あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんだろうか! バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になった。そして海外輸出用にL26型が登場し、そして1975年に最大排気量を誇るL28が誕生した。この大排気量エンジンをさらにボアアップして3.1リッターへと改造する人も少なくない。 さらに今ではハコスカGTRへ、現在よく知られているRB26エンジンを搭載してチューニングする人も多い。どれもマニアがこよなく愛する旧車たちだね。高度経済成長期に次々と登場した大衆車や、その走りに無限の可能性を感じさせてくれたレーシングカー。絶版となった現在でも世代を魅了してやまない旧車たち。



レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。 やはりハコスカを今から古レストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ここなら安心してお願いできるね。 愛車のハコスカをお願いするなら誰しも願う事が、自分のハコスカが一番かっこいいこと、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。壁紙さがしに夢中だ。ハコスカ壁紙が一番カッコイイのだが、ほかの歴代スカイラインもやっぱり好きだ。 ハコスカはやっぱりワークスフェンダーにバンパーレスのレース仕様のフェイスが最高だね。いくら高速でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまう。その前に逃げる気ゼロになっちゃいるね。警察の人もうまく考えたものだ。



ハコスカ同じGTRの称号を持っているにも関わらず活躍できなかったのは惜しい!量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されてから始まったとも言われている。 長く語り継がれていくスカイラインの一番の華々しさを持つハコスカは生産されての総販売台数が310,447台だ。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数だ。だとしても日頃からのメンテナンスのマメさの違いで旧車はすぐに違いが出てしまうから気をつけなければいけないね。 熟練した板金の職人さんとかになると、顔を見ただけで、いい顔してるな!とかなんか悪いことしてないか?といった感じでズバリ言い当ててしまう! 本当に驚きだよね!私もいずれはそこまでわかるようになったいね。ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしているよね! 人それぞれで好みもハコスカのこだわりも違い、グリルの趣味もさまざまだ。



ハコスカこれもいい、今後も注目だ。




ハコスカこれもいい関連情報。



これもいい - 色情?? 成人?? 成人

成人免???:これもいい ... おめでとうございます。 ワイルドゴリラさんに比べれば、まだまだです。 ... あけおめぇ?!ハコスカさんはムービーチョイスのセンスが素晴らしいですね、私もちょくちょくお世話になってコキコキしています、本年もヨロシクです。 ハコスカ キャッツアイ ハコスカ キャッツアイ

chenghuavideo.be/cn/a/content/20100101aaZv5xnw



やることいっぱいのハコスカ作業

ガラスガイドも入れ替えます。相当くたびれています。溝は広く広がっており遊びが大きいようです。ガイドも所々雨水が回ったみたいで、錆が発生しています。分解したので、奇麗にします。勿論、ガイドのパッキンも新品に交換します。 ラバーソール ハコスカ ハコスカgtr 中古

www4.kcn.ne.jp/~hakosuka/page147.html



ハコスカ

これで世界で唯一の物になるようで嬉しい。 クリアで、「てっかてか」のツヤをつけてやる ホコリがつくので難しい。 ... いい感じになってきた。 バンパーをつける。メッキパーツかっこいー!ツヤもいい感じ ハコスカといえばオバフェン! オートアート ハコスカ ハコスカ ミニカー

www.geocities.jp/kokuko500000/car/HAKOSUKA/



またまたハコスカのレアパーツ - ハコスカは楽しいよ - Yahoo!ブログ

ハコスカというとGT-Rとうのが一般的ですが、ハコスカはいっぱい種類があるんです。4ドア、2ドア、バン。エンジンもS20、L型、G型。ハコスカはどれも味があってカッコいい。 ... 今回ご紹介するのはハコスカのバイザーです。 これってイマイチ何のためにあるか ... プロテック ハコスカ ハコスカ 配線図

blogs.yahoo.co.jp/kaichi4649/57318764.html



ハコスカ写真館:ハコスカ写真

ハコスカが来ない。まぁこー暑くちゃさすがに昼間は乗り出せないか・・・ それに大気の状態が不安定ってことで、いつ時雨が来るかわからないしね。雨ならまだいいけど、ヒョウなんかが降られたらと思うとゾッとする。 ... これも原発の影響なんだろうか? この先 ... ハコスカ rb26 ハコスカちょい

kgc10kai.exblog.jp/i23


ツヴァイのサービス内容